« 東電のサンスケの話 | トップページ | V・S・ナイポールの文章ルール »

2011年5月10日 (火)

自転車の鍵の話を少し。

自転車シーズン本番。そろそろジテツウも本格化しないと…と思っているだけで、あれこれ言い訳をしてはロングライドをさぼっている。明日、明後日は 雨が止んだら自転車でギャラリー巡りをしようと思っている。巡るだけでなく、一応営業もする。乗ったり降りたりで気になるのは、自転車の盗難。そこで今日 は盗難されない自転車をテーマに。

Bikes are beautiful, elegant machines, which explains why they're often the target of theft. You have to protect your bike, but doing so usually means hauling around a lock that's basically an intimidatingly giant piece of steel in various shapes.  引用元 (バイクは美しくエレガントなマシンだ。だから盗まれることになるのだが、せっかくのデザインを醜くてでっかい鍵で台無しにしたくない)

現在開発中で(ファンドを募集中)チタン製の『TiGr Titanium Bike Lock』はビューティフルだ。両方のタイヤにロックが掛かるという見た目もいい。薄くて軽い板状なのにとても強い。重さは従来のものの1/3というのも凄い。さらにこの鍵を使わない時の自転車装着のスタイルもいい。製品化してほしいな。

The Senza system 』の発想もいい。ハンドルバーをひょいと解体して、組み合わせて、ロックにしてしまう。どのくらい素早く解体と組立ができるかにかかっているが、長時間バ イクを駐輪する時良い。パナソニックの自転車に、駐輪時にサドルを持ち上げるタイプもあったが、カタチを変えてしまうという発想ですね。

s


次は現実的かつ実用的な発想。使わない時は「自転車の鍵を身に着けてしまう」。しかも“リフレクタ”が付いているので、夜間はライトで光る。安全でもある。



鍵掛けるよりも「盗めなきゃいいんだろ」という発想もある。“バイク駐輪の観覧車”をビルの側面に設置してしまうアイデア。悪くはない、悪くはないけれど…そこまでやりますか。



オマケはイタズラ画像。「お、オレのバイクが…」これなら誰も盗めないけれど、持ち主も乗れない。



今自転車ロードレースのジロ・デ・イタリアが開催中。期待の別府史之選手(レディオシャック)は2ステージまで8位というスゲー成績だったが、3日目は103位ですか…。がんばれ。



その3日目、ベルギーのWouter Weylandt選手が転倒して死亡する事故があった。山岳コースの下りでクラッシュだという。次のはランス・アームストロングのツィート。

Just back from a run and got the news of Wouter Weylandt's death today in the Giro. I'm shocked and saddened. May he rest in peace.

安らかに眠れ。お休みなさい。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
ビジスパメールマガジン “マーケティングレシピ”
ビジスパ 第11号を配信中。
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« 東電のサンスケの話 | トップページ | V・S・ナイポールの文章ルール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/39941274

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の鍵の話を少し。:

« 東電のサンスケの話 | トップページ | V・S・ナイポールの文章ルール »