« 気仙沼の千田満穂さんのこと。 | トップページ | 無灯火自転車にはワンコインの反則金を »

2011年9月12日 (月)

光へ向かって歩く猫がいっぱいの絵画展

勤めていた会社が酸素不足で息がしにくくなった頃、cherryさんと二人でよく話していたことがあった。それは夢みたいな会社の話だった。夢は2つあった。

ひとつは、温かいご飯がオフィスで食べられる会社。お弁当は冷めてるし、添加物もあるし飽きる。外食も美味しい店は混んでるし、相席になると落ち着かなかったりする。それならいっそー。

「オフィスでぽこぽこご飯が炊ければいいのに」とcherryさんが言った。
「わかった。オフィスグリコの冷蔵庫みたいに、炊飯器を会社をレンタルして、お米を売るビジネスだな」とぼく。
「お昼前になると、湯気がデスクの下から上に上がってきて…なんて幸せ!」

勤めていたのはそんなことができる会社ではなかった。雰囲気のカケラもなかった。だが今、仕事場のアートマルシェ神田では炊飯器がある。ぽこぽこしているのだ、この通り。(せっかく炊いたのに、鼻炎のせいで今日のお昼は飛ばした)。


もうひとつの夢、それは猫のいるオフィス。猫がにゃんにゃん膝の上に上がってきて、ひょいと机の上に上がって、キーボードを叩いちゃう。

「こらこら、だめだよ。キミが原稿書いてくれるの?」

そんなにゃんにゃん会社である。だがオフィスで飼うとなるとむつかしいこともある。夜はどうするのか?おしっこウンチはどうするか?他のフロアでオイタしたらどうしよう。対策が打てないまま、まだ実現していない。ところが今週からそれが実現しそうなのだ。



明日2011年9月13日から開催する画家maruさんの『光の方へ』絵画展。猫の絵がいっぱい。絵の中で生き生きする猫ちゃんたちが37匹も集合した。

みんな光の方に向かって、右から左に歩いてゆく。うんと伸びをして歩きだすやつもいる。警戒して背を低くするやつもいる。すっくと尻尾を立てるやつもいる。立ち止まってこっちを睨みやがるやつもいる。



これはcherryの好きな猫。後ろ足のノビはかわゆひ。



これはぼくの好きな、こっちを見やがる猫。ぞくっとした。

展示は血統系、家猫系、ご飯だけ帰ってくる系、ノラ系などで分類してみた。どの猫もみんな「光」を目指して歩く。光とはどこなのだろう?どんな光なのだろう?

37匹いますから、一匹一匹ごゆるりと眺めて想像してみませんか。当ギャラリーではお茶出しますから、ペロペロ舐めてくださいな。猫だけじゃなくユニークな花の絵、家の絵もあります。絵はどれも販売しますし、ポストカードも特典もご用意してお待ちしております。



maru絵画展 光の方へ
展示作品数 約45点
会期: 2011年9月13日(火)〜9月25日(日)会期中無休。
平日: 13時から19時
土日・休日 11時から18時(最終日 17時まで)

会場: アートマルシェ神田
千代田区神田須田町2−25 三和ビル6F
お問い合せ 03-6206-9600  utte@utte.co.jp
・JR、つくばエクスプレス、東京メトロ日比谷線 秋葉原駅より徒歩3分
・都営新宿線 岩本町駅より徒歩2分
・銀座線神田駅・丸の内線淡路町・千代田線新御茶ノ水も徒歩圏内です。



※グーグルマップでは番地の枝番がないため正確な場所を示しません。ぐぐらず、こちらの地図を頼りに来てください。

|

« 気仙沼の千田満穂さんのこと。 | トップページ | 無灯火自転車にはワンコインの反則金を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/41657376

この記事へのトラックバック一覧です: 光へ向かって歩く猫がいっぱいの絵画展:

« 気仙沼の千田満穂さんのこと。 | トップページ | 無灯火自転車にはワンコインの反則金を »