« 地球はクルマでつながっている | トップページ | 温泉の熱さに慣れる方法 »

2011年12月 1日 (木)

温泉地よりスティーブ・ジョブズ自伝の感想をお届けします。

今日、郷と相棒cherryさんは某温泉地に出かけております。なぜ温泉でのほほんとしているか?くわしくはビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”をご覧ください。今回は温泉プロモーションをテーマにしました。

郷好文の“うふふ”マーケティング:“レディー・カガ”に続け! 温泉地を沸騰させるプロモーション
絶妙なダジャレで日本の一部を震撼(?)させた、加賀温泉郷の“レディー・カガ”キャンペーン。震災や原発事故で観光客が減少する中、温泉地はどのようにプロモーションすればいいのだろうか。

続きはビジネスメディア誠で。では温泉地からごきげんよう(このブログはタイマーセットで公開しています)。

と言ってオサラバでは読者に申し訳ありません。一部の方々には「またか」と言われる“ジョブズ狂い”、一昨日読了した自伝『STEVE JOBS』から感想を書きます。いやあ痺れました。今年最高の一作であるばかりか、ビジネス書大嫌いのぼくにとって、唯一無二のビジネス座右の書になりました。



スティーブ・ジョブズはAppleの創業者であるのはもちろん、カルト向けじゃないコンピュータの発明者、iPodとiTunesで音楽産業を塗り替え、 App Storeでソフトウエアを激変させ、iPadでコンピュータをタブレットに変えた男。彼を間近なビビッドな目線で、またコンピュータ産業界からの公平な 視点で網羅した本。同世代でも後世の世代でも歴史をたどる本でもあります。自伝なのに一級の経営指南書であるのが凄い。

気になる箇所にたくさんポストイットしましたが、ゆっくり書き写します。今日は感じたことを幾つか。

1、絶対にアンドロイドは買わないぞ
のっけから過激ですが(笑)タブレット型のスマートフォンはiPhoneから発明された。アンドロイドは真似だし、サムソンが幾ら抗弁しても独創性は感じない。ぼくはどんなものでもできるだけ「正統な物」を買いたい。

2、シンプルが好きになった
Apple製品のシンプルさの意味がよくわかった。ハードもソフトもアプリもパッケージも、製品ラインも広告も、一貫してシンプルを追求するのは、それが美しいという信仰以上の盲信があるからだ。こんなメーカーは他にないだろう。がちゃがちゃしたものはもう買うまいと思った。

3、垂直統合な生き方をすべきか、オープンは生き方をすべきか
マイクロソフト=オープン型、外部者を巻き込んでビジネスを創った。Apple=クローズド型で、自社で完結する垂直統合ビジネスを創った。どちらも成功を収めた。結局生き方や仕事の仕方も、どちらかにすべきなのだ。どっちつかずだから成功しないのだ。自分はどっちの生き方が似合うのだろうか?結論は見えている。

4、“現実歪曲空間(Reality Distortion Field)”をつくろう
ビジネス創出とは既存の何かを変えることである。それは大抵困難を伴うので、現実空間を力で歪曲するようにしないとできない。ジョブズは現実空間を歪曲するスーパーマンだった。自分らしく生きようとすれば、どんなに小さくても、世間という現実を歪曲をしないとならないのだ。

5、ぼくのタートルネックを探そう
イッ セイ・ミヤケのタートルネックのエピソードは楽しかった。ジョブズが日本のSONYを訪問した時、盛田昭夫に「なぜ皆、制服を着ているのか?」と訊いた。 盛田は「戦後、着るものがなかった時代に制服を支給したのが始まりだ」と答えた。ジョブズはAppleに戻り、制服を提案すると社員に総スカンをくらっ た。三宅一生に依頼していた仕事が無くなり、申し訳なく思ったジョブズはタートルネックを100枚注文した。

一貫性がある仕事は、自分のスタイルから始まっている。だが、タートルネックを探しにユニクロのバーゲンに行こうかと思ったぼくは罪深い(笑)。

とりあえず以上だ。あ、one more thing。自分が英語を読めることに感謝したい。英語じゃないとつまらないと思うのだこの本。平易な英語なので、TOEIC730点あればスラスラいけますので、ぜひ英語で。

英語は、日本社会の常識に、既存のビジネス慣習に、昨日までの自分に反抗する第一歩である。たしなみとしても必要。今日は以上です。

|

« 地球はクルマでつながっている | トップページ | 温泉の熱さに慣れる方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/43207294

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉地よりスティーブ・ジョブズ自伝の感想をお届けします。:

« 地球はクルマでつながっている | トップページ | 温泉の熱さに慣れる方法 »