« 自分にできることから“食を変えていこう”。 | トップページ | 常識的な会社って何だろう? »

2010年12月10日 (金)

音楽に国境なし、そこにアプリあり。

忘年会のシーズン。ここぞと隠し芸を見せる人もいる。仕事場のビルにある印刷会社でも、ギターを弾く人がいて、なんかの折りに駆り出されている。楽器が弾けるって羨ましいな。よおし楽器音痴を卒業しよう!というのが今日のテーマ。

【バックルギターとTシャツシンセ】
まず“エアギター・ロッカー”。バックルでロックンロール。



AiR GUITAR ROCKER』は“空気を弾け”。バックルがセンサーになっていて、ピックを弾く真似をするだけでミニアンプから音が出る。演奏家気分に浸れるミュージックトーイである。名曲5曲、学習曲5曲付き。子供の余興ぽいけどちとウケるかも。2,980円。

2つ目はストラップヤネクストから“着る楽器”の新作。『Electronic Music Synthesizer Shirt』は「Tシャツ胸部にシンセサイザーをイメージしたイラストパネルを搭載したTシャツで、シャツ表面の鍵盤を触ると下のファ(F)〜2オクターブ上のファまでの音階を高音質でサンプリングされた極上のアナログシンセサウンドで演奏する引用元



オールドなアンプを腰に付けてジャ〜ン♪悪くないけどマジですか(笑)。このシリーズはドラム、ギターときて三つ目がシンセ。あとベースがあれば揃いますね。3,791円で販売中。電池は別売りです。この2つはやや遊びですが、後の2つはセンス良いアプリ。

【魔法のバイオリンとオカリナ】
吾輩は君のバイオリンである。君を音楽の神童にするべくプログラムされた。弦に触れたこともない指でも数分で美しい音楽を奏でられる。(引用元=Magic Fiddle App Storeを拙訳)



室内楽を弾くような装いでやってきた四人。手にはみんなiPad。これをあごにあてて弦楽四重奏を弾きだす。『Magic Fiddle』はけっこうバイオリンぽい音なのがびっくり。凄いな。これが115円なんて買いだろうか(値下げ中)。



いやいや今なら72時間タダで楽しめる“オカリナ”がある。これはcherryさんがハマったし、ぼくもびっくりした。マイクロフォンのところから息を吹くと、ビュ〜っと癒しサウンドが響くのだ。



これは2008年に発売されてベストセラーとなったOcarina。iPhone上の4つの“穴”を押さえたり離したりでドレミファが出る。このアイデア、ただ者ではないと思って調べると、ただ者達ではなかった

CEOのJeffさんはスタンフォードでコンピュータサイエンスを学んだ後起業し、ナスダック上場、5,000万ドル企業にした後、再び大学へ。 CTOのGEさんはスタンフォードで助教授、音楽方面のコンピュータアプリの知恵者。創立したsmuleのアプリのコンセプトはこれ。

Learn Easily, Play Beautifully, Compete Passionately, Share Globally

簡単学習、美的演奏、熱烈競争、地球的共有。学校の音楽のレッスンに欠けていた要素ばかり。こうなら続けられたし、上手くなったと思うけど。そして最後のひとつ=地球みんなで共有というのがいい。



ジョギングを共有するアプリと似てる。みんなでがんばろう。下手でも聴かせ合おう。だんだん上手になったよ。そう励まし合うことで人はもっとつながる。音楽に国境なし、そこにアプリあり。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ お知らせ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ビジネススパイス=株式会社アルトビジョン運営のメールマガジン、ホリエモン氏をはじめ、磯崎 哲也氏、遠藤 功氏、オルスタット佐藤氏、佐藤 義典氏、城 繁幸氏、高城 幸司氏、橘・フクシマ・咲江氏、松村 太郎氏の著名執筆陣に混じって、ヨソウガイな私も連載を開始します。

   

ことばのデザイナーのマーケティングレシピ
Vol.1 バカやろう!辛いじゃないか。でもおもしろいじゃないか
2010年12月14日 創刊号配信予定

経営の洗たく 第1回『“本能の経営” 幻冬舎』
心の売場づくり講座 第1回『心の中のスピーカーが鳴るとき』
行列マーケティング 第1回『行列というモンスター現象』

※有料 315円/月(第2、第4火曜配信 最初の1ヶ月=2回連載分無料

マーケティングレシピでは、次のコンテンツより毎号3点を連載します。
【経営の洗たく】

旬の企業の経営選択を独自視点でケーススタディ。貴社事業変革のヒントに。
【心の売場づくり講座】
買いたくなるトリガーは心の中にあるー真の顧客視点を身に付ける講座。
【行列マーケティング】
行列満足を上げ、行列不満足を下げ、行列爆発を避ける“行列づくりのスタディ”
【消費脳サイエンス】
消費脳・消費行動サイエンスと、変人消費者生態のスタディ。
【つながる生活者】
文化消費・やりがい消費のソーシャル・コンシューマのケーススタディ。

■■やさしいコンサルティング■■■■■■■■■■■■■■■

貴社の経営をのばす事業創造を提案します。
あなたの話を聴くコンサルタント
“買いたい売りことば講座”オーダーメイド・ワークショップ

■■iPadで商売をつくるコンサルタント■■■■■■■■■■■
ランチコンサルティング
iPadビジネス変革研修
iPad の最新ニュースをストック&シェア
iPadに関するcotobaのブログ一覧ページ

■■最新エッセイ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
“細胞まで生かせる”冷凍技術、CASの秘密に迫ってきた
(ビジネスメディア誠)

|

« 自分にできることから“食を変えていこう”。 | トップページ | 常識的な会社って何だろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/38032894

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽に国境なし、そこにアプリあり。:

« 自分にできることから“食を変えていこう”。 | トップページ | 常識的な会社って何だろう? »