« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の27件の記事

2012年2月29日 (水)

新薬開発と陰翳礼賛

和室の効用は深くて広い。靴を脱いで解き放たれる。タタミを歩けば地に足が付いた発想がわく。横にごろんと思考が転がりだす。障子の逆光が発想を逆転させる。紙・木・布・土の素材を活かす空間。そこでは“研究開発”も促進される。

医薬品の研究開発は、メーカーの研究職の中で「群を抜いて独創的なひらめきが要求される」(アナリスト)といわれる。それだけに研究所内は近未来的な最先端設備の集大成かと思いきや、意外にも「和室」を設ける製薬企業が増えている。引用元=SankeiBiz

続きを読む "新薬開発と陰翳礼賛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

続けること。

「したい人、10,000人、始める人、100人、続ける人、1人」

良い言葉だ。晴れの日も風の日も雨の日も夜の日も、続けること。これが一番むつかしい。中谷彰宏さんの言葉をFacebookでアップした人(梅原 卓也さん)がいた。

ぼくは中谷さんの本は読んでないけれど、この言葉の意味は深い。まず「したい」がほんとうにしたいのか?自分に正直が第一スクリーニング。「したい」と「始 める」の間には言い訳もあれば弱さもある。今できる範囲でやり始める。これが第二スクリーニングだ。そして「続ける」。でっかいスクリーニングだ。これは 習慣を変えることが伴う。夢とか目標とかもあるけれど、それより“肉体化”するイメージだな。

続きを読む "続けること。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

日本中のウールとウールがこんにちは。

今日は北風がぴゅーぴゅー吹いて寒かった。でも温かくなったのがこの包みである。それは“ウールの贈り物”。

続きを読む "日本中のウールとウールがこんにちは。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

司書になりたい!(ぼくらしくね)

図書館は好きだった。小学校でも中学校でも高校でも、区立図書館でもよく本を借りた。一度に3冊も4冊も借りて読まずに返したこともあった。遂に返 さなかった本もあった(北杜夫の本)。読むだけじゃない。始めてパティ・スミスを聴いたのも区立図書館から借りたレコードだった。だが図書館の司書とじっくり話したことはなかった。

司書の木下通子さんが「どうだった?」と声をかける。「チョーおもしろかった。(内容が)女子高生って感じ」と読んだ本の感想で盛り上がった。2人は週3回、図書館を利用する。「入りやすいし、司書さんの紹介してくれる本がおもしろくて」 引用元=朝日新聞デジタル

続きを読む "司書になりたい!(ぼくらしくね)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

『資本の<謎>』を読んで人民は蜂起せよ!

資本の<謎>』(作品社)は資本主義的な成長が曲がり角を迎えた21世紀初頭、経済恐慌が富める国と貧しい国にどう降り掛かり、富裕層や資本家がどう動き、中間層や貧困層はどうすべきかを考える道しるべになる本だ。

著者デヴィッド・ハーヴェイは資本論をベースにしつつ「なぜ恐慌が起きるのか?」を経済学の範疇を越え、人間の欲望や人類の膨張にまで言及し紐解く。とマジメな解説を試みたものの、文科系人類には読み通すのはなかなか骨が折れた。気になったところだけつまみ食いしたい。

続きを読む "『資本の<謎>』を読んで人民は蜂起せよ!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年2月24日 (金)

奥深きベーコン

唐突だがベーコンは奥深い。話題の“シェイク”に“バーガー”、“ドーナッツ”に“カップケーキ”……ベーコンの奥深さをご覧ください。

米 ハンバーガーチェーンの「ジャック・イン・ザ・ボックス」が先日、“ベーコンシェイク”なる妙なメニューの販売を開始した。このシェイク、同チェーンの新 しい期間限定キャンペーン "Marry Bacon"(ベーコンと結婚しよう)の一環として登場したものだが、ベーコンをシェイクにして飲むという発想自体がない日本人にとっては、いったいどの ような味なのか気になるところではないだろうか。引用元=narinari

続きを読む "奥深きベーコン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

付録って誰のために作るんだろう?

