« ジッパーで靴底を交換できる靴も発見。 | トップページ | ジュネーブ・モーターショーのEVとゼロスポーツ破産。 »

2011年2月28日 (月)

幸せな透明プロダクト

2月の最後の日、冷たい雨でした。がんばってママチャリで駅までチリン(片手運転は御法度ですが)。前が見えないと走れない。



やっぱりビニール傘が一番。だと思っていたらこういう“透明傘”もある。

topped off with a periscope-shaped cap, the umbrella is the perfect companion for your imaginative adventures under the cover of rain.引用元(潜望鏡帽子の形で仕上げられたこの傘、雨の中での空想アドベンチャーにぴったりの一品)



なるほど、俯きがちの雨の日には前が見えるのはいい。『goggles umbrella』は44ドル+配送料=79ドル(およそ6500円)。もうひとつ透明なプロダクトがある。

従来のマスクが持つ多くの欠点を解消した
画期的な新世代のエチケットツール!
それが透明マスク『masclear』マスクリアです!引用元



不織布のマスクは「表情が見えない」「暑苦しい」「息苦しい」などマイナス点がある。ポリカーボネイト製の透明なマスクの『マスクリア』では、「表情が見 える」「使い捨てではない」「ファッション性」「密着部位が少ないので化粧崩れがない」。価格情報等見つからなかった(これから販売)。

透明だと前が見える傘、良さそうだが、果たして曇らないのだろうか?まあ実用より遊び心と割り切ろう。透明なマスクは革新的だが、一抹の不安は息で曇らないのだろうか。何より鼻水が見えるとイヤだな(笑)。マスク美人も台無し?になるかもしれないし。どちらも必ずしも透明がいいとは思えない

【透明な砂時計の美しさ】
時間が見える透明な砂時計はどうだろう。

The prototype has a wooden base and a glass top. Once inverted and a button is pushed, the light stays on for fifteen minutes as sand gradually trickles down to cover the light while the user drifts off to sleep.引用元(試作品は木製のベースとグラストップで構成。ひっくり返すとボタンが押されて、ライトが15分間光る。その間に眠れるってわけだ)



カリフォルニアの学生Alyssa Andaの『Hourglass Nightlight』デザイン、これ好きです。光の上に砂がだんだん積もっていく。キラキラと光ながらうつらうつら。



幸せな透明プロダクトとは、川底が透き通って見える小川のせせらぎがイメージ
かな。美しいもの、好奇心をかき立てるもの、そういうものをシースルーで見たいし、見せたい。便利とかエコとかも大切だけど、商品への感性も大切にしたいと思う。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
ビジスパ 第6号を配信中。
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« ジッパーで靴底を交換できる靴も発見。 | トップページ | ジュネーブ・モーターショーのEVとゼロスポーツ破産。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/39055328

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな透明プロダクト:

« ジッパーで靴底を交換できる靴も発見。 | トップページ | ジュネーブ・モーターショーのEVとゼロスポーツ破産。 »