« がんばれ!スギハラエンジニアリング | トップページ | 車中泊の自動車旅の魅力 »

2010年10月 3日 (日)

Been There Done That〜旅は記録しよう!

韓国に旅行したcherryさんに教えてあげればよかった。

「BTDT」は、「Been There Done That(そこ、行ったことある!それ、やったことある!)」の頭文字をとった名前だ。旅での発見やリストを記し、訪れた場所を地図に記す。引用元

旅の記録と将来計画を記録できる手帖。何しろネーミングがgood。イントネーションを上げれば「行った!やったよ!」だけど、下げれば「行ったよ、やったけどさ(それが何か?)」というニュアンスになる。

世界遺産をチェックしてもいいし、思い出の地を再訪してもいい。自分だけのトラベルダイアリー/ヒストリーを綴れる。チェックリストには「wish/been/done/again”(行ってみたい、行ったことがある、やったことがある、また行きたい)」がある。未だ見ぬ土地を空想で結んで、チェックするのも楽しい。サイズは110x 160mmとシステム手帖サイズ。現在『BTDT1 グローバル 英語版 2011』『BTDT2 グローバル 日本版 2011』が3,990円で発売中。近々「日本の日本語版」も発売される

なんと、この手帖にぴったりの旅を続けている家族がいる。

【Spark Your Dream】

1928年製のおんぼろクラシックカーで世界中を旅している南米アルゼンチンのエルマン・サップさん(42)一家6人がこのほど来日、九州から各地を巡って東京に到着した。10月中旬にフィリピンに渡って東南アジア、中国などを旅行する予定で、一家の夢は広がるばかりだ。引用元



2001年にブエノスアイレスをクラシックカー『928 Graham Paige Model 610』で出発。途中で出逢った人がこう書いている。“In 2003, they finished a 43,717-mile drive from Buenos Aires to Prudhoe Bay, Alaska, in two years, eight months and 17 days. 2003年彼らはブエノスアイレスからアラスカのプルドホ湾まで2年と8ヶ月と17日かけてドライブした)” 引用元



その旅の記録が『Spark Your Dream』。その販売収入で2007年からふたたび旅を続けている。この本は買いだ。書評もいいし彼らの旅の糧になる(英語オンリー)。彼らはオーストラリア、ニュージーランド、そして韓国に渡った。

“People postpone their dreams because of the fear of going into the unknown or because they’re scared to leave their job, but if not now, then when?” said Herman. 引用元 みんな夢を先延ばしにするよね。知らない土地への恐れとか仕事があるからとか言って。でも今やらなくていつやるの?)引用元



コリアヘラルドの記事から。彼らは街で『Spark Your Dream』の本を売り、車や家族に興味を抱く家庭に泊まり、船会社にも無料で車を運搬してもらい旅を続ける。ああ、なんて素晴しいのか!

「たいていの子どもは本でカンガルーを知る。でも僕らは生で見たよ」とHerman Zappさん。旅をしない人はただ想像するしかない。だが旅した人には体験がある。感動がある。夢が広がる。だから旅のヒストリーは人を感動させる。旅は記録しよう!

■■外部媒体執筆実績■■■■■■■■■■■■■■■■■

ビジネスメディア誠 執筆実績
プリバリイン 執筆実績

■■やさしいコンサルティング■■■■■■■■■■■■■■■
貴社の経営をのばす事業創造を提案します。
あなたの話を聴くコンサルタント
“響く”物語制作コンサルタント
日本の美を活かすコンサルタント

■■iPadで商売をつくるコンサルタント■■■■■■■■■■■
講演『iPadマーケティングを考える
〜iPad後のビジネスをどう創りなおしますか?』
講演資料 同英文版
※iPadでビジネスモデルを変えるお手伝い・講演・提案をしております。
ランチコンサルティング
iPadビジネス変革研修
iPad の最新ニュースをストック&シェア
iPadに関するcotobaのブログ一覧ページ

|

« がんばれ!スギハラエンジニアリング | トップページ | 車中泊の自動車旅の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Been There Done That〜旅は記録しよう!:

« がんばれ!スギハラエンジニアリング | トップページ | 車中泊の自動車旅の魅力 »