« 作品社の増刷の達人から学ぶ3つの教訓 | トップページ | アウトローなコンビーフ »

2012年3月13日 (火)

平の清盛のの

知人に「美馬さん」というかくも美しき名前の人がいる。本人がこのブログを読まないとも限らないのでヒドいことは書けないが、その名前ほど躍動するタイプではない。どちらかと言えば「落馬タイプ」(笑)。どっかズレている愛されるキャラなんだよな。

そんなことを思ったのは、名前の研究『Easily Pronounced Names May Make People More Likable(発音しやすい名前が好まれやすい)』という記事を読んだからで、名前は言いやすい方が人に好印象を与えるという研究だ。

そうだと思う。エフレム・ジンバリスト・ジュニアよりジュード・ロウの方が覚えやすい。レディ・ガガという芸名がやってきたときヒットは決まっていた。名前で「成功の確率」まで違ってくるという追跡研究までされると、自分の名前は?と思いたくなる。

【名は運命を表す】
知人に米畑(よねはた)さんという人がいる。cherryさんと共通の知人だ。彼女曰く「絶対に食いっぱぐれない」。米と畑ですからねえ。その名の通り彼は先日しこたまお金をもらう幸運に恵まれた。

たとえば奥山さんは山奥で、山中さんは山の中。まったくお金の匂いがしない(笑)。郷というのも「故郷」と良い響きだが、ちっとも儲かりそうじゃない。名は体を表すばかりか、名は運命も表す。

ノロウィルスが流行したとき、全国の「野呂さん」がイメージが悪化する迷惑をこうむっている、改姓を認めようという話まであった。姓まで変えられるのか?…と思っていたら、ベトナム人留学生の就活講座での宿題を思い出した。こんな質問をされたのだ。

なぜ平清盛は「たいら“の”きよもり」と“の”が付くのですか?

【平の清盛の“の”】
源頼朝も「みなもとよりとも」である。なぜなのか?その場で答えられなかったので、調べてみると天皇から頂いた印だという。

源平藤橘」(四姓)と言われ、源氏、平氏、藤原、橘の4つは、天皇から頂いた姓(カバネ)であり、血統正しい頂きものである。その他の“姓”は勝手に自分で称することで“苗字”になったと言われる。

だが天皇から頂くと「」がなぜ入るのか?これはまだ釈然としない。今野さんや梅野さん、井之上の「の」は頂きものではない。こっちは確かだ。まあ氏(うじ)と姓(せい)はちがうのはおさえておこう。

自由に姓が付けられた結果、日本には10万とも20万とも言われる姓がある。韓国は225姓、中国でも6,000くらいというから自由さは途方もない。江戸までの日本は自由な国だったのだと目からウロコだった

政府が総背番号制を押し付けてきたら、改姓を毎年して姿をくらまそう。4つの姓の末裔以外は自由人として生きれるのだから。

|

« 作品社の増刷の達人から学ぶ3つの教訓 | トップページ | アウトローなコンビーフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/44482483

この記事へのトラックバック一覧です: 平の清盛のの:

« 作品社の増刷の達人から学ぶ3つの教訓 | トップページ | アウトローなコンビーフ »