« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の30件の記事

2011年4月29日 (金)

地震、花粉、放射能そして次は紫外線ケア

ロイヤルウエディングの前に、このニュースにナヌ?と思った。



オゾンホールの破片、日本に飛来へ 紫外線増加に注意 肌への影響に懸念、この日経のニュースによれば、厳寒の北極で最大になったオゾンホールの“破片”が日本に明日にもやってくるというのだ。破片って何だ?それはという意味。つまりホールが移動してこっちにやってくるのだ。

念のため調べると、takeshikawaさんのツィートにあった。「規模の大きなオゾンホールが4月30日にも日本を覆う。これだけ大きな破片が来るのは初めて(国立環境研究所 中島英彰地球環境データベース推進室長)」という。地震、花粉、放射能そして紫外線とは…とほほだ。

続きを読む "地震、花粉、放射能そして次は紫外線ケア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

正義のために「やらなきゃいかん」ことがある

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”と、久々に書いた“誠ブログ”へのリードです。

脱原発は「やらなきゃいかん」こと——孫正義、かく語りき
発生から1カ月以上経っても、いまだ日本を悩ませる福島第一原発の事故。原発問題に悩み、私財を投じて、脱原発の自然エネルギー財団を設立すると表明した孫正義氏の会見に参加してきた。続きはこちら

続きを読む "正義のために「やらなきゃいかん」ことがある"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

お子ちゃまはイマジネーションが好物

もうすぐゴールデンウィークだ。今年は海外旅行は2〜3割減と言っていたが、駆け込みで需要が出て来たというニュースもあった。遠くへ飛ぶのもよし、近くをドライブもよし。経済回復のために旅に出るべし。

旅に出ない家庭では、子供と近所にお弁当を食べに行こう。お家で楽しいご飯を食べよう。今日は可愛いプレートやお弁当箱を。

【ちょっとトーマスに似ているけれど】

The Chew Chew Train is an amazing transforming dinner set for kids of all ages and if the kid in you surfaces everyday then you can revisit your childhood by enjoying a meal in this cute Chew Chew Train Dinner Set. 引用元 「チューチュー・トレインは子供が喜ぶ汽車ぽっぽのトランスフォーマ・ディナーセット。きっと大人のあなたの中の子供心もくすぐって、この可愛いセットを楽しめちゃうかも」

続きを読む "お子ちゃまはイマジネーションが好物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

子育てグッズと赤ちゃん自身のニーズ

子供をどう育てるかなんてとっくに忘れたが、思えば揺りかごから乳母車そしてバギーまで成長は早く、どこへ行くか/どこから落ちるかもわからず(実際、目を話したスキに階段を転げ落ちた)、けっこう大変なこともあった。乳幼児用品は後になればなるほど良いものができる。この“ドンキー”は見事。

【人生はコンバーチブル】

The basic idea of the Donkey is that it can be configured to suit your growing family. The base model features everything you need for one child. As your family grows, you can buy an additional seat, or purchase two seats and bassinets for twins. It will also fit two infant car seats at once. 引用元 

「ドンキーの基本コンセプトは“家族の成長”に合わせて変化できるもの。ベースモデルでは一人の子供向けに全てが揃い、家族が増えたらシートを追加できる。双子ちゃんであっても乳母車もシートも並べることができる。2人向け自動車シートもある」

続きを読む "子育てグッズと赤ちゃん自身のニーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

がんばれ!外食産業

今日発刊のメルマガ「マーケティングレシピ 第10号」では、震災前からデフレで苦境、震災後には食材の安全不安、安全コストでのインフレのダブルパンチ、さらに消費自粛モードで大打撃の外食産業を取りあげました。



ちょうど四月は新メニューの入れ替え時期、ところが野菜も魚も肉も、東北という食の産地からの仕入れに支障をきたし、メニューの導入延期や安全対策に力が注がれているようです。

今 回のメルマガでは、中小チェーンを対象としてその苦境の状況、そこから脱出のヒントを書いてみました。“ファンタジスタレッスン”では、ちょっと古くさい “グループインタビュー”というマーケティング手法でも、やり方によって効果的、という内容をまとめました。お昼過ぎに公開予定です。ぜひちらりとお読み ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

豪華な長距離バスの孤独

サッカースペイン国王杯でFCバルセロナを破り、優勝したレアル・マドリード。その優勝パレードで「やってしまった」瞬間の動画はこちら



重さ15kgの優勝カップをポロリと落して、パレードバスの下敷き。あらら。結局レアルの費用で修復することになったが、バスの旅は時に苦い。だが日本のバス会社2社から、たった12人乗り(!)の豪華バスも運行されている。

続きを読む "豪華な長距離バスの孤独"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

プルトップに乾杯!

