« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の30件の記事

2011年9月30日 (金)

エレベーター・スピーチの話

三菱電機が上海の超高層ビル向けに世界最速=分速1080mのエレベーターを受注した。これまでは東芝製の分速1010mがギネスブック世界記録だった。



上海中心大厦の「地下2階から地上119階の展望デッキまでを55秒で直行」がその世界最速の三菱製エレベーターで、秒速18mかつ時速60kmで上下する。これだけ速いと乗客も吊り輪やベルトが必要だろう。もちろん“エレベーター・スピーチ”は短くなる一方だ。

続きを読む "エレベーター・スピーチの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

なでしこJAPANの人気のために

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードとこぼれ話です。

郷好文の“うふふ”マーケティング
なでしこJAPANがもっと強くなるように、4つの施策を考えてみた
女子ワールドカップで劇的な優勝を果たしたなでしこジャパン。テレビ番組などでの露出が増えたり、国民栄誉賞が与えられたりするなど、人気がフィーバー状態となっているが、この盛り上がりを一過性のものにしないようにするためにはどうすればいいだろうか。

続きを読む "なでしこJAPANの人気のために"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

裸がダメならせめて下着で走ってみたい。

ぼくが仕事に埋もれていた先週土曜日、アメリカのユタ州ではカラダの解放イベントがあった。

「ア ンディー・ラン (下着ランニング) 」の主催者ネイト・ポーターによれば、このイベントはユタ州の政治の保守的な性格に失望している人々を集めることを目指しているそうだ。裸は禁止され、参 加者たちはブラジャー、パンティー、ナイトガウン、水着、色とりどりのボクサーショーツなどを着用した。一部の人々はそこに同性愛者の結婚支持などの政治 的なメッセージを加えた。引用元=エキサイトニュース

続きを読む "裸がダメならせめて下着で走ってみたい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

utteらしさ

cherryさんが黒い格子の金属製のワイヤーネットを持ってやってきた。
「ネット買いました。足のゴムとレールも」
「ほい。作り始める前にローソンのブログを書くから待って」
「じゃあ私、銀行振込みと買い物に行ってきます」
せっせとブログを書いて誠ブログに投稿すると彼女が戻ってきた。
「さあやるか」と始めたのは「看板のリフォーム」である。



この看板はutteの仕事を始めた2008年12月から使っている。左足の添え木を見たまえ。ほぼ3年、骨折しながらもよくがんばってくれた。数ヶ月前再度転倒し複雑骨折をした。先日事故で再び転倒。「そろそろこの看板もお役ごめんか…」。そこで看板リフォームを思い立ったわけ。

続きを読む "utteらしさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

在宅ワーカーの達人になる方法

平日も土日もなく働くぼくは仕事が生活で生活が仕事である。サラリーマン時代はまだ生活と仕事は“フスマ一枚”ほどの薄さで仕切られていたけど、今 はどっちも区切りがなくて、まるで布団部屋の中で暮らしているようなのだ。布団でも家でも何かしら働いている。家でのほほんとして能率が下がる日もある。



そこに『在宅勤務者の労働時間、5人に1人は1時間以下』という調査がある。なんとみんなちっとも働いてない。ぼくよりさぼってる。

在 宅勤務する米国人のほぼ5人に1人は、1日の労働時間が1時間以下であり、3分の1はパジャマのままで仕事しているという。この調査は CareerBulderが5,299名を対象に実施したもの。40%の在宅勤務者は労働時間が4時間以上8時間以下と回答し、1時間以下も17%に上 る。引用

続きを読む "在宅ワーカーの達人になる方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

原点は手づくり。

この3連休、ぼくはずっとギャラリーのお守りをしていた。今日で個展が終わり明日は次の個展の準備。鼻炎がでて後片付けはキツかった。ただ良いこともあった。最終日の今日売れた絵がそれ。他の作品に比べると地味で、モノクロに近い素朴な蓮の素描作品。そこには画家maruさんが絵を描きだした時の“原点”が詰まっている。良い買い物をされた。

それで思い出したのは、ぼくらの事業の原点。それは“手づくりを広めること”。アートにせよデザインにせよ手づくりを売りたい、作って楽しみたい。

だからcherryさんとぼくは手づくりとなると色めきだつ。次の画像は10月にやるイベントの告知ポストカード。エプロンの展示販売と、試食もできる料理教室がセットで『エプロンマルシェ(お料理がだいすきな人のための2週間)』と名付けた。画像のエプロンは厚紙でチョキチョキ作り、それを膝掛けの布の上に置いて、スキャンして…と手づくりをこめた。

続きを読む "原点は手づくり。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

ソフトバンクのおとうさんは正道へ?それとも邪道へ?

