« マイペースのカレンダーを創ろう! | トップページ | ぼくの2011年重大ニュース »

2011年12月30日 (金)

年末にふたつのHPをつくる〜『社会人の引き出し』と『hütte』

今年中にやろうと思っていたのがホームページづくり。昨夜ひとつはつくっちまうはずだったが、tomoyoさんからもらったCD動画を見だしたら止まらなくなって…『Muddy Warters with Rolling Stones』。



おっとこれは本題ではない。一日遅れのスケジュールで(掃除の合間に)大晦日前日にHPづくりをした。ひとつ目は『社会人の引き出し 留学生就活支援プロジェクト』。MAKIKOさんとふたりで来年からしっかりやる。



社会人の引き出し”というネーミングは、新・社会人たるものいっぱしになるためには、“引き出し”をたくさんもってなきゃらないという意味。マーケティング・マネジメント・文化・歴史を一貫させるコンテンツで、彼ら留学生が「日本で生き抜く引き出しづくり」を支援したい。

成功すれば留学生は日本での就職を実現し、大学は就職率がアップし、日本の会社はアジアの優秀な人材がゲットできる。大学等クライアント探しはこれから。アジアがハッピーになるプロジェクトに関われてほんとうにありがたい。

ふたつ目は『カフェ&ギャラリーhütte(ヒュッテ)』、アート事業を長野県まで拡張する。



スローライフがいっぱいの長野県野沢温泉村のスタイリッシュなホテル“アドレス野沢”のフロントにオープンしたショップでは、アート作品やアートグッズの展示販売だけでなく、珈琲とケーキやパンを提供する。cherryさんとぼくは飲食やグッズのオリジナル商品の企画・製造、アート作品・商品の供給、ワークショップやイベント企画を担当する。うまくゆけばこの施設だけでなく、村の施設や協会を巻き込んだ大きなイベントも企画したい。

野沢温泉の特徴は「商業化されていない」「自然がたっぷり」「外国人が多い」。2年後に新幹線が開通するが(飯山駅)、あまり開発せずにビレッジライフを楽しむ場であってほしい。そのための小さな支援ができれば、これもほんとうにありがたい。

さてHPの構築のこと。引き出しの方はwordpress.comで、hütteはFacebookの企業ページでつくった。どちらも数時間でHPができてしまうのが凄いね。なぜそういう選択をしたかを書いておこう。

社会人の引き出しのターゲットは「留学生を集めたい大学」。教育機関にとってはホームページ型が読まれやすいし、思いがきちんと伝わりやすい。だからHPに近いブログをチョイスした。

hütteのターゲットは「ディスティネーション消費者」。わざわざ野沢温泉まで来てくれる人であり、スキー上級者、長期バカンス滞在者、そして外国人が多い。商品入荷やイベントのお知らせ、画像の紹介はFacebookがやりやすい。それにインターナショナル仕様なので、外人にもわかりやすい。なるべく英語併記でゆきたいし。

HPといえばひと昔前は“SEO”や“タグ”、今は“フォロー数”などを気にするじゃないですか。いずれも違う。目立ちたがり、売りこみはダメ。ナチュラルに誠実であること。「ありがたい仕事」のことをみんなに知ってもらえればいい。HPではそれが伝わればいい。

|

« マイペースのカレンダーを創ろう! | トップページ | ぼくの2011年重大ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/43564994

この記事へのトラックバック一覧です: 年末にふたつのHPをつくる〜『社会人の引き出し』と『hütte』:

« マイペースのカレンダーを創ろう! | トップページ | ぼくの2011年重大ニュース »