« ソニーとモスフードの企業分析 | トップページ | エイミー・ワインハウス goes back to… »

2011年7月22日 (金)

紙は人をクリエイティブにする。

ようやくcherryさんからの宿題にカタがついた。



これは何だかわかるまい。いやわからせるもんか。9月上旬、utte/アートマルシェ神田イベントの出し物のひとつで、それまで内緒。今日はこの紙の工作に没頭していた。楽しかったので、紙の話題を。

【古紙のペン】

It is a handmade pen, from a rolled-up sheet of scrap paper. No sheets were specially printed for the pen - instead all the paper was gathered from offices. 引用元 (これはハンドメイドのペンで、スクラップペーパーを丸めて創られた。製造のためにプリントはしていない。オフィスで集めた紙を丸めている)



お古の紙を丸めて固めたアヴァンギャルドな『Paper pen』
。2つとして同じものが存在しないのは凄い、というか当たり前。自分でも作れそうだが3ユーロ(350円)で販売中。「お前の書くことはすぐにゴミだ」と言われた気もした。



【紙の花瓶】

紙で作った「水が入らない花瓶」はどうだろうか。

No water can be added to the vases without the consequence of destroying them; one must choose between keeping the vase or keeping the flowers. 引用元 (この花瓶には水は入れられません。水を入れると壊れます。花を保たせるか花瓶を保持するか、どちらかを選ばなければなりません。

大胆な問いかけじゃないか。花瓶なのに花瓶じゃない。Bradley L. Bowersさんによってデザインされた『PaperWhite』は、 Cotton Rag Paperで形を造り、水性のグルーで固めただけ。固まったところで“水が入らない花瓶”になるのだ。

【襖の手帖】

表紙にふすま地をあしらった、今までにない無地のノートが登場しました!あなたが日々書き綴れば、まるであなただけの本ができるような、ふすま地帖はそんな特別な商品です。引用元


ふすまを貼る紙を表紙にした手帖。丸山繊維産業株式会社の2011年日本文具大賞優秀賞受賞の商品である。こちらで2625円から販売中。

これは意表を突かれた。表紙とは「紙」と書くが、どんな紙でもいい。上製紙でも新聞紙でも壁紙でもいい。紙じゃなくてもいい。PPでも布でも皮でもなぜか「表紙」というじゃないですか。カバー=覆いと言い換えれば、ピクニックシートでも防水シートでもパラシュートでもいいのだ。ふすまはぼくを直線思考から解き放ってくれた。

紙は人をクリエイティブにする。紙は人を無限大の世界にいざなう。紙は人を工作に没頭させる。



この柄、cherryさんにヘンタイと言われた。

ことばのデザイナーの仕事の紹介はこちら(cotoba)
マーケティングコンサルタントの仕事の紹介はこちら(マーケティング・ブレイン
うふふマーケティング最新刊 誠ブログ最新刊

|

« ソニーとモスフードの企業分析 | トップページ | エイミー・ワインハウス goes back to… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/40918695

この記事へのトラックバック一覧です: 紙は人をクリエイティブにする。:

« ソニーとモスフードの企業分析 | トップページ | エイミー・ワインハウス goes back to… »