« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の29件の記事

2011年7月31日 (日)

うなされるくらいなら、早く無くしてしまえ。

画像引用元

今朝の地震はずいぶん揺れた。手を伸ばしてiPadをつかむと4時だ。どうりで眠いわけだ。

二 度寝入りしたらこんどは夢を見た。廃墟になった大学構内が舞台である。学生らしいぼくは崩れた壁を上り、瓦礫をかき分け、残った学生棟に入ったのだ。そこ で何をしだしたかーなんと、アート作品と駄菓子みたいなものを売っていた。ああ!夢の中でも商売にならないことをしている!(笑)。

再びiPadをつかんでトイレへ行く。7時前だ。震源地は福島だった。そういえば原発は大丈夫か?と思ってニュースを見ると異常なし。よかった。ぼくのような小市民さえうなされるようになった。そんなもの、早く無くしてしまえ。

続きを読む "うなされるくらいなら、早く無くしてしまえ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

50才の2つのクルマ:スバルサンバーとルノー4

さすがカーデザイナー盟友林田浩一さんはご存知だった。富士重工の最後の軽自動車となる“スバル サンバーシリーズ 特別仕様車”が発売される。



ラリー選手権で活躍した特別色WRブルー・マイカの『WR BLUE LIMITED』は限定1,000台。林田さん曰く「お祭りみたいなもんだ」。ちょうど50周年のサンバー、スバル技術陣の最後の意地と言ってもいい。トヨタ自動車と資本提携し、軽の自社開発・生産から撤退する。パナソニックに買収され、解体・消滅した三洋電機もそうだが、ユニークが消えるのは寂しい。

続きを読む "50才の2つのクルマ:スバルサンバーとルノー4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

伊良部元投手の墓にNYのマウンドの土を。

伊良部秀輝元投手、自殺。享年42才(2011年7月某日)。天才アスリートゆえの波乱万丈。合掌。



持ち味は何といっても豪速球。長らく日本球界最高だった158kmをマーク。あの球が低めに決まると清原選手でさえ手は出なかった。フォークも投げたが、ぼくの記憶の中では、彼のフォークはいつもワンバウンドか暴投だ。コントロールは不味くなかったはずだが、「走者を出しても打たして取る」というピッチャーではなかった。とにかくほうるタイプ。

続きを読む "伊良部元投手の墓にNYのマウンドの土を。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

Zim & Zouのペーパークラフト

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと英文サマリーです。

ライカからフロッピー、ゲームボーイまで……彼らが懐かしの製品を紙で再現するワケ
ライカや初代ウォークマン、ゲームボーイやフロッピーディスクなど、懐かしの製品をペーパーアートで再現するフランス人のデザイナーデュオ「Zim&Zou」。彼らはどんな目的でそんなアート作品を手がけているのだろうか。

続きを読む "Zim & Zouのペーパークラフト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

カレーで心に火をつけて。

夏はカレーだ。暑いのに、なぜ暑くなる辛いものを求めるのか、謎だ。いや吉岡編集長なら「夏はかき氷だ」それも「サラサラの氷だ」と言うかもしれない。一理も二理もある。最初から脱線ですまん。



合理的かつ説得力のある説明ができるかどうか、夏とカレーの明白かつ神秘的な一体説を煮詰めるべく、誠ブログで“カレーという文化”、cotobaのブログでは“カレーと心”、二本立ての大盛りブログを書こうと思い立った。

続きを読む "カレーで心に火をつけて。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

バイク(自転車)ブームは多様化・個性化へ

昨日、自転車の一方通行規制のことを書いた。今日も続けてチャリの話を。Gizmodoに『ママチャリはここまでカスタムできる…!』というぐっとくる記事があった。



元々のママチャリの面影を残しながら、なんとまあスゴ速レーサー風。グラデーションかけたカラーリング、角出ブル仕様のハンドル、高々と上げたサドル。う〜む、スゲー。

続きを読む "バイク(自転車)ブームは多様化・個性化へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

自転車の一方通行規制に賛成!

