« ダルビッシュに感じた。 | トップページ | チャットワークはライフラインにもなる。 »

2012年1月24日 (火)

ゆるいスタートアップで。

長野県 野沢温泉にオープンしたカフェ&ギャラリーhütte、まだまだ足りないことばかり。今夜から3日滞在して、店の内外のリフトアップと手づくりワークショップの準備などをする予定です。



準備したステンシルで作るのは何でしょう?明日お披露目します。外は冷えてるし、(明日から大雪予報で)雪かきは必要だし、ぼくは寒がりですが、楽しくやろうと思っています。

お店づくりといえばニューヨークの『A Startup Store』はちょっとおもしろい取り組みだ。



気鋭の小売スタートアップを集めて、4−6週間ごとに商品の総入れ替え
、 さらに店舗自体のリニューアルもして再オープンするそうだ。クリスマスセールからニューイヤー需要を狙って2011年の12月下旬にオープン。参加店は Artspace(アート)、Birchbox(ファッション)、Baublebar(ジュエリー)、Joor(ホールセール)、 Quirky(グッズ)で、1月19日にクローズ。その後coffee common(カフェ)が4日間のみサービス提供してまた23日にクローズ。



その後24日から31日まで模様替え予定で、2月1日からバレンタイン商戦向けの店舗にリニューアルするようだ。常にスタートアップのお店というコンセプトはおもしろい。消費者も何がくるかわくわくして通えますね。

何ていっても立地がいい。ぼくはNYに行ったことがないので想像ですけどね。



つまりこれは立地の良いロケーションのギャラリー展示会と同じでしょ?ぼくらがアートマルシェ神田やhütteでやっているのと似てますよ。cherryさんとぼくとで「これはいい」と思ったアートやグッズを展示販売している。あるいは、どこにもある短期貸しの不動産賃貸スペースの活用に企画を入れたとも言える。

しかしA Startup Storeが新しく見えるのは、スタートアップたちのセレクションをアピールし、商品回転率を重視するところでしょうね。そこは上手い。



彼らと比べると、ぼくらはボソボソとやっているけど、ぼくらなりの手づくり感は捨てたくない。回転率ばかりを重視せず、スローだけど良いものをたくさん売りたい。“スタートアップ=起業”という、肩に力を入れるより、ゆるく(しっかり)いきたいのであります。

|

« ダルビッシュに感じた。 | トップページ | チャットワークはライフラインにもなる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/43861962

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるいスタートアップで。:

« ダルビッシュに感じた。 | トップページ | チャットワークはライフラインにもなる。 »