« 自転車に乗る人は、だれでもぼくの友人だ。 | トップページ | 新たなゴルフトーナメントモデルの提案by金子プロ »

2012年1月29日 (日)

Do the Right Thing for you

先週寒い地で働き過ぎたのか、今朝まで鼻炎がつらかった。集中力がなくてツラツラとネットニュースをサーフィン(死語ですな^_^)してたら妄想にハマった。なぜだかニュースとニュースがつながった。妄想にすぎないと言えば過ぎないのだが…

まず『ツィッターの検閲』が1月26日から始まった。「グローバルビジネスの拡大を続けていく中で、われわれは表現の自由の概念について異なる考え方を持つ国々にも参入することになる」と発表して、検閲・削除されたツィートをお知らせする機能を開始した。


どの国だか想像がつきますよね。でも“中東の春”のトレンドがどこに広がるのか?といえば、あんがい民主主義をうたう国からなのだ。カリフォルニアのオークランドでは反格差社会デモが起きて300人が逮捕された



ウォール街を占拠せよ」の格差反乱は全米に広がりつつある。しかし手前の女性の“盾”は旅行鞄にしか見えない(笑)。一方スイスでは、世界の富める国のリーダーが集まるダボス会議が始まった。こっちでは丸腰、ヌードで抗議だ。



前から彼女を見てみたいのはさておいて、ウクライナの女性団体のメンバーの身体には「おまえらのせいで貧しい」と書かれていた。2011年は目に見える圧政の国が倒れた。2012年からは目には見えない格差をつくる国が倒れるのだろうか。そしてわたしたちの日本は中流で平等な社会なのだろうか。



中流が幻想かどうかは、日本の国の信用が保つかどうかにかかっている。だが日本の状況は他国に比べて格段に悪い。1,000兆円の公的債務がヤバいとなれば国債が暴落し、金利は上昇、円は激安になると言われる。だが内閣が増税と言うと支持率はがくんと落ちて結局解散だ。ぼくらが信じてきた選挙民主主義には限界があるのだろうか?



そう言えば政党の支持率はいつのまにか自民党が民主党を上回っている。まあそう言ってもどっちも10%ちょいだ。政党支持無しの67%はどこへゆくのか?政治に幻滅しきっている人びとが(ぼくもだ)「最後の一票」を維新の会に託すのだろうか? ぼくは託すとは言えない。



橋下“次期内閣”がどんな手を打つか待てないぜといういうように、NECは1万人のリストラを発表し、富士通は多数のSEを開発以外に配転し、三菱電機は原価のインチキがあばかれた。一方でFacebookは遂に株式公開、7兆円を調達する。あゝ日本からは遂にでなかったな創造的起業。



この会社がまともだと思わせるの入口の看板である(引用元)。移転した新社屋の建物&敷地は元サンマイクロシステムズの所有だ。ほら看板のウラを見よう。なんとひっくり返して、リサイクルである。(引用元



太陽がウラから上るとは…日出る国ニッポンの明日を象徴しちょるのかしら。日本という太陽の国が経済的に皆既日食になったら、ぼくらはどうするのか?

ぼ くは敬愛する白州次郎氏の行動を思い出す。彼は太平洋戦争が激化して、負けるのを見越して鶴川村(神奈川県=当時)に引っ越して農業をしだした。いずれ起 こる食糧不足を見越したのだ。政治は食えんが家畜や野菜は食える。ついでに彼は家具の日曜大工にも励んだ。まさに晴耕雨大工だった。これにマウンテンバイ クがあれば、理想的な生活である。

最後に米サブプライム危機を予見したカイル・バス氏の言葉を挙げたい。

「世の中で正しいと思われていることを、そのまま受け入れないということです」引用元)自分で正しいと思うことをしよう。

|

« 自転車に乗る人は、だれでもぼくの友人だ。 | トップページ | 新たなゴルフトーナメントモデルの提案by金子プロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/43916241

この記事へのトラックバック一覧です: Do the Right Thing for you:

« 自転車に乗る人は、だれでもぼくの友人だ。 | トップページ | 新たなゴルフトーナメントモデルの提案by金子プロ »