« 刑事コロンボ死す | トップページ | 猫と犬とフェレットのベッド »

2011年6月26日 (日)

欲しい!PENTAX Q

久々に“ワクワクして撮りたくなる”カメラが出現した。そう、これです。


小さくて可愛くて、でも骨太を感じさせてくれるデザイン。レンズ交換式の手の平一眼レフ『PENTAX Q』。

手のひらにすっぽりとおさまる金属ボディに、デジタル一眼の才能を惜しみなくつめこんで、レンズを交換するたびに、写真を撮る楽しみがひろがる。引用元 

まずサイズは98mm(幅)×57.5mm(高)×31mm(厚)、これは小さなデジカメと似たサイズだ。厚みがあるところが一眼レフらしさで、頼もしい感じもする。重さは200gとiPhone1個半。ちなみに『OLYMPUS PEN Lite』は114.6mm ×72.2mm ×41.5mmで、重さは344g。あおいちゃんのより、ひと回りもふた回りも小さい。

ダイヤルのモード合わせがシブい。まるで巻き上げ式を想像させる。そのくせ裏側はハイテクタップリというアンバランスさがいい。

サイズに次ぐ魅力は、“撮るから表現へ”。“デジタルフィルター”と“スマートエフェクト”の2種類の撮影効果モード。アスペクト比も変えられるので、自分スタイルは無限大。さらに“ボケコントロール”は、背景ボケや前ボケを作れる。ぼくのようにピンぼけカメラマンにも、素晴しいぼけ写真表現ができる?シミュレータで遊んでみよう

上の画像表現は“Auto110モード”である。Auto110って何?それは110判フィルムのミニカメラ。ペンタックスには、小さくても本格的だった110カメラがあった。実に懐かしいが、Qにはこの遺伝子が生きている感じがする。



小さくても本格的。本格的だけどギミック。そのバランスとアンバランス、どっちつかずが魅力である。ほらボディは本格的だが、フラッシュは極めてギミック。よく作ったぞ、偉い!



最大の魅了は、太巻きよりも小っちゃいQマウント交換レンズ。デジイチ初心者が交換レンズを持ち歩きたくないのは、面倒かつ重いからだ。でもこのサイズなら2つも3つも持ち歩きたくなる。魚眼、ワイド、トイレンズ風などレンズにも“ユニーク”と“高性能”と2種類あるのが面白い。ひとつ6,000円くらいだから買い増ししやすい。



カメラバッグも気になる。バッグ・イン・バッグもいいし、ポシェットもいい。ストラップにも凝りたくなる。カラーは2種類しかないが、凝りどころはたくさんありそうだ。標準キットで69,800円

デジイチは連れて歩くには重すぎる。デジカメは連れて歩くにはお手軽すぎる。レンズ交換できないハイエンドのデジカメは高価すぎる。PENTAX Qは“写したい!”というニーズを埋める空白地帯カメラ。総括すると「欲しい!」

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« 刑事コロンボ死す | トップページ | 猫と犬とフェレットのベッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/40560229

この記事へのトラックバック一覧です: 欲しい!PENTAX Q:

» コーデュラナイロンアレーキャット2Wayウエスト [おしゃれメンズファッションご紹介!人気コーディネートから激安品まで!!]
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)より、コーデュラナイロンアレーキャット2Wayウエスト [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 10時40分

« 刑事コロンボ死す | トップページ | 猫と犬とフェレットのベッド »