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードとこぼれ話です。

“卓上ルンバ”に吸い寄せられて――『大人の科学』の魅力を探ってみた
レコード盤蓄音機からプラネタリウム、二眼レフカメラ、卓上ルンバに至るまで、さまざまな付録が魅力の『大人の科学マガジン』。どんなコンセプトをもとに付録を制作しているのか。編集長の西村俊之さんに尋ねてみた。続きはこちら

今回の記事のきっかけは勢いでした。2、3週間前に大人の科学の“卓上掃除機”のことをブログに書いて紹介した。「あれおもしろいんですよ」とその話をビジネスメディア誠編集部との会議で持ち出したら…

続きを読む "付録って誰のために作るんだろう?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

さくら色のLEDで、さまざまの事思いめぐらす

春眠を すっきり覚ます さくら色LED(アルファベット字余り ^^;)……という『さくら色LED照明』がシャープから3月中旬より発売される

“さくら色”のあかりが寒色や暖色に比べ、「癒し」と「安眠サポート」について効果があることが実証されました。おやすみ前に約1時間“さくら色”のあかりを浴びることで、気持ちが癒され、寝つきや目覚めが良くなるといった効果があります。引用元=シャープリリース

続きを読む "さくら色のLEDで、さまざまの事思いめぐらす"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

ぐるっととぎゅっと

「まっすぐ生きたい」口で言うのはかんたん。でも現実はちがう。弱いから悩んで迷ってためらう。立ち止まり引き返し遠回りして、よろよろ進む。ふと振り返ると同じところをぐるぐる回っていたり…

今日感じたことを書いておきたい。まず今朝、連載原稿を入稿して、ひとつ提案書の仕上げもして、まだ出かけるまで時間があるから“ぐるっと”をした。

続きを読む "ぐるっととぎゅっと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

防災への備えーモノだけでなくココロこそ

用意周到なMさん(我がギャラリー管理のテナントさん)から、1通のメールが来た。

最近、直下型地震が起きるとか、実際首都圏で地震の頻度が増えているので、地震対策を少しずつ始めています。最悪、電気が止まるのを想定して防寒シートや懐中電灯、ランタンや電池も購入しました。(中略)水道も止まるとトイレも心配ですが、アートマルシェ神田さんでは何かご対応はされてますでしょうか?

あの地震から1年。実はMさんの会社の人たちは地震の当日こちらに避難をされてきて、一緒に一夜を過ごした。当時の入居ビルが不安だったのだ。その記憶があるからこそ、この対応

それに比べると我が方の対策はあまい。今どこも防災グッズが売れに売れて品切れも多数。この際ウチもしっかりしようと、防災用品の点検をしよう。

続きを読む "防災への備えーモノだけでなくココロこそ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

自分の仕事のフォームを変える

あらゆる仕事にはフォームがある。進めかた、手順、コツ、姿勢…表現はいろいろだが「こうやれば上手くゆく」をベテランは持っている。だが壁に当ったり、もっと上を目指そうとして“新フォーム”に取り組むことがある。自分のものにするには「生みの苦しみ」を味わう。

野球を例に取ろう。日本ではすでに始まり、米国メジャーでも来週からオープン戦が開始。もっと良い成績のためフォームを変える選手もいる。斎藤佑樹投手もそのひとり。

斎藤投手は新投球フォームに取り組んでいる。去年より重心を下げ右ひざの曲がりを深くする。“下半身で投げる”ことで腕の振りを大きくしてピシっとゆく。その成果はブルペンでは首脳陣を唸らせていた。「今年は去年(6勝)よりやれそうだ」と。

続きを読む "自分の仕事のフォームを変える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

山ライオンの登場でMacBookはどう変わるか?

ライオンが山から降りて来た。いや登ったのかな? Appleが2月16日に発表した『OS X Mountain Lion』のこと。「こりゃあすげえ」と相棒cherryさんに言ったらハナで笑われたが(笑)。

引用元=日経トレンディネット

今夏リリースのOS、“山”という名前が付いたのは「変更点が山ほどある(100とか発表している)」という意味と、「これがヤマ場だ」というAppleなりの主張である。恐らくスティーブ・ジョブズの遺言の最終章でもある。ぼくなりに遺言を解読してみたい。

続きを読む "山ライオンの登場でMacBookはどう変わるか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

いなり寿司と濃い生き方の関係

いなり寿司には◯◯◯がよく合う。あるものを「付ける」。さて3文字は何でしょう?