こりゃ凄い!空き缶プルトニウム、じゃないプルトップで走るラジコンカーだ。

Their DAlH2Orean remote-controlled car runs on a combination of recycled aluminum soda can tabs and sodium hydroxide, creating a zero-emissions hydrogen vehicle. 引用元 (ふたりの開発したDAlH2Oreanラジコンカーはリサイクルアルミ炭酸缶のプルトップと苛性ソーダを燃料にして走る、排ガスゼロの水素自動車である

続きを読む "プルトップに乾杯!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月23日 (土)

ありがとう、ギラード首相

ひさびさに大人の政治家を感じた。オーストラリアのギラード首相/Julia Gillard

MINAMISANRIKU, JAPAN - Australian Prime Minister Julia Gillard on Saturday visited the tsunami-devastated town of Minamisanriku, becoming the first foreign leader to travel to Japan's disaster zone.引用元 (オーストラリアのギラード首相は土曜、津波で被災した南三陸町に、日本の災害地域へ最初に訪れる外国首脳として訪問した

最初に訪れた外国首脳」である。同盟国のはずの米国でもなく隣国の韓国でもなく、もちろんロシアでもなく、日本びいきの台湾でもなく(中国を差し置いて来れないが)、豪州なのである。しかも被災地に「自ら行きたい」と申し出た(70数名のオーストラリア都市型捜索救助隊(USAR)、救助犬を派遣している)。

続きを読む "ありがとう、ギラード首相"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

iPad2とレグザタブレット

今日は花粉症発作と夕方からの孫氏の記者会見が長引いて、帰宅が遅くなったので、まだ発売開始のアナウンスがあったか知らない。震災で発売自粛されていたiPad2、次週4月28日発売はまちがいないだろう。


おっとこれは東芝のレグザタブレットです。すまんね(笑)。

本 体サイズは幅177×奥行き273×高さ15.8mmで重量は約765g(予定値)。CPUに「NVIDIA Tegra 2」(1GHz)を採用し、1GBのメインメモリーとストレージ用に16GBのメモリーを搭載。ディスプレーは10.1型(1280×800ドット)で、 周囲の環境に合わせて明るさを自動調整する「アダプティブ ディスプレイ」機能を搭載する。 引用元

続きを読む "iPad2とレグザタブレット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

中くらいの成長と成熟国を目指して

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと四方山話です。

震災後見えてきた流通の明日の姿――それは“善き商人”であること
震災時には人の本性が見えたが、小売業者の本性も垣間見えた。私たちはどんな小売業者を本当に必要としているのか。今後望まれる小売の姿について考えてみた。続きはこちら

今回のコラムは震災前からずっと考えてきた、ぼくの思う「流通業のありたい姿」を書いた。根底にあるのは、今のスーパーは自社の売りたい商品は売っているが、消費者にとっては買いたい商品が買えるのか?という疑問である。野菜だって魚だって肉だって乾物だって、何でもあるじゃないか、便利じゃないか、と言うかも知れない。

続きを読む "中くらいの成長と成熟国を目指して"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

陸前高田の仮設コンビニ〜これから店舗建築が面白い

株式会社ローソンは、東日本大震災の津波で被害を受けた岩手県陸前高田市で、仮設店舗の第1号店となる「陸前高田鳴石店」の営業を4月22日(火)午前7時より開始いたします。震災前に陸前高田市内でローソン店舗を経営していた加盟店オーナー2名で運営致します。引用元 ローソンプレスリリース



ローソンからリリースを頂いた。あの被災がひどかった陸前高田で仮設店舗を22日より開始。あそこでどのくらいうずたかく瓦礫が積もっていたか、レントラ便の山口社長が撮影した画像、ローソン広報から頂いた画像は「人間は強いですから」の記事にある。あの瓦礫からの1ヶ月強でよく復旧できた。

営業時間 :7:00〜21:00(14時間)
面  積    :店舗面積113.4㎡、売場面積87.5㎡、駐車6台分
取扱品目数:約1000品目

標準的なコンビニは100㎡、2,000品目ほどだからおよそ半分。それでもこの期間でオープンできたのは凄い。お二人のオーナーのお気持ち、察するには余りある。瓦礫の中から「人間の強さ」を見せて欲しい。

続きを読む "陸前高田の仮設コンビニ〜これから店舗建築が面白い"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月18日 (月)

