« 幸せな透明プロダクト | トップページ | 3時まで起きてませんて(iPad2のために) »

2011年3月 1日 (火)

ジュネーブ・モーターショーのEVとゼロスポーツ破産。



産油国の政情不安による原油高で、“脱石油”が加速。電気自動車へのシフトが鮮明になる一方、乗り方や楽しみ方にも新しい提案が出て来た。まず気になったのは『VW Bulli』。往年の名車“タイプII”の現代版だ。



ツートンカラーは昔のあのクルマそっくり。パワートレーンはフル電気自動車で、航続距離も300kmとしっかり。前後に三人ずつ乗れるコンセプトで、ダッシュボードにはiPadが見える。iPadがカーナビや音楽供給をしてくれるんだろう。




【カーシェアリング専用車という考え方】

2011年のジュネーブでワールドプレミアするライトカー・シェアリングは、その名の通り、カーシェアリングでの利用を前提に開発したEV。ユーザーはスマートフォン経由で車両の現在位置や予約状況などの情報を得て、最寄りの車両をレンタルするという仕組みだ。引用元



ドイツのEDAGグループが開発したコンセプトカー『ライトカー・シェアリング』は、クルマのフォルムも面白いけれど、特にイイのが様々な情報提供をするリアゲートというコンセプト。“止まるよ” “混んでるよ” という安全情報だけでなく「今、こんな音楽聴いているよ」とか「風が気持ちいいね」なんてツィートも出ると面白い。



【ビーチに似合うEV】
リンスピード社の『バンブー』はレジャービークルなのだが、どこもかしこも奇抜。



天気を表示してどうすんの?いやいや、変わりやすいビーチの天気、早めに教えてくれるのはいい。このクルマのシートは取り外して、砂浜でのリクライニングシートにもなる。なんとエアで膨らませるのだ。



手作業で装着するルーフには、落書きもできそう。音楽デバイスも満載のインテリアはバンブー(竹)で作られる。コンセプトカーではあるが、電気自動車としてのスペックはしっかりしている。発売する可能性ありという。

【ゼロスポーツの破産は残念】

電 気自動車(EV)ベンチャーの中島徳至社長が1日、岐阜市内で会見した。中島社長らによると、日本郵政グループの郵便事業会社にEV集配車1030台を約 35億円で納入する契約を2010年8月に結んだが、納入が遅れる可能性が出てきたことを理由に今年1月に契約を解除されたという。引用元



ベンチャーでも大手に1,000台規模で納入ができると話題になったゼロスポーツ、報道によれば郵便事業会社からの仕様変更で納期が遅れ、1月に契約解除、調達した開発資金の返済ができず破綻。中島社長は2月上旬、地元の中日新聞でこう発言していた。

「ベンチャー企業を応援する環境が、日本には欠けている」

1月の契約解除で無常を感じていたのだろう。ベンチャーが挑戦できる国にしないと、誰も起業なんかしない。商品発想もしょぼくなる。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
ビジスパ 第6号を配信中。
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« 幸せな透明プロダクト | トップページ | 3時まで起きてませんて(iPad2のために) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュネーブ・モーターショーのEVとゼロスポーツ破産。:

» ゼロスポーツ(岐阜県各務原市) [ザ・コレクターズ大頭鑑]
スバル ZEROSPORTS カー用品/外装パーツ/ステッカー(デカール)☆SUBARU ..... 送料無料 スバル ZEROSPORTS カー用品/排気系パーツ/フロントパイプSUBARU..... ジュネーブ・モーターショーのEVとゼロスポーツ破産。 )で作られる。コンセプトカーではあるが、電気自動車としてのスペックはしっかりしている。発売する可能性ありという。 【ゼロスポーツの破産は残念】 電 気自動車(EV)ベンチャーの中島徳至社長が1日、岐阜市内で会見した。中島社長らによると、日本郵政 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 16時51分

« 幸せな透明プロダクト | トップページ | 3時まで起きてませんて(iPad2のために) »