« Artists Help Japan | トップページ | 被災地もそうでないところも、日常性が尊い。 »

2011年3月21日 (月)

いいな!の自転車用品と自転車ニュース

今週は我が自転車を若干改造しようと思っている。ドロップハンドルの一部を切断して“ブルバー”にしたい。ポジションを楽にするのと、にわかに増加した自転車ルーキーズの暴走に対処するため、安全度を高めるのだ。改造のモヨウはいずれ報告するが、今日は「いいな!」と思った自転車用品とニュースを取りあげる。

【いいな!用品】


安全運転に前後のライトは必須。『FLEA 2.0 USB』にはフロントとリアがある。フロントは4連LEDで40ルーメンの明るさとUSB充電がポイント。フル充電で3時間(点灯)、5時間(点滅)の持続、リアは各6時間、12時間。ソーラーパネルもあり宇宙防衛軍のようなデザインにも注目。



うふふなアイデアなのが『6 Pack Frame Cinch』。 これは実に痒いところに手が届いている。カゴのないロードバイクやマウンテンバイクのサイクリストにとって、買い物は常に問題。特にガラス瓶は運びにく い。超安全とは言えないものの、これでビールもコークも調達可能。制作したWalnutStudloloでは、箱の取っ手を掛ける皮のホルダー部を22ドルで発売中。ケーキもピッツァも運べそうだ(ピッツァは超ガニマタになるが笑)。



災害支援になるか、単なる空気ドロボーか。端と端のプラグ形状を見てくれ。片方は自転車、片方はクルマ。クルマやモーターサイクルのタイヤ空気を自転車にダイレクトに頂けるケーブル。このアイデアも凄い。



そして町を平和にする自転車スタンド。『Frontlock』はバスケット型の植木ストリートファニチャー。スタンドのない自転車のために作られた。両側用と片側用がある。135£で販売中。

【いいな!ニュース】
自転車がらみで良いニュースが2つもあった。まず台湾のGIANTは2,000万元台湾ドル(約5,400万円)の復興支援を主に自転車や電動自転車で送ると発表。1台10万円なら500台だ。災害には自転車が強い。

そして八戸の83歳のおばあさんにCNNがインタビュー。津波が来たとき「自転車で逃げたよ」だそうだ。なんとまあ!時速何キロで走ったん?おばあちゃん。

自転車は防衛軍でもあり、うふふでもあり、町を平和にして人命救助もする。ただしルールとマナーは守ろう。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
ビジスパ 第7号を配信中。
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« Artists Help Japan | トップページ | 被災地もそうでないところも、日常性が尊い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/39315897

この記事へのトラックバック一覧です: いいな!の自転車用品と自転車ニュース :

« Artists Help Japan | トップページ | 被災地もそうでないところも、日常性が尊い。 »