« シンディとあおいさん | トップページ | 3.11、地震以外には何があったのだろうか? »

2011年3月17日 (木)

私の小さな地下街とマーケティング

今日はビジネスメディア誠で計画停電中も連載する“うふふマーケティング”へのリードと、講演予定だった「私のマーケティング」の四方山話です。

忘れられない“わたしの小さな地下街”たち
時代の変化にともない、2011年1月、日本最古の地下街「須田町ストア」がその歴史に幕を下ろした。迷路のように入り組む地下道の中で、魅力的なたたずまいを示す店の数々。私の好きな地下街を紹介したい。続きはこちら

今回のうふふは、地震前から書きたいと思っていた話題を書いた。大きくて便利な地下街は「行列がある」「新店ができました」とマスコミにもてはやされるけれど、小さくてレトロな地下街は、忘れられがちで、しかも敬遠されがち。ほんとはそこにこそホッとする商売、ありがとうと言いたくなる瞬間が<いつでも>あるのに。

“須田町ストア”にあった散髪屋、戦後すぐからあったんだろうな。高度成長も低成長もデフレ経済も、みんな知っていた。下の写真は閉店寸前の一枚。



“万世橋駅”にある“穴倉”のような(表現よくなくてすみません)高架下店舗、実はほぼ毎日、この脇を過ぎてぼくは仕事場にゆく。だから女性スタッフがど こからやてきて、どんな店舗準備をするか、だいたい知っている。いつも心の中で応援している。がんばって、見てますいつも。



こんな時だからこそ、ツィッターを閉じて、コンビニ“襲撃”もやめて、小さな地下街や地元の店舗に注目しよう。震災で店を閉めずがんばっているのは、中小店舗ですよ。それにずっと震災や原発のことばかり考えていたら、それこそ鬱になる。知人の書家の平田美記さんも言っていた。

「日常を取り戻すには行動が一番の気がします!」

みんな、そろそろ自分のビジネスをしましょう。

【まぼろしの講演:“私のマーケティング”】
さてもうひとつ。実は3月23日、メールマガジンを連載するビジスパで講演会があった。読者数も伸びないので(汗)講演で火をつけようということだが、この地震事情で中止になってしまった。

用意していたのはこの一枚のピッチ。テーマは“私のマーケティング”。Preziでマーケティングリサーチや消費者分析、商品コンセプト発想の変遷 を説明しつつ、これからのマーケティングを語ろうと思っていた。持ち時間30分だが、語ろうとすれば1時間は軽い。むしろ1冊本が書ける内容がある。

2011年3月22日発行のメルマガ『ことばのデザイナーのマーケティングレシピ』では、この図の一部を解説をしています。

“私のマーケティング”を総決算したい。この危機の時代の向こうでマーケティングも、消費者も、商売も変わらざるを得ないから。次週の誠ではそのことを書こうかと思っている。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
ビジスパ 第7号を配信中。
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« シンディとあおいさん | トップページ | 3.11、地震以外には何があったのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/39267097

この記事へのトラックバック一覧です: 私の小さな地下街とマーケティング:

« シンディとあおいさん | トップページ | 3.11、地震以外には何があったのだろうか? »