« 輪番停電、そして有用だと思われるTLとコメントを。 | トップページ | 不謹慎、ですか? »

2011年3月14日 (月)

自転車はブルースだ、ロックンロールだ、アートだ、だから平和だ。

今日はビジネスメディア誠に臨時で寄稿した“うふふマーケティング”へのリードと銀輪話です。

戦時のような今こそ、平和な自転車に乗ろう
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。電力不足による計画停電で各鉄道会社が電車の運行を休止したり、本数を減らしたりしている。通勤が難しくなる中、改めて注目されるのが自転車通勤だ。→続きを読む

2011年3月11日金曜日の午後、首都圏で帰宅難民が多数発生したが、その中で聡い人びとは自転車を買い求めた。金曜日だから帰りたい。だけど電車もバスも動かない。歩いて帰るか会社に泊まるか。究極の選択に迫られたひと握りの人びとは、閃いた。

自転車がある、と。

自転車店に殺到し、サイズが合いそうな自転車を片っ端から買った。年式落ちも在庫崩れも飛ぶように売れた。一台残らず売り切った店もある。神風とはこのこと。



この画像は今朝の光景で、行列はバスを待つ人びと。 自転車なら自分の脚力だけで推進できるから、燃料要らずソーラーパワーも要らず。運動不足も解消できて健康になるし、身体を動かせば気分も晴れる。気分が 晴れればポジティブになり、政府の悪口を言わず、自分の仕事を良くしよう、良く生きようと思う。それが災害で助け合いの心を形成する。

10kmくらいの距離なら、ママチャリでも通勤できます。助け合いのためチャリ通をしよう。

【この記事のきっかけ】
このコラムのきっかけは、ビジネスメディア誠の編集長吉岡さんとスタッフの皆さんからのメール。

「ただ今週~来週にかけては、震災関連を中心に、特に急いで掲載したいテーマの原稿がある場合はそちらを優先させていただこうと思っています」(メールより)

ぼくは単なるビジネスライターに過ぎないが、どんなことでも書きで役に立つならと思って呼応した。でもビジネスメディア誠には、ぼくなぞが書くまでもなく、地震災害に際して有用な記事がすでに集積している。

東北関東大震災、関連情報のまとめ
節電、輪番停電サイトなどの情報も、首都圏の商業施設の情報なども盛りだくさん。

地方紙、テレビ、ラジオへ——被災者のためにTwitterでの情報発信を!
これも納得できる良い記事だ。

【自転車はブルースか、ロックか、アートか】
さて夕刻、もちろん自転車で帰宅。仕事場を早めに出て、街の状況も見ながらペダルを踏んだ。気づいたことを幾つか。



とても細い道に自動車、自転車、歩行者がよくもまあぶつからないで進んでいる。もっと良い道を作ってほしい。放置自転車も危ない。災害時に暗くなったらと思うとぞっとする。

23区でも“外周部”の自転車店では自転車は余っている。自転車を地元で買ってもいいでしょう。サービスステーションの行列も凄まじかった。コンビニや100円生鮮ショップは略奪に遭ったようにもぬけの空。自宅そばのスーパーも5時には店じまいが多かった。

本当にそれほど危機なのか?原発は危ない。余震確率もまだ50%ほどあるというが。

国道を抜け河川敷のサイクリングコースに出てゆっくり走ると、グラウンドでサッカーをする子供達がいた。自転車を置き上着を掛け、歓声をあげてミニゲームをしている。ほっとした。向こうの方には夕焼けも広がる。

自転車はブルースだと忌野清志郎は言った。ぼくは「ロックンロールだ、アートだ、だから平和だ」と言いたい。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
ビジスパ 第7号を配信中。
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« 輪番停電、そして有用だと思われるTLとコメントを。 | トップページ | 不謹慎、ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/39228797

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車はブルースだ、ロックンロールだ、アートだ、だから平和だ。 :

« 輪番停電、そして有用だと思われるTLとコメントを。 | トップページ | 不謹慎、ですか? »