« 3.11、地震以外には何があったのだろうか? | トップページ | 防災グッズをオフィスに「溶け込ませよう」 »

2011年3月19日 (土)

時節柄、イベントは全て中止するんですか?

今日はギャラリー アートマルシェ神田での展示会(わたしの「創」のきっかけ展)の最終日だった。元々集客力は大したことないけれど、この地震で散々だった。今日開催予定のワークショップも中止した。オンライン展示会は苦肉の策。



「今日は誰か来るだろうか」と呟きながら、ぼくはギャラリーの奥でライターの仕事(原稿書き)をしていた。するとお昼過ぎ、今回の展示に参加した福澤貴之さんがふらりと現れた。

「どうですか」
「どうもこうも」

彼は地震の日、ビックサイトに居て、ゆりかもめは運転中止。10km以上てくてく歩いて帰ったそうだ。展示物を引き上げに夕方また来ます、と言って去った。

その後ぼくは、22日からの展示会のため、展示部材やプレート制作の準備していた。そして夕方6時頃、福澤さんは4、5名の友人を引き連れてやってきた。展示会の最後にこんな賑やかになった。嬉しかった。ふろしきは真ん中の彼のバッグだ。



アートとは誰かと一緒だと生き生きしてくる。



【スポーツ選手達よ!】
今、イベント開催がキツい。巷の話題はスポーツ。J1、J2、ナビスコ杯の延期を早々に発表したJリーグの決断は早かった。一方プロ野球はセリーグは3月25日を主張したが非難が集中し、ちょびっと延期(29日)した。あの規模、客数だから消費電力もリスクも大きい。ナイター開催は厳しいだろう。

一方フットサルは、第11回FUTSAL地域チャンピオンズリーグがグリーンアリーナ神戸で開催中。応援してるフウガ東京は決勝ラウンドへ進出。がんばれFUGA!

「フットサルを通じて被災地支援を、そしてファンや愛好者の希望になるように」という理念のもと開催される旨が、日本フットサル連盟オフィシャルサイトにて発表されています。(中略)今できることに全力を尽くすため、フウガ東京は関東代表として参加いたします。引用元

試合は選手の日々の汗と血と汁の結実の場だ。また運営側としては「やりたい」。お金だけではなく、数えきれない準備作業の上に成立しているからだ。「やるべきでない」のが自明ならともかく、「やれるのにやらない」のは不戦敗と一緒ではないだろうか。

【作家達よ!】
ギャラリーも多くの展示会が中止を決定。そんなメールを幾つかもらった。昨日ふらりとアートマルシェに来てくれた北の丸tinyギャラリーのゆうこさんも「キャンセル入りました」と嘆いていた。残念なお気持ち、よ〜くわかる。彼女の「ゆうこの8坪日記」にこうある。

しかし絵描きは、呼吸するのと同じように制作しています。
描くのを止めるということは、絵描きにとって”死”を意味します。
引用元

その通りだ。作家の命の分身の展示会、やすやすと止められるものか。それは死なのだ。だから2011年3月22日からの暢(nobu)さんのデビュー展示会(どうする事もできないものへの安心感)はもちろん開催。明日cherryさんと準備をする。

余談ですが、ぼくは鼻炎の発作で十分ゆうこさんと話せなかった。すみません、身体(大腰筋)鍛え直します。ご来場ありがとう!


tinyギャラリーは可愛くて好きです。

|

« 3.11、地震以外には何があったのだろうか? | トップページ | 防災グッズをオフィスに「溶け込ませよう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/39290964

この記事へのトラックバック一覧です: 時節柄、イベントは全て中止するんですか? :

« 3.11、地震以外には何があったのだろうか? | トップページ | 防災グッズをオフィスに「溶け込ませよう」 »