警 察庁及び国土交通省では、自転車の交錯による事故の危険性を減少させ、歩道・自転車道における自転車の通行を整序化するとともに、自転車道等の自転車通行 環境の整備を推進するため、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(昭和35年総理府・建設省令第3号)の一部改正について検討しています。引用元 


う〜ん堅い(笑)。警察庁の文を引用するのは稀なので堅さが新鮮だけど。自転車の一方通行を導入し、違反者は罰則・罰金をする制度が導入される。ポイントは「自転車の一方通行=表示板の矢印の反対走行の禁止」、対象とするのは「歩道」「自転車道」「自転車歩行者道の該当区間」、上記の交通標識を示した箇所。

続きを読む "自転車の一方通行規制に賛成!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

エイミー・ワインハウス goes back to…

コントラルト(低音)ヴォイスが刺さる。ブルージィな想念がうねる。才能が溢れていた。

引用元

Mark Ronson, who produced Winehouse's album Back to Black and shared a Record of the Year Grammy with her in 2008, tweeted that "she was my musical soulmate & like a sister to me. this is one of the saddest days of my life." 引用元

アルバム『Back to Black』をプロデュースして、2008年のグラミー賞を分かち合ったMark Ronsonさんはこうツィートした。「彼女は音楽の相棒、妹みたいなものだった。生涯で一番一番哀しい日だ」

続きを読む "エイミー・ワインハウス goes back to…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

紙は人をクリエイティブにする。

ようやくcherryさんからの宿題にカタがついた。



これは何だかわかるまい。いやわからせるもんか。9月上旬、utte/アートマルシェ神田イベントの出し物のひとつで、それまで内緒。今日はこの紙の工作に没頭していた。楽しかったので、紙の話題を。

続きを読む "紙は人をクリエイティブにする。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

ソニーとモスフードの企業分析

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと、「大企業を読む」コツの付録です。

Like No Other――ほかにはないソニーらしさを探して
革新的なハードウエアを創出し、それを楽しむコンテンツで拡張させてきたソニー。しかし、Appleなどの攻勢を受けて、そのサイクルは失われつつある。“ソニーらしさ”とは何なのか? 改めて考えてみた。続きはこちら

今回のコラムのテーマは「ソニーの応援」である。元々ぼくはソニーファンだった。ソニーがワクワクした頃のソニーと共に育っただけに、大企業になっちまった今のソニーが残念でならない。

続きを読む "ソニーとモスフードの企業分析"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

問題は言い換えると答えが見つかる

ライフハッカーに言葉に関するコラムを見つけた。「抱えている問題を別の言葉で言い換えるクリエイティブな解決方法とは」これがなかなかおもしろい。

どんな言葉を選ぶかは、ものの見方に影響してきます。何か問題や挑戦しなければならないことが起こった時、言葉の選び方一つで、その問題のある一面しか見られなくなることもあります。引用元 

だからこそ別の言葉で言い換えれば、違う局面が見える。ハマる解決策が見出せる。そういう主張。この記事の元記事は『Psychology Today』のMichael Michalkoさんのコラムである。こうある。

続きを読む "問題は言い換えると答えが見つかる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

製本ワークショップ「角背上製本編」体験記

10日程前になりますが、美篶堂さんの手ほどきで“製本ワークショップ”を初体験。我がギャラリー アートマルシェ神田にて、内輪の体験というかたちで、講師の美篶堂親方、上島松男さん、そして社長の上島明子さんをお招きしました。

続きを読む "製本ワークショップ「角背上製本編」体験記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

【追記あり】なでしこの花は球の上に咲いていた。

気になってはいたが、夜更かしはできない性質だし、そんなに早起きもできない。だが朝から汗まみれになって眼を覚ました。

トイレにiPadを持ってしゃがむ。見ると5時過ぎ。ちょこっとHootSuiteを開く。ツィートを見る。おお、0-0だ。がんばっているじゃないか。だが眠い。トイレをよろよろ出て布団に倒れる。目をつむる。テレビをつける気にはならない。

うとうとする。20~30分くらいたっただろうか。仕方ない、とよろよろ起きる。テレビをつける。すると後半終了まで数分のところ。おっと1-1じゃないか。なでしこJAPAN、がんばっているじゃないか。得点は誰がどう入れたかわからないまま、中継を見だす。朝もやのLiveの文字がまぶしい。ボール支配は圧倒的に米国だな。まったく攻め込まれている。米国の猛攻撃をなんとかしのぐ。はあ。1-1で終了。

Nadeshiko01

続きを読む "【追記あり】なでしこの花は球の上に咲いていた。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

新しい眼を育てるプロジェクト

びっくりした。

Vlach's plan is to implant a digital camera that can shoot at hopefully 720p resolution into her existing eyeball shell. Video would be remote triggered with the feed beamed via a wireless transmitter to a mobile device app of some sort. Right now, the planned specs include MPEG-4 / H.264 recording, Bluetooth, Mini A/V out, Firewire, USB, Mini HDMI, 3x optical zoom and a power plug connector. 引用元

