« スティーブ・ジョブスはアーティストだと思う。 | トップページ | ジョブスを日本の首相に、どうだろうか。 »

2011年1月19日 (水)

パズル・カレンダー

もう新年のカレンダーの設置はお済みですよね?今どきは企業配布のカレンダーは少なく、あっても小さな卓上カレンダー。なぜならPCにもスマフォにも手帳にもiPadにも、カレンダーがある“カレンダーだらけの日常生活”ですから。

でもこの“15ゲーム”のような『パズル・カレンダー』にはぐっときた。いろんな意味で。

You simply keep shifting the tiles each month to keep pace with the changing days! You can even jot down notes on the side using a whiteboard marker. 引用元(毎月タイルをちょろっと動かせばいいのです。ホワイトボードマーカーを使ってタイルや脇のスペースにメモも可能)

タイルをずらしたり、不要な「31」取ったりして、当月のカレンダーを作る。実にシンプルなデザインであり、当然ですが“永久カレンダー”である。何が惹かれるのか?

何といっても「パズルする楽しさ」。ぼくは15ゲームは得意だった。カチャカチャやってぴしっと揃ったときの快感。でも15ゲームの倍の数だからむつかしい。何日経ってもカレンダーができないとか(笑)。

ふたつ目は「組み立ての楽しさ」。数字を並べるアナログ作業には、子供の頃自作したカレンダーの原風景がある。「あ、ここ三連休だ!」「ここも!」なんて1年の暦への理解度が深まり、夢が膨らむのもいい。

みっつ目に「表現欲が満たされる」。水性ペンでこちょこちょ書けるし、旅行など長い予定は矢印を引ける。お誕生日など特別な日を好きな色に塗ってもいい。雀牌の“ウラドラ”のように、ひっくり返すと色付きだったら親切だ。何度も使えるからecoゴコロも満足させてくれる。



デザイナーは Yan Yunyongさん。旧暦にも対応できますか。おっとひとつ注釈、このカレンダーをつくるためにカレンダーはいる(うふふ)。

【カレンダーって複雑なのさ】
世の中にカレンダーはたくさんある。壁カレンダー、卓上カレンダー、日めくりカレンダー、デスクダイアリー、本の栞、スマフォやパソコン、数えきれない。なぜこれほどたくさんのカレンダーが必要なの?

それはたぶん「切り替えたい」から。

色々なカレンダー、それぞれの役目がある。「アポ予定」「行事」「記念日」「備忘録」「ゴミを出す日」「ちらっと日付を見る」…用途ごとにカレン ダーが存在するでしょう。それらをひとつにしたい欲望もあれば、分割しておきたい実際上の理由もある。誰かと共有する必要性もあれば、自分だけの秘密もあ る。カレンダーのニーズ、実はパズルのように複雑なのである。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« スティーブ・ジョブスはアーティストだと思う。 | トップページ | ジョブスを日本の首相に、どうだろうか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/38534045

この記事へのトラックバック一覧です: パズル・カレンダー:

« スティーブ・ジョブスはアーティストだと思う。 | トップページ | ジョブスを日本の首相に、どうだろうか。 »