« 習慣は力になる。 | トップページ | 自転車活用は今あるインフラを使って。 »

2011年7月 1日 (金)

サンダルをつっかけて仕事場へ

関東地方は今日から15%日和。節電のためならポロシャツもいい、短パンもいい、お昼寝してもいい、もちろん足元はサンダルでも。ミズノでは“スーパークールビズ”と称してサンダルを奨励しているという。



靴下は蒸れる。足元から爽やかになるのは賛成なので、今日はサンダルブログを。

【内履き】



まずは社内履きで、『le dd DREAM』は滑らないスリッパ。スリッパってツルっといくときがあるが、このディンプル加工でしっかりグリップ。しかもとても軽くて(54g)ウォッシャブルなので衛生的。出張にもいいかもしれない。3,150円で販売中。



Mizutoriエッグサンダル』はソールの素材と構造に特徴がある。「つま先側とかかと側の2枚のヒノキの板を伸縮性を備えたEVA素材でつないだソールは、歩くときにつま先の付け根の部分が折れ曲がり、足裏の形に沿うため歩きやすい」(引用元)。一枚板のサンダルに見えて、前の方が折れるので闊歩カッポ歩けるという。8190円。

【外履】


Nike Gato Beach』はスタイリッシュだ。ほぼ一体構造とはいえ上下を分けるツートンカラーがいいし、アジャイルな雰囲気を醸し出す表面デザインもいい。これなら遅刻寸前でも走ってゆけるし、チノパンやジーンズにも合う。42ドルという値段もリーズナブル。ぼくは気に入った。



くまモン×げんべい”のサンダルも可愛い。熊本の鶴屋百貨店で販売中。これはいい!と思って百貨店のオンラインショップをまさぐったが、扱っていない。6月25日、26日に販売会があったそうだが(1,890円)、売り切れたのだろうか?残ネンだ。



最後に和物をひとつ。小高莫大小工業の『めりやす草履』。おばあちゃんの手づくりの一品モノ草履。優しさが履きやすさに。3,675円。

その昔、ぼくは高校時代にバミューダ(死語だな)に下駄を履いて通学した。詩人気取りのぼくとしては、割と普通の装いだったが(都立校は服装自由なのだ)、体育の教師においおいと呼び止められた。

「郷、それだけは止めてくれ」
「何をですか?」
「下駄だよ下駄」
「なぜですか?」
「滑って転んで怪我したら、オレも責任問題だからだ」

何だ、生徒のことを考えていないなお前、と思ったが、実際学校の廊下は滑るので下駄は止めた。思えば学校もオフィスも商業施設も道路も、日本はサンダルに優しくない造りなのだ。窓も締め切り、空調に頼る人工的な空間。15%が突きつけるのは、ワークスタイル、ワークインフラを根本から考え直せという警鐘なのかも知れない。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« 習慣は力になる。 | トップページ | 自転車活用は今あるインフラを使って。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/40634030

この記事へのトラックバック一覧です: サンダルをつっかけて仕事場へ:

» お部屋のコーディネイトおまかせください [Witch House]
リフォーム、お部屋のリニューアル、収納アドバイス、ハウスキーピングのプロフェッショナル [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 16時24分

« 習慣は力になる。 | トップページ | 自転車活用は今あるインフラを使って。 »