Tanya Marie Vlachさんの計画では、解像度720pのデジタルカメラを左目に埋め込む。リモートでビデオ画像を操作してワイヤレスでモバイルデバイスに飛ばす。想 定している仕様はMPEG-4 / H.264録画、ブルートゥース、ミニプラグ、Firewireなどである。

続きを読む "新しい眼を育てるプロジェクト"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月16日 (土)

AppStore帝国

ここ数日、AppStoreが注目されている。まずその盛況ぶりだ。



2011年7月8日、Appleは世界中のAppStoreでのアプリのダウンロードが、150億を突破したと発表。世界90カ国、2億台以上のiOSユーザーに42万5000のアプリを提供。これはユーザー一台平均75本(ぼくは133本)、1アプリ当り平均ダウンロード数は約3万5000となるそうだ。これは凄い数値だ。

続きを読む "AppStore帝国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

それまでなかったもの=ホンダジェット/HondaJet

HONDAの“新飛行機”が工場開きをした。

“Mass production will start early next year,” Michimasa Fujino, Honda Aircraft’s president and chief executive officer, said after a tour of the company’s operation at Piedmont Triad International Airport. “It’s difficult to define when.” 引用元 



「量産は2012年の初めからスタートします」 藤野道格さん(ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI社長兼CEO)は、Piedmont Triad International Airportの同社施設を案内した後に言った。「正確にいつとは申し上げにくい」

続きを読む "それまでなかったもの=ホンダジェット/HondaJet"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

自由に生きるためのアドバイス

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードとこぼれ話です。

箸袋のフリーペーパー!? 東北沢で“プラスワン”を作るチームとは
箸袋でフリーペーパーを作るという奇想天外な発想を具現化したデザインチーム「東北沢荘」。彼らの発想のポイントは“プラスワン”にあるという。→続きを読む

続きを読む "自由に生きるためのアドバイス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

NYには“+Pool”、ニッポンには除染ゲンゴロウ虫

なんと明日(2011年7月14日)は『高温注意報』が出ている。


こんなんじゃ仕事にならん!プールにどぼんしたい!ということで今日はプールの話題。NYのマンハッタン、イーストリバー/East Riverにプールを浮かべちゃおうという大胆なプールはどうでしょうか?“Google+”は古い、“+Pool”の時代なのだ。

続きを読む "NYには“+Pool”、ニッポンには除染ゲンゴロウ虫"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月12日 (火)

化粧するにもほどがある(365日分の厚化粧はともかくとして)

このお化粧をなんていうか。

アーティスティックで個性的な映像作品を製作しているオランダ出身の2人組アーティストLernert & Sanderが、 1年分のメイクを1人の女性に施した映像作品「Natural Beauty」を発表した。約9時間を費やし、スーパーモデルHannelore knuts(ハナロア・クロッツ)の顔に下地からアイメイクまでの一通りの工程を365回繰り替えし塗り重ねていく衝撃のムービーとなっている。引用元 

続きを読む "化粧するにもほどがある(365日分の厚化粧はともかくとして)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

デジタル時代のスピーカーのかたちって?

昨日のオーディオショップ『Beat-on』の残響で、今日は卓上スピーカーを取りあげてみたい。まず煙草のノベルティ『vol speaker

the minimalist design of 'vol', a portable speaker created by japanese designer hironao tsuboi for kent of british american tobacco, is structured for intuitive use. composed of aluminum, the speaker is switched on and off by turning the dial; volume adjust is accomplished in the same manner. 引用元

「ミ ニマリスト・デザインのvolは、日本人デザイナー坪井浩尚氏がクリエイトしたポータブルスピーカー。煙草ケントのノベルティのこのアルミニウムスピー カーは直感的な操作を誘う構デザイン。まさにつまみのようなサイズ、形状の本体はスイッチON/OFF、回してヴォリュームを上げ下げするのである」

続きを読む "デジタル時代のスピーカーのかたちって?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月10日 (日)

アキバと秋葉原の音楽融合店『BEAT-ON』

今日は絵本作家のかとーゆーこさんとふたりで、明日からの個展 Home展の準備をしていた。その休憩中、ギャラリーアートマルシェ神田のあるビルから神田川を挟んで、向かい側(アキバ側)のビルの1Fを見ると、コスプレ撮影会が開催中。漫画やアニメの主人公スタイルの女子を、撮りまくるオトコたちイッパイ。

「すんごいですね」と驚嘆するかとーさん。
「毎週やってますよ。川の向こう側はアキバなんですよね」

メイドとフィギュアの街になる前、アキバが秋葉原だった頃 “オーディオの街”だったのを思い出した。皆さんご存知ないでしょう。そこで展示を終えた足で、2011年7月7日にオープンしたばかりのPCオーディオ専門店『BEAT-ON』に寄ってみた。

