« MacBook AirのUSBスティックからの随想 | トップページ | Orishikiという独創バッグ »

2010年10月26日 (火)

そばおでんか、うどんおでんか、それが問題だ。

今日は冷雨も降って寒くなった。雨降りの夕方、自転車移動もしたのでベラボーに寒かった。仕事場にもどってFacebookをチェックしたら、温かくなりそな話が。

駅そばって、おでん売っているところが甲府にあるんです。そこで蕎麦にトッピングで頼めます、今回はオリジナルで作りました(セブンイレブン蕎麦&おでん)めちゃ美味いです。最後のたまごをかじりとスープを飲むのが最高 引用元 Facebook

書き込み者の小澤さん曰く「おでん」+「そば」=「そばでん」うふふ。何しろ出汁もツユも似てるから、なぜこれまでご一緒でなかったか不思議なくらいだ。いいねもコメントもたくさん。わかるなあ。

【おでん+そば事例】
と思って探すとあったあった。4年ほど前の古い記事だが、中央線立川駅の奥多摩そばには『おでんそば』がある。「おでんそば!」と頼むとこれだそうだ。



大根・タマゴ・さつまあげの全部入れは560円。結構なボリュームw。次なるは大阪は堺市の美佐ちゃんのおでんそば。地元では「つけめん」と呼ぶそうだ。



湯がいた麺におでんのツユを入れ、お好みおでんをトッピング(@70円)。やっぱり関西風のツユに見えますね。

【おでん+うどん事例】
これも4年ほど前の記事ですが、備後落合駅(広島県)名物のおでんうどん



厚揚げ、鶏肉、つみれかな。すっきりと旨そう。やっぱりツユは透き通り系。さらに、うどんの本場、香川県では“おでんは付き物”らしい。

香川の名物といえば、讃岐うどん。100メートルに1軒はうどん屋があるという、“うどん天国”だ。その9割近くがおでんを置いているとなると、これは相当の数である。引用元

さらに流行に敏感なコンビニはおでん種にうどんセットまで販売する。ファミリーマートの新商品はずばり“おでんうどん”

”うどん”をゆであげ直後に急速冷凍した、しなやかでコシとつるみのある麺をおでんのつゆと食べる新しいおでんメニューです。レジでお申し付けいただければ、約1分お待ちいただくだけで、うどんができあがります!引用元

【そばでん・うどでんの新市場】
そばにせようどんにせよ、おでんと相性がいいという“なるほど!”という発見でした。市場創造面の解説を加えてみよう。

・そば・うどんへの新たなトッピングブームとなる予感がする。
・おでんに麺を入れることで、おでんが堂々と“主食になる道”を切り拓いた。
・酒場ではおでんで一杯やりながら、同時に麺で締めくくる合理性もたらした。

もちろん自宅でも、余ったおでん種にうどんをトッピングして楽しむこともできる(逆か?)。さあやってみよう!温まろう!

|

« MacBook AirのUSBスティックからの随想 | トップページ | Orishikiという独創バッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/37404066

この記事へのトラックバック一覧です: そばおでんか、うどんおでんか、それが問題だ。:

« MacBook AirのUSBスティックからの随想 | トップページ | Orishikiという独創バッグ »