それは「和辛子」。いなりの揚げにたっぷり付ける。揚げの甘辛に辛子がツーンときて「おお!」発明な味だ。油ぽさが消えてきっぱりな風味になる。辛子醤油でもいいが、ぼくはストレートがよかった。

続きを読む "いなり寿司と濃い生き方の関係"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

ギスギスしない生き方を求めて

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと、名古屋から吹いてきた“脱ギスギス”について。

郷好文の“うふふ”マーケティング:
なぜ人は商店街を訪れるのか? “高架下開発”の2つのアプローチ
JR御徒町駅とJR秋葉原駅の間の高架下にある商店街「2k540 AKI-OKA
ARTISAN」。“ものづくりの街”がコンセプトで、多くの雑貨店が軒を並べるが、どうにも食指が動かない。その理由を考えていると、商業空間の開発に2つの方法があることに気付いた。続きはこちら

ぼくが書いた2つの方法とは「クローズ」か「オープン」か。商業モールは屋外であろうが屋内であろうが“クローズ”が基本。だがオープンという選択肢もある。どちらを選ぶかは時の流れと事業者の都合優先だけど、土地の歴史を観ると発想も湧いてくる。そんなことを書いた。

続きを読む "ギスギスしない生き方を求めて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

iPad3登場前夜、ぼくもちょっと予想してみた。

今朝最初にポストしたぼくのツィートはこうだった。

 iPadでFBが何十回も倒れる。ぼくの方がよほど丈夫だ(^^)
おはようございます。

ほんとによく落ちる。ブラウザの動きもまったり。第1世代だから…とおっさるでしょうが、まだ購入後2年未満。ですがもうすぐiPad3だとか。

画像は9to5Macから。新iPad3は3月7日にYerba Buena Center(サンフランシスコ)で開催される、と公式発表がないのに噂が確定的(笑)。予想は楽し、予想外がまた楽し。ぼくも予想合戦に参戦したい。

続きを読む "iPad3登場前夜、ぼくもちょっと予想してみた。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

企画提案のABCメリット

企画提案書に盛り込みたいABCメリットがある。

A. 短期メリット (お金の共有)
B. 長期メリット (夢の共有)
C. 社会的メリット(責任の共有)

なかなか気が利いていると自画自賛(笑)。昨夜からひとつ、提案構成が脳内で固まったとき、この「ABC」が降ってきた。今日は提案作成をテーマに。

続きを読む "企画提案のABCメリット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

幸せにだまされよう〜Facebook社会の歩き方

今日は良いことがふたつあった。ひとつめは風邪から帰還したcherryさん。ノド飴玉をたくさんかかえマスクしてやってきた。さっそく1週間遅れの会計締めしてたが収支が合わなくてトホホ汗(ここだけの話)。ふたつめは「だまされた」こと。Facebookを騒がせたこれ。

日本の東北段震災で自らを犠牲にしてわが子を守ったある母親の本当のお話しです。…地震の鎮まった後、救助隊は、ある女性の家に到着し、そこで瓦礫に埋もれた彼女の遺体を発見しました。しかし…遺体は奇妙なことに膝立ちし、…両手に何かを包み守っているかのようでした」と始まるエントリーで、抱えていた子供が息をしていた。母は死んでいた。という話。携帯に残した“遺書”も手がこんでました。

続きを読む "幸せにだまされよう〜Facebook社会の歩き方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

現代のスチュワーデス物語

久々に航空機に乗りたくなった。ワケは申し訳ないほど他愛無い、というかガールズB級^^…


画像引用元=imagica

「PAN AM/パンナム」は、クリスティーナ・リッチが主役を務め、当時世界一と言われたパンナム航空の4人のスチュワーデスが恋に仕事にスパイ活動に奔走(ほんそう)する姿を描いた作品。引用元=シネマトゥデイ

続きを読む "現代のスチュワーデス物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

ぐるっとにひそむ魔力

今日はテキパキと仕事が片付いたので、午後からGurutto(ぐるっと)ブレスレットを作った。毛糸を数本束ねてぐるぐる巻くだけ。これ、やりだすと…止まらない。がぁっと集中して、次は何色にするか、ビーズを入れようか。自由にできるのが楽しい。

続きを読む "ぐるっとにひそむ魔力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

即席ばかり追わず根本を探ろう。

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードと四方山話です。

郷好文の“うふふ”マーケティング:東大志望者への推薦図書から見える、「解ける」から「分かる」への重み
「東京大学の学科別専門別分類による推薦図書」を制作、公開している東京理学会社。会社では塾も運営しているが、そこでは「解ける」ことより、「分かる」ことを大切にした講義を行っているという。

続きを読む "即席ばかり追わず根本を探ろう。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

岡ちゃんスゲエ!