おとうさんが家を出た。「正しい道を選ぶよ」と犬小屋に書き置きを残してどこかに去った。おとうさんの足跡をたどると、道はふたつに分かれていた。ひとつは正道、もうひとつは邪道らしい。さておとうさんはどっちへ?iPhone4ホワイトを首から下げているので、「iPhoneを探す」をONにさえしていれば見つかるはずだが…。



auからiPhone発売のニュースが伝わった時、「全ての人に分かれ道はやって来る。問題は、そこで正道を選ぶか邪道を選ぶかだ」という孫正義氏のツィートが話題になった。分かれ道とは何なのか。auが邪道でソフトバンクが正道なのか?そんな声が多いのですが…。

続きを読む "ソフトバンクのおとうさんは正道へ?それとも邪道へ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

へえ…これあれですか。

うーむ、こういう世界もあるのか。ちょっと見には化粧品?

続きを読む "へえ…これあれですか。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

『水戸黄門』打ち切りのワケとこぼれ話

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードとこぼれ話です。

    郷好文のうふふマーケティング:

“楽園思想”が受け入れられなくなった!? 『水戸黄門』打ち切りのワケ
1969年の放映開始から42年も続き、今年12月ついに終了するTBSドラマ『水戸黄門』。長寿番組が打ち切りとなった背景には、消費者のどんな変化があったのだろうか。
続きはこちら

続きを読む "『水戸黄門』打ち切りのワケとこぼれ話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

自分の風をつかむ方法

台風の雨風、すごかったですねえ。雨が止み大風をやり過ごそうとぼくは仕事場にとどまってました。ちょい早めに出た相棒cherryさんは、 TX(つくばエクスプレス)にすんなり乗って走り出したのに、途中で止まっちまって車内にカン詰めになったと一報あり。あららたいへん。

続きを読む "自分の風をつかむ方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

『罪追人』をひと足先に読んで

知人から一冊頂った本がある。『罪追人』、桃谷優希著。発売日は2011年9月25日だから、台風一過の週末には書店に並ぶのだろう。本のことを書くときはいつも半歩以上遅れているけれど、今日はひと足さきに本の感想を簡潔に書いてみたい。



愛する人を殺された被害者たちはどう生きるのか?
という点と点でつながる物語である。まず構成が面白い。

続きを読む "『罪追人』をひと足先に読んで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

16歳ならでは“すーっとまっすぐ”

日米で16歳ががんばっている。レクシィ・トンプソン/Lexi Thompson、16歳ツアー最年少優勝。

"Paula Creamer came up to me and said, 'If anybody was going to change the record, it should have been you,'" Thompson said. "That meant a lot." 引用元= The Associated Press

「ポーラ・クリーマーが私のところに来て言ったの。もしも誰かが記録を塗り替えるとすればそれはあなたじゃなきゃ。これは大きかったわ」

続きを読む "16歳ならでは“すーっとまっすぐ”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

Nike Magで過去の未来へ向かって

それほど靴に思い入れはないが、病気の手記を読んだら、じんときた。

ナ イキジャパンは、9月22日(木)にナイキ原宿にて幻のスニーカーといわれた2011 NIKE  MAGを1足限定で、オークション販売する。特製ハードケースに入ったこの限定シューズには、ナイキCEOのマーク・パーカーサイン入り特製セラミックミ ニチュアレプリカ(限定品)も含まれる。引用元=TVgroove

続きを読む "Nike Magで過去の未来へ向かって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

ノートもまた相棒なのである。

郷さん、突然なのですが良いノート(紙の)をご存知でしたら、ブログでいつか取り上げて頂けますか?できればA4近くの大きさで、メモも、お絵描きもできて、外側はビジネス仕様なのに中はアイディア爆発させられそうな・・・しかも$10以下。宜しくお願いします!

juncothebirdさんからの「オーダー入りました!」。こだわりなき人には「束ノートでいいじゃん」。でも仕事に誇りを持ち、熱意をこめる人びとにとって、ノートはアイデアの源泉であり、活路を開く最前線である。まずちょっと高いけれど表情がいいノート。

続きを読む "ノートもまた相棒なのである。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

maru cats 2

光の方に向かって歩く30匹の猫たちがいる。画家maruさんはこう書く。

沢山の猫。進む姿、その特性は、それぞれ違います。
その心はどこから生まれ、どこへ行くのか。(過去、現在、未来)
先の見えない、不安の多い世の中。
−光を見つけ、照らされ、輝き、全てに広がって行くように−
願いながら描いた猫達が、光に向かい歩き続けます。

続きを読む "maru cats 2 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

IKEAポエングとDO.プロジェクト

今日はビジネスメディア誠で連載するうふふマーケティングとレノボのPR記事へのリードと、本音の想いです。

郷好文の“うふふ”マーケティング:日本人製作のIKEAのベストセラーチェア『ポエング』、“清貧”デザインの秘密
IKEAで30年以上世界的なベストセラーとして君臨してきた『POANG/ポエング』。そのデザインをした中村昇氏のセミナーに出席した筆者は、日本製品に何が足りないか気付いたという。