私のドア物語

私たちは一日に何度ドアを開け閉めするだろうか。万歩計はあっても“扉開閉計”はなさそうだから分からないけど、自動開閉するEVや店舗のドアまで入れたら、結構な数になる。そこで今日はユニークなドアがテーマ

【肘でオープン】
UltraLatch/ウルトララッチはひねりも回しもしない。したり下げたりで開くドアだ。荷物を持った時、肘でドアを開けることありますよね。そのドアをもっと開けやすくしたドアノブと言える。



発想の源は“オートマ車のシフトレバー”だとか。いかにもアメリカ人の発想しそうな製品。でもものぐさ向けだけでなく、子供やお年寄りにもいいかも。販売中。



続きを読む "私のドア物語"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月17日 (日)

レンズタンブラーとカメラバッグ

デジイチの話題と言えばフォーサーズやマイクロ・フォーサーズ、DXやFXフォーマットなどこむつかしい議論が多いけれど、何じゃそれ?という向きにも、そもそも…と語りたい向きにも、「これいいね!」が今日のカメラ用品話題。まずはデジタル男子向けのお品。

ニッ コールタンブラー24-70は、標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」をモチーフにしたタンブラーで、容量は300ml。色、形状、質感のリアリティを追求したとのこと。原寸サイズだが、カメラへの取り付けは不可能 (これは残念;)。  引用元 

続きを読む "レンズタンブラーとカメラバッグ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月16日 (土)

2つのイマジネーション溢れる住宅設計

空間設計とはイマジネーションである。建築学科の学生は、卒業後たいていは構造分野に進み、意匠設計者(いわゆる建築家である)になれないのは、イマジネーションの貧富の差なのではないかと思う。

そんなことを思わせた2つの独創的な空間設計デザインを取りあげたい。まずはバルセロナのARQUITECTURA-Gが設計した“超空間活用建築”。



2部屋の広さはたったの366 square feet = 34.0025126 m2 である。くつろぎスペース兼収納室兼仕事スペース兼ベッドルームが、ひとつの部屋だのだ。分かるだろうか。

続きを読む "2つのイマジネーション溢れる住宅設計"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

ギャラリーと美食の深い関係

今日はクリエイター支援事業のutte(うって)の新規登録クリエイター(最後に紹介)のサイトをアップ、ランチはcherryさんの発案で生春巻き。ギャラリーでふたりで野菜をたっぷり食べた。チカラもりもりで大工仕事をした。


来週の展示会(110の花物語/小林舞香さん)の開催に合わせて、ギャラリーアートマルシェ神田では“スィーツの販売”を始める。震災前から準備中でしたがちょっと延期。いよいよ開始にあわせて陳列台づくり。鋸でカット、ハンドドリルでタボ加工、そして組み上げ。棚板加工や縁の処理を除いて、出来上がりぃ!ちょっと揺ら揺らしますが、震度3の耐震設計がある。


パティシエの作るスィーツ、2011年4月19日から発売します。当日は展示会の2日目、イラストレーターの小林さんも在廊予定です。makiさんぜひ来てください。

続きを読む "ギャラリーと美食の深い関係"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

花粉症退治とティッシュフリーへ

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと、ティッシュ箱の話です。

花粉症、患者視点に立てば治りませんか?
この時期になると悩まされるのが花粉症。街中でマスクをしている人をみかける機会も増えているが、どのように対処すればいいのだろうか。万年花粉症の筆者がさまざまな対処法を試してみた。続きはこちら



今回のエッセイはぼくの鼻炎+花粉症退治の話。正確には「退治しつつある」で、一進一退ではある。しかし「あいうべ」「肩甲骨」「大腰筋」をセットでやって、ほんとうに症状は軽くなった。あと少しで、春も終わり花粉とおさらば、合わせて鼻炎ともおさらばしたい。幸運を祈ってくれ。

ひとつ告白すると、ぼくは「大腰筋を鍛えよう!」というエントリーを書いた。2009年11月のことだ。これが結構読まれていて「大腰筋」というフレーズでぐぐるとトップ5以内くらいある。ぼくのブログでの検索ワードでもいつも上位。2年前、もっと身を入れて大腰筋を鍛えていれば、今頃は鼻炎フリーだったかもしれない。三日坊主はダメ。今回はしつこく、しつこく続けます。ティッシュフリーになります。

で今日のおまけはティッシュ箱の話。

続きを読む "花粉症退治とティッシュフリーへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

節電!それでも暑ければヌードオフィス

東京電力が夏場に5,000万キロワット分の供給能力を確保できる見通しとなったことが、2011年4月12日分かった。現行の供給能力は約4,000万キロワットだが、東日本大震災で被災した火力発電所の復旧にめどがついた。引用元

