« 美人でも喋りに知性がないと、瞬間で幻滅する。 | トップページ | ぼくの2011年の漢字は「イチ」 »

2011年12月27日 (火)

新年には新しいポイントカードを!

日々の暮らしにもポイントカードがあるような気がする。良いことをしたり、がんばったりで1ポイントずつ貯まる。貯まったらお返しがあるような。

昨日メトロのホームで手袋を拾った。婦人物の高価そうでフカフカでゴージャスで。落したてのほやほやのような感じがした。人が踏みそうになるので、ぼくは道 をさえぎって拾いあげた。片方の手袋って相方をなくしたツガイのようで哀れだ。階段を上り、改札の係員に渡した。見つかればいいねと思いながら。

改札を抜けるとすぐ前にオバサマ2、3名がいた。上品な身なりから「ひょっとしたら…」と思いつつ、オバサマたちに並んだところで、後ろから声が聞こえた。

「あなた手袋落さなかった?今届けられたのがあるの…」

後ろから来たご友人のオバサマ達が、先行するオバサマたちに声をかけて立ち止まらせた。ぼくは彼らを振り返らずに“よかったね”と呟いた。そこでふと思ったのがポイントカードだ。お店のじゃなくて、心の中にあるカードというか、良いことをしたので1点ゲットした感じがした。



商店のポイントカードはお金を払って買った分に応じてくれる。マーケティングで“顧客囲い込み”という、つまりリピーターづくりの古典的なテクである。だ が買った時ではなく、後でオマケをしてくれるもので、使わないと失効するので、“お徳はイリュージョン”でもある。いやまあ、マーケティングというものが そもそもイリュージョンなのだが(笑)。

さて、暮らしのポイントカードは買ったから貯まるわけじゃない。良いことをしたり、やり遂げたりして「がんばったね」と(自分を含めた)誰かが言ってくれる時もらえる。暮れになると「ああ今年はどれだけポイントが貯まっただろうか?」と思うわけです。

ところで、仕事もポイントカードに似ている。

繰 り返しの作業も厭わず、たいていのことに腐らず、新しい挑戦もしつつ、勉強も欠かさずにやると、だんだんポイントが貯まる。そろそろ貯まったかな?と思う 頃ポイントが交換される。交換は昇進や昇給、重要なプロジェクトへの配属、お客さんからの感謝…。何かが実現する。貯めれば見返りはある。

ところが妙なもので、貯まったポイントを使うのはもったいない感じもする。全部換金するとこれまでのことがリセットされてしまう気がする。昨日までの自分が終わったみたいな。だからちょっと残しておこうかなとか思うわけで。

だめだよ残しちゃ。スカっと交換してしまおう。理由はある。

誰でも「今が最高のときだ」という充実した瞬間があると思う。「もうこれ以上の仕事はできないな」と思うことがあると思う。そんなことはない。生きていればもっと最高のときはずっとずっと未来にあり続ける。

だからポイントはしっかり貯める。潔くつかう。今までの自分と交換する。新年からは新しいポイントカードにハンコを押してもらいましょう。

|

« 美人でも喋りに知性がないと、瞬間で幻滅する。 | トップページ | ぼくの2011年の漢字は「イチ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/43533770

この記事へのトラックバック一覧です: 新年には新しいポイントカードを!:

« 美人でも喋りに知性がないと、瞬間で幻滅する。 | トップページ | ぼくの2011年の漢字は「イチ」 »