« 敬礼という自衛隊の本質 | トップページ | Googleという情報民主主義 »

2010年12月16日 (木)

希望と欲望のトリガーを書くーそれがぼくのマーケティング

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのさわりと、“ことばの態度”について。

郷好文の“うふふ”マーケティング:未来の姿を描くことで、ギフト市場を活性化させよう
17兆円とも言われるギフト市場。かつての儀礼的な贈り物は減り、パーソナルギフトが増えている。人はなぜ贈り物を買うのか。筆者は「未来シーンを描くこと」で消費者の購買意欲を喚起してはどうだろうかと説く。続きはこちら。

【2つのスジの通ったプレゼント】
今日感銘した“プレゼント”を2つ挙げよう。

米映画監督のマイケル・ムーア氏は14日までに、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ容疑者(39)の保釈金として2万ドルの提供を表明。引用元

マイケル・ムーアさんはアポ無し取材で有名なドキュメンタリー映画監督。一貫して反本流、正義を求める社会派である。だからこその支援。きっぱりな態度。感銘した。「ウィキリークスを存続、発展させるため私のウェブサイト、サーバー、ドメイン名のほか何でも提供する」という態度が凄い。

実はぼくは、最初アサンジ氏のやっていることが本当にジャーナリズムなのか?疑っていた。だがウィキリークスは暴露サイトではなく“正義サイト”だ と思いあたった。ちゃんと調べて公開している。活動にスジが通っている。それをポンと保釈金で支援することはスジが通っている。

もうひとつは『財政逼迫の美術館に年の瀬な“贈り物”「お役立て下さい」と5,000万円』のニュース。熊本県芦北町の2つの美術館に、無記名の現金入り封筒が贈られた。


四肢が不自由な画家で、詩人の星野富弘さんの作品への感謝のようだ。金額もやり方もスジが通っている。アートは少数の理解者で成立している市場である。特に日本はそうだ。日本人は作品を買わず(理解せず)、作者(の話を読んで)を買う。スジが通っていない。それを矯正するのがぼくのミッションでもある。

【なっていないよ自分】
この2つの話を読み、最近の自分の文を思い、ぼくは今、激しく反省している。自分のヤワな態度や文章に反省している。

ぜんぜん「ことばの態度」がなっていない。自分は作文技術はある。それは伝える上で必要なこと。でも、もっと必要なことはナマなこと、自分のこと、スジが通っていること。ぼくには不足してる。なっていないよ自分。

ナマの消費者、ナマな欲求をもつ人間からスタートするマーケティング。商品と消費の間にある、希望と欲望のトリガー。ここをもっとしっかり書く。書きたい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ お知らせ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ビジネススパイス=株式会社アルトビジョン運営のメールマガジン、ホリエモン氏をはじめ、磯崎 哲也氏、遠藤 功氏、オルスタット佐藤氏、佐藤 義典氏、城 繁幸氏、高城 幸司氏、橘・フクシマ・咲江氏、松村 太郎氏の著名執筆陣に私も参戦。

ことばのデザイナーのマーケティングレシピ
Vol.1 バカやろう!辛いじゃないか。でもおもしろいじゃないか
2010年12月14日 創刊号配信

経営の洗たく 第1回『“本能の経営” 幻冬舎』
心の売場づくり講座 第1回『心の中のスピーカーが鳴るとき』
行列マーケティング 第1回『行列というモンスター現象』

※有料 315円/月(第2、第4火曜配信 最初の1ヶ月=2回連載分無料

■■やさしいコンサルティング■■■■■■■■■■■■■■■

貴社の経営をのばす事業創造を提案します。
あなたの話を聴くコンサルタント
“買いたい売りことば講座”オーダーメイド・ワークショップ

■■iPadで商売をつくるコンサルタント■■■■■■■■■■■
ランチコンサルティング
iPadビジネス変革研修
iPad の最新ニュースをストック&シェア
iPadに関するcotobaのブログ一覧ページ

■■最新エッセイ ビジネスメディア誠■■■■■■■■■■■
“未来の姿を描くことで、ギフト市場を活性化させよう

|

« 敬礼という自衛隊の本質 | トップページ | Googleという情報民主主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/38106239

この記事へのトラックバック一覧です: 希望と欲望のトリガーを書くーそれがぼくのマーケティング:

« 敬礼という自衛隊の本質 | トップページ | Googleという情報民主主義 »