復旧させる火力発電所やIPP(電力の卸会社)からの調達で5,000万までいける。だがピーク需要の6,000万KWには届かない。そこはやっぱり、みんなの節電やピークシフトしかない。そこでオフィスでできる蓄電を見つけた。

Yill is a small, mobile energy storage unit. She can power a modern workstation for two to three days without cords or cables. Yill stores energy in a rechargable lithium titanium battery, 引用元

 

Yillは小さなモバイル蓄電ユニット。リチウム・チタン充電池で、フル充電で1台のワークステーションを2〜3日動かせる。

続きを読む "節電!それでも暑ければヌードオフィス"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年4月12日 (火)

“今日は放射能レインは少ないでしょう”なんて…

昨日のにはまいった。めざましTVのお天気お姉さんが「今日はにわか雨がありそうですから、折りたたみ傘を持っていきましょう!」と言った。素直に従った。午後になると案の定、雨が降ってきた。

「あ、あたし傘持ってきませんでした」とcherryさん。
「ぼくは持っているさ。廊下の傘立てにビニ傘が一本あったじゃん」
「あった。誰のかしら?」
「放置されているからいいんじゃない。ぼくがビニ傘使うわ」
と言ってcherryさんに折りたたみ傘を貸した。するとー

帰る時間になって傘立てを見ると…傘がない!

歌っても仕方ないので、傘無しで出ると、けっこうな土砂降り。濡れて駅まで歩いた。たくさん放射能も浴びたぜ。いぇえい!でも気持ちよかった。そこで今日は傘がテーマ。

続きを読む "“今日は放射能レインは少ないでしょう”なんて…"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

移動コンビニ by ローソン to 岩手

ローソンの広報から移動コンビニのお知らせが飛んできました。

続きを読む "移動コンビニ by ローソン to 岩手"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月11日 (月)

シドニー・ルメット/Sidney Lumetのリアリズム

社会派の名匠、映画監督シドニー・ルメット氏が2011年4月9日亡くなった。合掌。彼の作品から社会を見る視点を教わった。まず何といっても『12 Angry Men /十二人の怒れる男』(1957年)である。


 
原作者の体験に基づいてTV映画化され、好評を受けてルメットが映画化した。その後、幾つもリメイクがなされたので、今さらストーリーを述べる必要はないだろう。父親殺しの罪に問われたティーンエイジャーへの陪審員の評議がテーマ。人種差別の社会背景がどんより、「面倒だから有罪にしちまえ」という流れの中、たったひとりの陪審員が異議を唱えた。トータル96分の映画、その内3分間を除き、あとはすべて陪審員室での出来事を描いた。迫真的だった。

続きを読む "シドニー・ルメット/Sidney Lumetのリアリズム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

松山英樹選手をiPadアプリで応援する

5バーディ、1ボギーの68という好スコアで、ラウンド3時点で通算3アンダー、18位タイとなった。明日(というか日本時間深夜2時過ぎから)がんばれば、ひょっとすると16位以内という、来年のマスターズ出場権も夢ではなくなる。

when he returned to Sendai, he found his dorm room in a shambles and couldn't find anything to eat in town because businesses were shut down. He considered not coming to the Masters, but he decided to do so after conferring with his college coach, believing that by playing - and playing well - he could encourage his countrymen back home. 引用元 ipadアプリのインタビューより。

東北福祉大学所属の松山選手が仙台に戻ると(15日のことだった)、寮の部屋は滅茶苦茶、町は店も閉まり食べるものが何も無かった。マスターズ出場をあきらめようとしたが、大学のゴルブ部監督と相談をして出場する決心をした。良い結果を出せば仙台の人も勇気づけられる。

続きを読む "松山英樹選手をiPadアプリで応援する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

あゝ無情のものたち

数日前、「沿岸各署に並ぶ拾得物扱いの金庫…返還は難航」という震災関連記事があった。家屋から流れ出された金庫が拾得物として集まった。



金庫は家屋よりも命よりも丈夫だった
。これは無常と言わざるを得ない。しかも持ち主は行方不明、探し手は自分の金庫と出会えない、出会えても我の所有物と証明ができないとは、「あゝ無情」である。

続きを読む "あゝ無情のものたち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

消してみてわかる看板の力

今日は12mの強風が吹いた。そのせいで神田須田町名物、アートマルシェ神田(ぼくの運営するギャラリー)の立て看板が倒れた。元々一本の足を骨折したことがあって、最近ブラブラしてた。そこへこの強風、まるで昨日の守備で腓骨骨折をした、ミネソタ・ツィンズの西岡内野手の足のように、ぽっきり折れた。