サッカー岡田武史監督が浦和レッズなどの誘いを蹴って、中国スーパーリーグの杭州緑城に監督就任したことで「すげえな」と思っていたら、彼はもっとスケールが大きかった。今度は日本の力を借りる交流を成し遂げている。2度すげえなと思った。


画像引用元

東京都、茨城県、静岡市、鹿児島市などを訪れ、J1清水などとの練習試合を予定。中国メディアによると、チームの団結力を高めるため、合宿には野外でのテント生活も組み込まれているという。引用元=sankei.msn

続きを読む "岡ちゃんスゲエ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

自分に嘘をつかないこと。

しばらく前にステマ(ステルス・マーケティング)の話題が食べログやヤフー知恵袋をめぐってあった。くだらないので無視っていたが、アメリカでは学術論文にもやらせがある。

学 術雑誌に論文を投稿する際、その雑誌に過去に掲載された論文を「引用リストに加えるように」と編集者から圧力を受けた——。こんな経験を相当数の米研究者 がしていたとする調査を米アラバマ大のチームがまとめた。学術誌の影響力の目安に使われる論文引用回数の水増しを示唆する結果。米科学誌サイエンスに発表 した。引用元=asahi.com

人文・社会科学系8分野の研究者約55,000人を対象に約6700人から回答を得た。調査対象は832誌。1,300人が編集者から「引用するようにという強要があった」そうだ。掲載するなら引用しなさいですか…。なんてことだ。フルテキストは有料でぼくはそれはあたっていないが、何てことですかね。

続きを読む "自分に嘘をつかないこと。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

蜘蛛の巣の秘密

utteの部屋(我々の仕事部屋)には蜘蛛が住んでいる。cherryさんが見つけて「あ、蜘蛛!」と言うと、ちょろちょろと這っていやがる。ぼくは「よく生きてるね」と声をかける。こっちを向きやがる。またどこかにふっと消える。

蜘蛛はぶらぶら生きている。
ぶらぶら生きながらちゃんと巣を作る。
その巣は柔軟で強靭で獲物を逃さない。

蜘蛛の巣の強さとしなやかさの秘密が解かれつつある。

クモの巣は、たとえば風が弱いときには網目の張力を下げ、その面積を拡げることで全体の構造を保つ。また網の目の一部が引っ張られるなど、特定の箇所に強い 力がかかった場合には、糸の堅さを増したり、あるいは一部が切れたりする。クモの巣は限界まで引っ張られた糸だけが切れるつくりになっている。引用元=wired.jp

続きを読む "蜘蛛の巣の秘密"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

日本人は好きなアートに「いいね」できる?

Facebookが上場申請をした。その調達額は50億ドル(4兆円)とも言われるのはご存知の通り。未公開株の株主として、とんでもない恩恵にあずかる人がいる。

Back in the early days of Facebook, Mark Zuckerberg asked artist David Choe to paint the interiors of their offices. Instead of cash, Zuckerberg offered stock options which Choe wisely accepted. Fast forward a few years and Facebook is filing for an IPO which analysts say could value the company at $50billion. 引用元=ohgizmo

続きを読む "日本人は好きなアートに「いいね」できる?"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2012年2月 4日 (土)

通勤高速バスで電車痛勤よサラバ

郊外に住むぼくは毎日時差通勤をしている。自由業だし、朝自宅で仕事する方が捗るし、ギャラリーは9時から開けるわけじゃない。何よりも混雑した電車がイヤだ。ところが時差通勤でもそこそこ混んでいる。で、これはいいね!と思ったのが通勤バス

満員電車に乗らず、ターミナル駅まで快適に座って行けたら――。そんな願いをかなえるかもしれない選択肢が、ひそかに注目を集めている。混雑率が特に高い東急田園都市線やJR総武線の沿線で走り始めた「通勤高速バス」だ。引用元=asahi.com

続きを読む "通勤高速バスで電車痛勤よサラバ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

うつとうつかりの話

今日はビジネスメディア誠で連載している“うふふマーケティング”へのリードとデスクトップの四方山話です。

患者数100万人超、うつになりかけたら“猫”のように生きてみませんか
日本でも100万人以上が患者となるなど、社会問題となっているうつ。どんな人も発症する可能性があるうつだが、その対処法を考えてみた。

ぼくはうつではないが相当に「うつかり」である。脳に大きな穴がパックリ開いているほどうっかりだと思う。

続きを読む "うつとうつかりの話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

わかりやすく伝えることについて。

Makikoさんが貸してくれた話題の本『日本という国』小熊英二氏著に感化されて、やさしく伝えることをバカになって考えた。

続きを読む "わかりやすく伝えることについて。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »