« デザイナー奥山清行さんの講演から教わったこと。 | トップページ | 気仙沼の千田満穂さんのこと。 »

2011年9月10日 (土)

フウガ東京とぼくの苦闘

今日は原稿と苦闘した。家でしばらく苦闘し、仕事場に移って苦闘し(今日はcherryさんとeriさんの料理教室の日で、料理好きの女子の笑い声がぼくの心の苦闘に響いた)、苦闘をいったん空っぽにするために墨田区総合体育館に行った。久々のフウガ(FUGA)東京の試合である。


前節退場者を出し、苦しみながらも引き分けで2位を確保(関東フットサル1部リーグ)。今日勝てば単独首位になる。総合体育館の素晴しい競技場、前よりもお客さんは増えている。第4試合、フウガ東京 vs ファイルフォックス府中。さてフウガの面々、試合前は威勢がよかった。ひさびさに斎藤あゆみさんにも会った。

さあて試合開始。なかなかエンジンがかからない。チグハグしてボールが前にゆかない。まとまりがないわけではないのだが、なんだろう、スムーズさがないんだ。以前観たとき(半年くらい前だろうか)はもっとサイドが開いて、パス交換にも切り込みにもダイナミズムがあった。

須賀監督も同じことを思ったのだろう。選手交代を早めにした。すると動きはよくなったが、府中の方がリズムと力強さがある。それもだんだん強くなる。2度、3度のチャンスが続き「これは入るな」と思ったら、入った。府中11番吉成選手のGooooal!フウガ、してやられた。



0-1
、さあこれでエンジンがかかるかしら。須賀雄大監督の背中はちと寂しいが…。前半の後半時間帯、両者攻め合いを制したのはまたもや府中。ズドンと8番高橋選手が決めて0-2。今日のフウガはどこかもの足りない。

おかしいな。誰か足りない。…とぼくは気づいた。深津選手がいない。彼はキャプテンでもあり要の選手だ。どうしていないのだろう?怪我か?どうも選手の連携が乏しいのはそのせいだろうか。疑問だらけで前半終わり。念のためフットサルは20分ハーフで、ボールがラインを割るとタイムは止まる。バスケットと同じである。

チアリーダーの曲芸が済んで、さあて後半。監督の指導ゆえか前半より試合運びはいい。だがあと一歩で入らない。おいおいこのままかい、子供達の「フウガ、がんばれ」の声援は止まない。

すると後半8分、GKからのパスを相手がスリップして受け損なったところを、3番の金川選手が奪って蹴り込んだ。敵失で得点!なんとまあ、こんなことも。これで1-2になった。



ところが、これをきっかけに試合のテンポが悪化した。府中の監督や選手がことあるごとに「ここ滑る」と言って、モップで拭かせて試合が中断する。それってどうなんだろう?スポーツマンと言えるだろうか

試合はフウガが「あと1点!」と前のめりになったところを、ドリブルで抜け出した府中7番望月選手がゴールをゲット。ああ万事休す、1-3。帰る人も出て来た。だが子供達の声援は大きくなるばかり。幸せだなフウガの選手。



応援のせいかチャンスは巡ってきた。あと3分で、府中の選手にレッドカード!退場だ。これで4人対5人。まだ勝てるチャンスがある!ところがゾーンディフェンスを敷かれると、狭いコートだから破るのはむつかしい。攻めあぐねるフウガ。刻一刻時間はなくなる。あと36秒となったところで3番神尾の奇跡のゴール!場内最高潮!2-3だ。あと36秒ある!

応援最高潮のまま、終了。。。お疲れさま。フウガ東京の苦闘日だった。帰宅してフウガ東京のHPを見ると、9月3日付けで「退団選手のお知らせ」があった。

深津 孝祐からのコメント
「この度、私、深津孝祐は、フウガ東京を退団することになりました。シーズン途中での退団となり、とても申し訳なく思っています(後略)」

6年も在籍しての退団、いろいろあるんだろう。移籍先に選手登録があった。お疲れさまでした。ぼくの原稿との苦闘は続く。1本はすっきり終わったがあと2本。明日は抜け出すぞ。心にモップをかけてくれ。

|

« デザイナー奥山清行さんの講演から教わったこと。 | トップページ | 気仙沼の千田満穂さんのこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フウガ東京とぼくの苦闘:

« デザイナー奥山清行さんの講演から教わったこと。 | トップページ | 気仙沼の千田満穂さんのこと。 »