もげた足を接着し補強板を張りたい
。だが同じ箇所二度目だ。前回修復は綺麗だけど(下図左)、今回は醜くなりそう(下図右)。

続きを読む "消してみてわかる看板の力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

「人間は強いですから」―復興にかけるトラックとコンビニの物語

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと、昨日のブログの四方山話である。

「人間は強いですから」――復興にかけるトラックとコンビニの物語
東北地方を中心に大きな被害を与えた東日本大震災。被災直後の混乱の中、ローソンの依頼を受け、すぐに現地に向かったのがレントラ便を運営するハーツの山口裕詮社長だ。彼が現地で見たものとは……?

記事はたっぷり書いたので、今日は解説はなし。ひとつだけ書いておきたいこと。

続きを読む "「人間は強いですから」―復興にかけるトラックとコンビニの物語"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月 6日 (水)

レッドウィングをワイルドに履きたい。

林田浩一さんが「たまにはぶらっと旅に行きたい」とツィートしていた。まったくその通りだ。でも複雑でシンプルなワケがあって、今のぼくにはムリだ。せめてアーバン・トレッキングをして、ワイルドに生きたい。



ご多分に漏れずこれはぼくの足だ。この靴(ティンバーランド)は好きだが、次はやっぱり『Red Wing』だと思っている。

続きを読む "レッドウィングをワイルドに履きたい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

放射能測定の全体像と課題

ぼくは放射能なんて… とずっと思っていたし、無論大丈夫だと思っている。菅邸や民守党や透電を信じている。でもさぁテントで原発を覆って放射能を閉じ込めるとか、入浴剤で跡を つけるとか、ヒビをモルタルで埋めるとか、おいおい素人だってやらないぞという奇策の連発に、さすがに驚愕至極に存じまする。

これはやばいぞと、放射能測定のことを調べようと思った。

福島県は5日、福島第1原発事故を受け、原発から20キロ圏内の避難指示区域を除き、県内全ての小中学校の校庭などを対象に放射線量の緊急測定を始めた。引用元

県内の小中学校や幼稚園、保育園の校庭・園庭など1400カ所をガーっと調べる(そういう音出るんですか?)。検査員が持っている小箱が測定器。結果は7日に発表される。

続きを読む "放射能測定の全体像と課題"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月 4日 (月)

ミニキャブ・ミーブで平和な電気を広めたい。

4月1日に四月バカではなく「ホント?」と思ったニュースがあった。プリウスミニバンの予約開始。震災で生産体制が復旧せず、納期予定が未定なのに予約が殺到、あるディーラーで1日一日だけで200台の予約受注との報道もあった。


 
一方トヨタは表面上「ごめんなさい」で納期を発表していないが、ィーラーをたしなめる様子もない。このあたり愛知県人のしたたかさが見える。

続きを読む "ミニキャブ・ミーブで平和な電気を広めたい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

電子ブロックとラジカセのiPadアプリ

昼間、フェイスブック上の会話で、映画の話で盛り上がった。米大手映画配給会社による新作のオンデマンド配信開始のニュースがきっかけで、今どきの シネコンは便利すぎるから感動が薄い、ハリウッドの単純明快脚本映画が鑑賞力を減退させた、尻が痛い昔の名画座だからこ感動がモリモリあった、ウンヌン と。

ノスタルジーだと言われてもいいさ。今どきの商品やサービスの出来が悪いからこそ、こんなに不況なのだ。で、2つオールドタイマーを紹介しよう。

続きを読む "電子ブロックとラジカセのiPadアプリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

We Love You FUKUSHIMA

クリエイター箭内 道彦さんが立てた福島県民の被災者支援サイト『THE HUMAN BEATS』には重い言葉がたくさんある。FROMは被災者から、TOは被災者へ贈る言葉。幾つか引用しよう。まさにビート(鼓動)だ。

続きを読む "We Love You FUKUSHIMA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

レベッカ・ブラックの才能

震災にまぎれて取りあげなかった話題のひとつは、チャーミングな13歳のミュージシャン。次の画像はこちらから



なにしろ彼女の歌『Friday』は2011年2月10日に投稿され、それから1ヶ月半で72,444,525ビュー(7,200万人)も稼いでいる(4月1日現在)。超話題になのに、そのうち高評価は17万人だけで、一方低評価は139万人(!)も。「worst song ever(過去サイテー曲)」というレッテルも貼られた。

続きを読む "レベッカ・ブラックの才能"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »