« 直流か交流か、それが問題だ。 | トップページ | Noteshelfで思う「指で思考する方法」 »

2011年1月31日 (月)

Iain Sinclairの革新的カード製品

その昔、コンパクトカセットケースをふたつ並べて「これくらいのサイズの音楽プレーヤーを作れ」と言った逸話がSONYにあった。それでできたのが初代ウォークマン。最近のSONYからそんな小型化へのスピリッツは感じられないが、英国で生きている。



これはユーティリティナイフ『CardSharp』で、クレジットカードサイズ。薄さ2mm、重さ13g。その使いかた(折り方・広げ方)がまた革新的だ。

アウトドア、キャンプ、クッキング、緊急用途など様々な使いかたができる。価格は15ポンド。英国Iain Sinclair社の商品コンセプトをひと言で。

「何でもカードサイズにしてしまおう」

【Iain Sinclairのカードガジェット】
さらにこのフラッシュライトも美しい。



EXTREME』は2つのLEDライトで230ルーメン。ハイパワーで1時間、ローパワーでは1日持つという耐久性もいい。キャンプ場で、ジーンズのポケットからさっと取り出して、「足元に気をつけろや」とも言える。50ポンドで、3月までに発売予定。



ポケットビデオもある。『PocoPro』は世界最薄のHDカメラ。1080PのHD撮影、マイクロSD(32GBまで対応)に録画、あるいは1400万画素のデジカメとしても使える。ビルトインスピーカーで録音も可能だしフラッシュも付いている。重さ65g。200ポンド。

最後は3Dカメラ『Poco 3D』。どう撮るんだろう?4秒なので動画を観てください。

なんと画像の前に3D映像がぶらぶらしている。まだティーザーのような動画紹介しかないが、1080PのHD撮影と500万画素の3Dカメラがこの薄さに。どうやら「立てて撮影する」のだと思う。どんな画像が作れるのか興味をかきたてられる。発売は2011年、年央の予定。200ポンド。

【日本発にこだわる縮み商品を】
縮めて革新技術を詰め込む。これは昔から日本企業のお家芸だったのに…もはや、って感じです。嘆いても仕方ない。これからどんな目標が考えられるだろうか。

メンコサイズに凝縮、碁石サイズに圧縮、ひと口ういろうサイズに煮縮。勇気ある日本メーカーから、日本発にこだわった“縮み製品”の到来を待ちたい。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« 直流か交流か、それが問題だ。 | トップページ | Noteshelfで思う「指で思考する方法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/38686039

この記事へのトラックバック一覧です: Iain Sinclairの革新的カード製品:

« 直流か交流か、それが問題だ。 | トップページ | Noteshelfで思う「指で思考する方法」 »