続きを読む "IKEAポエングとDO.プロジェクト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

エイミー・ワインハウス/Amy Winehouseの誕生日に

今日はエイミー・ワインハウス/Amy Winehouseの28回目の誕生日。もしも生きていればだが。



2011年7月23日に死因不明で亡くなった彼女は、この3月に素晴しいセッションを行っていた。御大トニー・ベネット/Tony Bennettとのデュエット、ジャズスタンダード『Body and Soul』。誕生日を祝して今日からMTV(日本サイト)で公開されている。ぜひ聴こう。デュエットの素晴らしさ。ワンダフルだ。

 
曲はこちらから

続きを読む "エイミー・ワインハウス/Amy Winehouseの誕生日に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

無灯火自転車にはワンコインの反則金を

米経済誌「フォーブス」(アジア版、2011年8月31日発売)が「2011年 アジアの中小企業200社」(売上高10億ドル=770億円以下を対象)を公表した。その中で、日本で唯一選ばれたのが、自転車の製造・販売の会社「あさひ」。引用元=J-cast


画像引用元=あさひ

続きを読む "無灯火自転車にはワンコインの反則金を"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月12日 (月)

光へ向かって歩く猫がいっぱいの絵画展

勤めていた会社が酸素不足で息がしにくくなった頃、cherryさんと二人でよく話していたことがあった。それは夢みたいな会社の話だった。夢は2つあった。

ひとつは、温かいご飯がオフィスで食べられる会社。お弁当は冷めてるし、添加物もあるし飽きる。外食も美味しい店は混んでるし、相席になると落ち着かなかったりする。それならいっそー。

「オフィスでぽこぽこご飯が炊ければいいのに」とcherryさんが言った。
「わかった。オフィスグリコの冷蔵庫みたいに、炊飯器を会社をレンタルして、お米を売るビジネスだな」とぼく。
「お昼前になると、湯気がデスクの下から上に上がってきて…なんて幸せ!」

勤めていたのはそんなことができる会社ではなかった。雰囲気のカケラもなかった。だが今、仕事場のアートマルシェ神田では炊飯器がある。ぽこぽこしているのだ、この通り。(せっかく炊いたのに、鼻炎のせいで今日のお昼は飛ばした)。


続きを読む "光へ向かって歩く猫がいっぱいの絵画展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

気仙沼の千田満穂さんのこと。

今日は日本の3.11から6ヶ月目、米国の9.11から10年を迎えた日。黙祷された人もいるだろう。ぼくは2時46分を過ぎちまった時刻に、自分の意見を言おう、自分に素直な生き方を貫こう、自分らしい表現をしようと思った。北を向いて合掌。



ちょうど昨日届いた『プリバリ印』(JAGAT発行)2011年9月号のぼくの連載は「復興への底力―気仙沼にベイブリッジを架けた折り込みマップ」である。ちょっと長いが冒頭の数節を引用しよう。

続きを読む "気仙沼の千田満穂さんのこと。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

フウガ東京とぼくの苦闘

今日は原稿と苦闘した。家でしばらく苦闘し、仕事場に移って苦闘し(今日はcherryさんとeriさんの料理教室の日で、料理好きの女子の笑い声がぼくの心の苦闘に響いた)、苦闘をいったん空っぽにするために墨田区総合体育館に行った。久々のフウガ(FUGA)東京の試合である。


続きを読む "フウガ東京とぼくの苦闘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

デザイナー奥山清行さんの講演から教わったこと。

デザイナー奥山清行による「ムーンショット」デザイン幸福論』が素晴しかった。ぼくは通勤電車中、藤村 厚夫さんのツィートで知って、車内美人観察を中断し一気読みした。みんなが素晴しいと書いていて、まさに屋上屋を重ねるようで若干気が引けるけれど、ぼくの感動ポイントも書いておきたい。



モダンなクラシックカー『k.o 8』、後方からのビューは彫刻のよう。ピニンファリーナでフェラーリをデザインした男の、彫刻のように絞り込み、絞り込んでゆく話だった。ニコ動も講演資料配布も無しという長時間の講演、Giagazinはよくまとめてくれました。ありがとう。

続きを読む "デザイナー奥山清行さんの講演から教わったこと。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

東電からのありがとうとTechCrunchへのありがとう。

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと、TechCrunchの編集騒動についての感想です。

電力料金値上げの前に……「ありがとう」を伝えてほしい
火力発電を増やすことを理由に、電気料金の値上げ申請を検討しているという東京電力。しかし、その前に東京電力にはやるべきことがあるのではないか、と筆者は主張。同じく国策会社のJALの経営姿勢と比較する。

続きを読む "東電からのありがとうとTechCrunchへのありがとう。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

男はつまらない。

ふたりのオナゴに火を点けてしまった。いやぼくが点けたわけじゃない。かき氷が火を点けたのだ。



その存在を知ったのは『トーキョーウジキントキ』だったか、cherryさんだったか、おぼろげだ。ともかくcherryさんは先週土曜にそこに行った。通算3度目くらい。

「黒蜜、大絶賛です!超美味しかったです!」

続きを読む "男はつまらない。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

iPad2を買ったMakikoさんに。

今日から久々に或るプロジェクトで相棒を組むMakikoさんは、どうやらiPad2を買うらしい。いやもう買ったかな?聞きそびれた。そんなMakikoさんに幾つかiPadグッズをご紹介。

iPadは入力マシンではなく“Stock(保存)-Edit(編集)-Post(ネットに投稿)”マシンであると、ぼくと林田浩一さんは言ってきたけど、できれば入力にも使いたい。ひとつ良さげなiPad用キーボードを見つけた。

iPad2 用で面白いのが、ロジクールが発売した「キーボードケースFor iPad 2」という製品です。キーボードの後ろに、iPad2を立てる溝があって、縦横どちら向けでもちょうどいい角度で立てられます。ですが、この製品の一番の 特徴はその名の通り、キーボードがそのままiPadの画面を保護するカバーになることです。引用元=asahi.com

続きを読む "iPad2を買ったMakikoさんに。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

水害対策、ちょっぴりうふふ。

台風12号はでかかった。大雨・洪水・土砂崩れで数十人の死者・行方不明者を出し、温帯低気圧になってもまだ北海道で大雨が降らせている。その少し前アメリカでは、ハリケーン『アイリーン』が各地で洪水をもたらせた。



この写真は洪水で流されたコテージの階段です(ノースカロライナ州)。今さらだけど今日は水害対策をテーマに。

続きを読む "水害対策、ちょっぴりうふふ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

ギターのギブソン/GibsonへのFBI家宅捜索

ギターの名門ギブソン/GibsonにFBIの家宅捜査が入った。ギターに使う木材や電子ファイルなどを差し押えたという。


画像引用元

ギブソンは以前から、マダガスカルの自然保護区で不法に伐採されたエボニー材を入手していた疑いがあるらしく、それ以外の地域での不法伐採木材の輸入が行わ れた可能性もあるとして調査が入ったようだ。木材の世界事情に詳しい専門家によれば、「現在のマダガスカルのエボニーの不法流通は、アフリカのブラッド・ ダイヤモンド並ぶ程の規模の深刻なものであるらしく、環境問題としても社会問題としても無視できない」とのこと。引用元=日経

続きを読む "ギターのギブソン/GibsonへのFBI家宅捜索"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

裁量権とサポート:コンサル稼業への考察

裁量権さえあれば、会社は楽しく健康に過ごせるーはずなのだが、テルアビブ大学で1988年から20年かけて成人男女を追跡した調査(Wired日本版)では、興味深い結果が出ている。


画像引用元:『机上版昼寝枕』欲しい!2,500円くらい

調 査の結果、裁量度が低く、かつ、同僚の友好度も低い職場環境に置かれた場合、男性の被験者においては死亡率が上昇したのに対し、女性の被験者においては死 亡率の低下傾向がみられた。すなわち、女性の場合、仕事において裁量権を与えられないほうが、健康状態は良好だったのだ。引用元=Wired

続きを読む "裁量権とサポート:コンサル稼業への考察"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

グリーンなナチュラルプールに癒されて

湿度が高くて過ごしにくい日でした。家でインタビュー原稿を書き、仕事場に移動してパラパラと仕事をして、低栄養価が明らかな食べ物を飲み込み、実りがなかった営業をして帰社して原稿を仕上げた。ああ実に疲れた。そういう日はグリーンが欲しい。

The general idea is that the Biotop pools look far more natural, surrounded by reeds, tall grasses and rocks they better blend into the landscaping around your backyard. In fact, the pools apparently stay clean and algae free without the need for any harsh chemicals like chlorine thanks to its natural approach.引用元=Oh!gizmo

続きを読む "グリーンなナチュラルプールに癒されて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

スティーブ・ジョブスからの手紙への“返信”

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードと、Appleに関しての四方山話です。

郷好文の“うふふ”マーケティング:スティーブ・ジョブスからの手紙への“返信”を考えてみた
8月24日に電撃的に発表された、Appleのスティーブ・ジョブスCEOの辞任。それに伝えた「スティーブ・ジョブスからの手紙」に、Apple製品のヘビーユーザーでもある筆者が返信してみた。続きはこちら

続きを読む "スティーブ・ジョブスからの手紙への“返信”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »