« 自信がないなら“トールオーダー”をしよう | トップページ | 塩の魅力 »

2012年3月 5日 (月)

くらしクリエイティブに生きる。

東日本大震災3.11まで一年へちょうど1週間前。この一年、被災地と違ってずっと平和に豊かに暮らせたことに感謝したい。どうもありがとう。誰に感謝すべきか。もちろん被災地で苦労した人たちですね。

【ブレスレット・キットの準備作業】
今日はその小さな感謝するイベントの準備。ちょうど今朝もひとつ毛糸が届いた。被災地に寄付を募る『gurutto(ぐるっと)ブレスレット・ワークショップ』で使う素材。千葉県にお住まいの見ず知らずの方から(匿名ご希望なのでお名前は伏せます)。どうもありがとうございます。

さあて準備…と思いきや、久々に鼻炎を起こしてcherryさんに大半をまかせた。準備したのは「ブレスレット・キット」。ワークショップにこれなかった人、もっと作りたい人に購入して頂く。

まずは頂いた毛糸を並べて、“ミサンガ”になった感じを想定して色合いをあわせる。ボタンやビーズ、ビーズを留めるのに使う釣り糸や金具までそろえました。

くしゃみが止まらないぼくは、ひと寝入りしてから力を絞って、同封する“つくりかた”をまとめた。野沢温泉村のカフェ&ギャラリーhütteでも開催・販売するので、英語も書いた(ガイジンが多いのです)。画像の左は「なぜブレスレット?」「なぜウール?」という説明書きで、それを紹介しよう。

Gurutto_workshop02

なぜブレスレット? それは被災地に手をさしのべるため。被災地の人と手を取り合うため。心の輪をぐるっとつくるため。

なぜ色々な色で?なぜウールで? それは生き生きとした生活をおくってもらいたいから。ウールはあったかいから。このウールとボタン、ビーズは、日本各地に住む人々からご寄付をいただきました。

そうこうしているうちにcherryさんは“色定め”をしていた。余分なウールを送ってもらったのに、こんなに良いものばかり。

もろもろをキットとして封入してできあがり。2本分の素材入りで1,000円(送料込み・店頭は700円、そのうち寄付は500円)。ご購入されたい方は文末に案内を書きました。

【くらしクリエイティブに生きる。】
作業しながら、ふと気づいた。ぼくらの事業(utte)のうたい文句「くらしクリエイティブ」には、アートを楽しむとか手づくりだとかの想いをこめた。でもこの一年を振り返ってもうひとつあったな。

くらしクリエイティブ”とは惰性に流されず「一日一日を大事にすること」。昨日より「ワクワク、楽しく、発見があること」。それを普通のくらしの中で実現すること。被災した人たちは、この一年きっとそれをやってきたと思う。

ようやく作業が終わったら、いつの間にか口内炎ができていた。心は疲れてなくても身体が疲れていた。今夜はこれでさようなら。

■gurttoブレスレット・キットのお申し込み■

電子メールで utte@utte.co.jp まで「ブレスレット・キット購入希望」。
氏名・住所・電話番号を添えてお申し込みください。
2本分 1,000円(送料、消費税、寄付込み)
お支払いはペイパルかお振込でお願いします(折り返しお伝えします)。
色柄はおまかせください。

■ワークショップ参加と会場でのキットのご購入■

ぐるぐる巻いてブレスレットをつくるイベント/ Gurutto Bracelet Workshop
参加費 大人1000円 子供500円(寄付金は大人500円、子供250円)

東京・神田 アートマルシェ神田
101-0041千代田区神田須田町2-25 三和ビル6F
03-6206-9600 www.utte.co.jp
2012年3月9・10・11日、16・17・18日(金・土・日) 各日13:00〜17:00
※キットのご購入は会期中いつでもできます。

アートマルシェ神田では被災地支援の展示会 佐藤勝則個展【春に、あけぼの。】3/9(金) -3/18(日) もお楽しみいただけます。

長野・野沢温泉 カフェ&ギャラリーhütte(ひゅって)
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9535 アドレス野沢 0269-67-0360
2012年3月10日、17日、24・25日 各日11:00〜17:00

野沢温泉村ではアート書の平田美記さんの作品展示、Dukriのアジアンテイスト布小物展もお楽しみいただけます。

|

« 自信がないなら“トールオーダー”をしよう | トップページ | 塩の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/44381485

この記事へのトラックバック一覧です: くらしクリエイティブに生きる。:

« 自信がないなら“トールオーダー”をしよう | トップページ | 塩の魅力 »