« 漫画プレートは美味しい! | トップページ | 本はやっぱり本じゃなきゃ。 »

2011年5月24日 (火)

気を散らさない工夫と時間泥棒の話

いつもの事ではあるが、ぼくには、あれしてこれして又あれしてこれして…という「仕事の食い散らし」の癖がある。アート展示の細かい所を直し、看板を調整し、お茶をいれ、原稿メモを創り、メールを打ち、ニュースを見たり、ツィートをして、おならをして(失礼)、おっとこの時間は原稿メモが本分だった、てな具合だ。

集中しなきゃと、わかっちゃいる。結局原稿メモを書き終えたのは夕方遅くだった。

そこで今日は、集中をテーマに。PenZenは真っ白いスペースに字を書くだけのツール。

Penzen

サイトにアクセスするとこの真っ白けな画面が表れる。F11を押して画面を最大化する。あとはひたすら書くだけだ。メールもツィッターも御法度。保存するときはPen.io(サーバ保存)かPDFで。前者は日本語には対応していないのがザンネン。

Om

日本語に対応する“集中ライティングツール”はmac対応のOmmWriterがよさそうだ。画面はまるで雪国のようで、引き込まれるように書いてしまう。紹介文にこうある。

Ommwriterlogo

「If you are a scriptwriter, blogger, journalist, copywriter, poet or just someone who enjoys writing, welcome back to concentrating.
(君が脚本家かブロガーかジャーナリストかコピーライターか詩人か、はたまた単に書くのが好きな人なら、ようこそ集中ライティングへ)」

何だかこれは気に入りそうだ。使ってみよう。無料版と有料版がある(違いは音響効果の多さ)。

音も問題だ。ぼくは音で気を散らすことが多い。一度音を意識するとその音に耳が引き寄せられ集中力が切れる。そんな時は音楽を聴くに限る。識者によ れば“f分の1の揺らぎの音楽”が良いと言う。バロック音楽が典型的な揺らぎリズムで、集中力が高まるという。でもぼくには合わないな。

Bob_dylan

今日はBob Dylanの誕生日なのでLike a Rolling Stoneを聴いた。だんだん盛り上がっていくんだなこれが。集中するよ。でも音楽を聴いていて終わると「あれ終わっちゃった」と集中力は音楽に対して働いていたり(笑)。

ところで「気が散る」のと「心が集中しない」のは同じなのだろうか?気を散らせるから集中力がなくなるのか、集中力がそもそも無い日があって、その時には気が散るのだろうか?因果がよくわからない。

たぶんこうだろうか。「集中できない日」が最初にある。その時には気が散るというより何事にも身がが入らない。対して、気が散る日はかえって「集中できる日」かもしれない。散っても能率が上がることがあるからだ。

それでも時間泥棒はいる。この『Quiet Hours』は時間泥棒のアプリをシャットダウンする。あたかも「集中時間モード」をつくるようにアプリのお休みと起床を時間設定できる。

Quiethourssignk5368

このアプリで退治すべきなのはTwitterとFacebookだ。この2つは時間泥棒だ。販促や自分ブランディングに必要、それはわかる。でも消費時間対効果、あるのだろうか?マンチェスター・ユナイテッドの監督ファーガソンはTwitterについて言う

「正直、理解できない。人生にはほかにやることがいくらでもある。図書館に行って本でも読めばいい。時間の無駄だ」

ツィートやLike!の効果、無いとはいえない。ヒントもあるしネタもある。元気ももらえる。だが時間は喰う。どこかに閾値があって、がんがんやれば効果がどーんと伸びることはありうる。だがそれは恐らく上位3%に過ぎない。そこに入る努力をするのか、自分の得意技で勝負するのか。それを決めるべきだろう。

【ビジスパ メールマガジンの最終号のお知らせ】
本日発行しました“マーケティング・レシピ”12号をもってお休み致します。ご購読どうもありがとうございました。


|

« 漫画プレートは美味しい! | トップページ | 本はやっぱり本じゃなきゃ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/40118532

この記事へのトラックバック一覧です: 気を散らさない工夫と時間泥棒の話:

« 漫画プレートは美味しい! | トップページ | 本はやっぱり本じゃなきゃ。 »