« ありがとう、万惣 | トップページ | 野沢温泉DAY3:日本の名湯バスクリン »

2012年3月23日 (金)

“ベンチャー”と“ぶらぶら”

ビジネスパースンにはふたつタイプがある「ベンチャー」と「ぶらぶら」である。どちらが良い悪いという問題ではない。ただ自分の本質がどっちかは絶対に知っておくべきである。まず『ベンチャータイプ』から説明しよう。


【ベンチャータイプとは】
ベンチャータイプは「できること」から始める。現有資源から考える。外部から調達できる資源も含まれます。できるヤツを集めて、できないヤツはサヨウナラ。人脈コネクションがモノをいう。


画像のV字のボトムは“キャズム(chasm)”とも言われる死の谷。これを越えたものだけが成功する。そのために24時間×365日で働くのは当たり前。日々月々実行リストを挙げてみよう。

 手帳に夢を書き、整理する。
 計画通りに進める。
 マイルストーンに従って生きる。
 WHYの発想を重視する(なぜなぜ…を5回繰り返す)。
 「こうじゃなきゃだめ」というポイントまで考え詰める。

いわゆるベンチャー企業(起業)だけでなく、一般日本企業の新事業にもあてはまる。日本の高度成長の原動力でもあったアプローチである。

【ぶらぶらタイプとは】
もう一方の『ぶらぶらタイプ』はどんな?この神社の猫のようにブラブラしています。

好きなこと」から始めるのが特徴。それはたいてい事業未満の妄想だから、企業の中では「やりたい」と言いにくい。だから自分の“夢資源”から小さく始める。自分の夢に共振してくれる人と始める。実行リストはこうだ。

 手帳に夢を書かない。
 行きあたりばっ旅。
 アクシデンタルに生きる。
 M.I.H.の発想(make it happen =起こしたい)
 「こうなったらいいなあ」という状態を夢想する。

仲良し起業といえばその通り。そんなんでうまくいかないよとオトナは言うし、実際儲かるまではイバラである。

だが事業の成功確率はベンチャーもブラブラも、どちらもたぶん同じくらい低いのだ。ま、そんな比較統計はないが(笑)。ぼくの知った&やった限りではそうだ。何事も甘くはない。

だとすると…「どちらがキモチいいか?」という違いでもある。

【両者は一緒に働けない】
ベンチャーとぶらぶらは一緒に働けない。ワケを幾つか。

1、ペースが合わない。
呼吸が合わないとも言えるし、歩みが違うとも言える。どちらもフラストレーションを覚えるものだ。

2、スタートもゴールもちがう。
ベンチャーは「今できることにこだわる」から結論を急ぐ。ぶらぶらは「今できなくてもやりたいから、やり続ける」。

3、とはいえ白も黒もグレーもある
物事は完全に白黒がつかない。ひとりの中に「ベンチャー」と「ぶらぶら」は同居していてもおかしくない。だがたぶん「どちらかの濃淡」はあるけれど。

【あなたはどういうヤツですか?】
かくいうぼくの中にはベンチャーもぶらぶらも同居。ぶらぶらがかなり優勢だけど、ベンチャーが時に顔を出さないと前に進まないしね(笑)。

どちらにしても「己」を知るべし。「好き」から始めるべし。何が流行りそうか?なんてのは通じない。「自分はこういうヤツだ!」と声高に言わないと誰も信じてくれないから。

|

« ありがとう、万惣 | トップページ | 野沢温泉DAY3:日本の名湯バスクリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/44607570

この記事へのトラックバック一覧です: “ベンチャー”と“ぶらぶら”:

« ありがとう、万惣 | トップページ | 野沢温泉DAY3:日本の名湯バスクリン »