« 私のアート探しにやって来ませんか? | トップページ | 連休明け前夜のスピーカーの話 »

2011年5月 7日 (土)

専門家、専門性についての所感

生肉は管理が非常に難しいので、私はまず口にしない」(焼肉に詳しい山梨学院大学の宮塚利雄教授 引用元



ぼくら素人は専門家に従う。他の食の専門家も同じ事を言っている。だがもしも生肉がNGなのが明らかなら予防できてもいいのに…できなかった。専門家とは何をするのだろうか。

【84から87へ】
菅首相による原発停止要請の根拠、専門家(地震調査委員会)による東海地震「発生確率87%」も意味がわからない。

過去の周期と、最後の地震からの経過期間を元に地震調査委は2004年、30年以内の発生確率を「84%」と公表。その後の時間経過から今年1月現在で「87%」と計算した。引用元

地震専門家の推定を根拠として浜岡原発を停止要請した。本当に“いつ地震が起きてもおかしくない”としても、「84」から「87」とは細かい。原発事故のレベル評価のズサンさ比べると、もの凄く厳密である。確かに原発のある場所は気象庁もM8で10mを超える津波が来ると予想する場所。

う〜ん、でも本当?専門家を信じていいの?ぼくは最近「専門」をちょっと疑っている。

【地震予知はできない】
大地震、5〜6日前に「前兆」上空の電離層乱れる』という記事あり。

早川氏によると、大きな地震の約1週間前に震源上空にある電離層が何らかの原因で乱れ、大気圏との境界面(高度約80キロ)が一時的に低くなる。この現象は地表と電離層の間を反射しながら進む超長波電波の到達時間を正確に測ることでとらえることができる。引用元

電通大の早川正士名誉教授の研究によれば、電離層の観測・分析で、発生の数日前に地震が予知できるかも知れないという。教授は電離層分野の専門家で『地震電磁気現象の計測技術と研究動向』もちらっと見た。とてもむつかしい。

確かにあの日(3.11)、空は低く、妙に明るくて暗い雲が混ざっていた。薄気味悪い空だなとcherryさんと話していたら、地震。だから電離層説はちょっと期待できるかな、と思う。

とはいえこの種の研究は以前にも聞いたし、何しろ地震学者で、今回の東北大地震を予測した人はいない。次のコメントは地震調査委員会の島崎邦彦東大名誉教授である。

「M9は限られた場所でしか起きないという考え方はスマトラ沖地震で否定され、今回で息の根を止められた。根本から疑って考えるべきだった」(引用元

「がっちり型」と「ずるずる型」は連動しない、東北はその両方のプレートがあるので、東北沖では大地震はない。そのプレート境界の定説が崩れたという。次は東京大学のロバート・ゲラー教授(地震学専攻)が、自らの専門に対して率直過ぎるほどコメントする。

予知できる地震はない。これは鉛筆を曲げ続ければいつかは折れるのと同じことだ。それがいつ起きるのか分からない」引用元

【専門家って何?】
ゲラー教授は「(地震の予知は)無益な努力だ。不可能なことを可能であると見せかける必要はない」と言った。Nature誌にも同趣旨の論文を発表。いつか地震予測できる日が来るかも知れない。だが今はわからない。これが良心ある専門家の言である。

問題は84を87にする専門性である。地震が起きた後にコメントして儲ける専門家である。ユッケの危険を止められない専門性も無力。何かにつけて専門家に頼るけれど、専門家って一体何なのか?と思う地震後の日々である。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
ビジスパ 第10号を配信中。
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« 私のアート探しにやって来ませんか? | トップページ | 連休明け前夜のスピーカーの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/39900780

この記事へのトラックバック一覧です: 専門家、専門性についての所感:

« 私のアート探しにやって来ませんか? | トップページ | 連休明け前夜のスピーカーの話 »