« もらった仕事はピカピカにする。 | トップページ | カバーと中身 »

2011年8月28日 (日)

走るだけでエアが入る自転車ポンプタイヤ

今日は自転車日和でした。ギャラリーアートマルシェ神田にも、川崎から自転車で展示会にご来場してくれた男子が一名いました。ぼくも力が残っていればペダルを漕いだのですが、疲れました。身体がもうぺちゃんこで無理だった。そこで今日は「空気入れ要らず」の自転車タイヤの話題を。

Bicycle tires lose pressure due to air molecules diffusing through the rubber sidewalls.  This requires cyclists to fill their tires on a fairly regular basis due to the high operating pressures (up to 120 psi) and thin sidewalls of most bicycle tires.  PumpTire solves this problem by incorporating a pumping mechanism directly into the tire.  And this means ... fewer pinch flats, no more pumping, hands stay clean, less time getting ready and more time on the saddle. 引用元=kickstarter

自転車のタイヤはサイドウォール部から空気分子が漏れて空気圧を減ります。このためサイクリストは空気を都度入れて、120PSIくらいまで圧を保たせま す。PumpTireは空気入れのメカニズムをタイヤに合体させて、この問題を解決します。つまり…パンクする回数が減り、空気入れも必要がないため手は 汚れず、ムダな時間をつくらないのです。



『PumpTire』 とは一体どういう仕組みか。まずタイヤの外側の真ん中にLumenと呼ぶ空洞の細いチューブがぐるりと組み込まれている。走行によりこのチューブが凹まさ れ、プレッシャーを作り、その圧で空気を内部のチューブに送り込む。空気圧を感応するバルブが設定圧(シティサイクルなら65PSI、ロードタイプなら 100PSI)に達したら、エア吸入を遮断する。嘘っぽいと思うだろうか。では次の動画を見てくれ。

たった1.6km走って半分以上になった。う〜ん、凄い。

この仕組みの開発元はPumptireという会社。2種類のタイヤ(26インチと700c)の製品化を目指して、現在Kickstarterで開発資金25万ドルを公募している。25万ドルの使途は1)エンジニアリグデザインの完成;2)製品テスト;3)開発ツールの購入;4)素材の購入である。8月28日現在102人から8,486ドルを集める。あと1ヶ月と1週間で24万ドルの道は遠いようにも見えるが、どうだろうか。

【ノーパンクってもあるけれど】
それでひとつ思い出したが、ノーパンクなら『リペアムゲル』というタイヤ(チューブ)加工があった。

自転車や車いすのタイヤに溶融したリペアムゲルを満タンに充填し固めたものが「絶対にパンクしない」タイヤです。空気の代わりにリペアムゲルをタイヤチューブに流し込み固めていますから、クギをグサッと刺したとしても抜ける空気が入っていない、という仕組みです。引用元=株式会社マステックHP

熱可塑性樹脂をタイヤ中に充填し固めて、釘が刺さっても大丈夫という技術。ひと昔前のウレタン充填より性能がいいということだが、両方のタイヤで作業賃1万 円である。ただ3kgの重量増ではロードバイクはちょっとなと思う。悪路を走る電動自転車、郵便局や宅配便の自転車には向いている。



ちなみにぼくは携帯空気入れをチャリに積んで、メッセンジャーバッグには交換チューブを入れている。2本セットで500gくらい。タイヤレバーもカッター ナイフも持っている(ペットボトルを切って簡易バケツにする)。どうかしているかも(笑)。でもゴムである限り空気は抜けるし、パンクはいつかやってく る。道ばたや公園で自転車修理もまたよし。

そこでひとつ提案。ガソリンスタンドでパンク修理セットを売ればいい。隅っこで修理もできるようにする。エアはあるしタイヤを外すツールも貸せばいい(稀にパンク修理するところもあるようだが)。便利だしステーションの好感度もアップします。

|

« もらった仕事はピカピカにする。 | トップページ | カバーと中身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/41395822

この記事へのトラックバック一覧です: 走るだけでエアが入る自転車ポンプタイヤ:

» 島田紳助引退の謎 「人間マンダラ」での政治的発言「ワシの御門事件」? [島田紳助引退!思わぬ真相!]
島田紳助引退!思わぬ真相!渡辺二郎 羽賀研二 金本 流出動画と女性 [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 09時17分

« もらった仕事はピカピカにする。 | トップページ | カバーと中身 »