「BEAT-ON」は、“『音楽』と『PC』の融合”をコンセプトに、PCとオーディオのファンをターゲットにしたショップ。PCやデジタルガジェット、USB-DACやヘッドホンなど幅広い製品を、手に入れやすい価格帯で揃えているのが特徴だ。引用元、上の画像も

続きを読む "アキバと秋葉原の音楽融合店『BEAT-ON』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

デザートブーツを“発明”した男

今日は靴市場、歴史的なヒットを創った男へのオマージュである。

The iconic desert boot as we know it today, worn by everyone from Steve McQueen to the dude on the subway next to you this morning, wouldn't have existed without the passion of Nathan Clark, who died on June 23rd at the age of 94. 引用元

続きを読む "デザートブーツを“発明”した男"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年7月 8日 (金)

“ナノイチ”ブームになる3つの理由

ミニ取材をするためカメラを持って仕事場を出た。SONYのα350なのだが、結構重いだけでなく、かさばるんですよね。カバンもイヤがっている。



取材もしたのかしないのかという結果に終わって、「ますます重い!」と感じたので、今日はカメラの話題を。

続きを読む "“ナノイチ”ブームになる3つの理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

おっと、すべての仕事は“ギフト”だったっけ

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと、2、3のギフト話である。

すべての仕事はギフトである――“相手思考”を持つ方法
どんな仕事であっても、自分中心ではなく、相手中心で考えることが成功につながるという筆者。そんな“相手思考”を持つためには、どのようなことを心掛ければいいのだろうか。続きはこちら

続きを読む "おっと、すべての仕事は“ギフト”だったっけ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三廊下の家が思い出させること

現代の住宅が忘れたものはたくさんある。

気密性を高めるあまり、風通しが悪くなって結露やカビの発生しやすくなった間取り。収納スペースを軽視して、モノが溢れる室内。狭い廊下が一本真ん中を走るマンションでは、車椅子さえ満足に通れない。段差もたくさんある。

そして“中廊下”という昔の住宅にあったプライバシーと独立性をまもるスペースも、とんと失われた。建築家坂牛卓/taku sakaushiさんの『三廊下の家/three corridors house』はそれを取り戻した。

the basic scheme that the design takes off from is a style of traditional japanese dwelling which consists of a central corridor that divides the domestic programs according to ideal views and position. this organization allowed for an efficient form of circulation that also provided a simple and intuitive layout.引用元

続きを読む "三廊下の家が思い出させること"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

ボーイング787に思うこと。

ある理由があって鳥取に来ている。ある取材旅行、もちろん飛行機で。

全日空、羽田→鳥取便。少し出発は遅れたけれど、久々に空の旅を楽しんだ。久々に「翼の王国」も読んでしまった。そこには例の新しい飛行機の記事があった。

続きを読む "ボーイング787に思うこと。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

レクサスLS600hLー真のプレステージへ

どうあがいたって庶民にはとんと縁がないモナコ公国の話。モナカならともかくね。



モナコ公国の元首アルベール2世(Prince Albert II)公と、元五輪水泳選手シャーリーン・ウィットストック(Charlene Wittstock)さんの結婚。英国のロイヤルウエディングほど注目されなかったけれど、ぼくは彼女の美しさ、そして“クルマ”にも目を奪われた。上の画像引用元

続きを読む "レクサスLS600hLー真のプレステージへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

自転車活用は今あるインフラを使って。

久々に自転車話題。まずいいね!の“バイクシェア”から。(バイクとは念のため自転車のこと。オートバイはモーターサイクルと呼ぶ習慣を一般化してほしい)

'we have smart bikes, not smart racks,' rzepecki explains: 'our lock works with regular bike racks and does not rely on expensive kiosks and docking stations.' 引用元

「これはスマートバイクであってスマートラックではない」 開発者のrzepecki氏は語る。「普通の駐輪ラックでロックができるので、高価な駐輪キオスクやレンタルすステーションが要らないんだ」

続きを読む "自転車活用は今あるインフラを使って。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

サンダルをつっかけて仕事場へ

関東地方は今日から15%日和。節電のためならポロシャツもいい、短パンもいい、お昼寝してもいい、もちろん足元はサンダルでも。ミズノでは“スーパークールビズ”と称してサンダルを奨励しているという。



靴下は蒸れる。足元から爽やかになるのは賛成なので、今日はサンダルブログを。

続きを読む "サンダルをつっかけて仕事場へ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »