« 音声認識ライティングの時代? | トップページ | 貧しい車中泊 VS. 優雅な車外泊 »

2012年4月 5日 (木)

日本人の自転車リテラシーを1ミリでも上げたい。

今日はサマザマな意味で自転車日和。朝一番で読んだ井出留美さんの北海道旅行のコメントがよかった。

北海道を自転車で、一人で一ヶ月廻った時の写真。21歳、走行距離=1800km。「身一つで生きていけるようになりたい」と思っていました。引用元=井出さんのFB

なんとも凄い。ぼくも18才で北海道旅行をしたけれど国鉄(当時)の周遊券。二十才でのオーストラリア一周はクルマでしたし…。いつか自転車でどこか一周のリベンジをして、彼女のガッツに負けないようにしなくちゃ。画像(部分)は井出さんのFBから。

…と思っていたらディレクターの今井啓輔さんも「今夜01時からロングに行きます!」とFBにツィート。なんて元気なんだ自転車乗りたち。画像は今井さんのFBから拝借。


と、皆さんにたっぷりあおられつつも、まずはジテツウ、自転車通勤ですよ。

と いうのも今月中旬から自転車通勤をテーマに数本エッセイを書くのです。内容は道交法に始まり、企業のジテツウ支援策などハウトゥも、ぐっとくる用品や自転 車スーツなども紹介したい。で今、アタマが自転車通勤でいっぱい。企画妄想はいろいろ挙がっています。例えばこんなスペシャルなチャリでジテツウは?



SpecializedのiTurbo 電動自転車。鮮烈な赤と黒のツートンカラー。モーターは後輪に内蔵され、電池はフレームと一体。石油タンクのような充電が必要ない。だが時価50万円を超えるとあっては、庶民にはなかなか…高嶺の花を覗いてみよう。痛烈な速さだ。

これはムリでも、幸運にも国産のかっこいい電動自転車をテスト走行する手はずがついた。普段のロードバイクとどれだけ何が違うか?しっかりレポートをしたい。

何よりも気をつけなきゃいけないのは安全。対自動車だけでなく、対自転車や対歩行者も。狭い日本の道路には危険が潜んでいる。今日、間寛平さんが自転車に乗っていたらこんなことがあった。

「思い切り転けた、スボンは破れ、肘は血だらけ、自転車は壊れ、痛くてうずくまってる俺に、誰も知らね顔、どうしたんだ日本人、アヘ」引用元=Jcast

間寛平さんが前から来た自転車を避けてこけてツィートした。誰も助けてくれないなんてひどい。日本人の自転車リテラシーはまだ低い。ぼくのエッセイで1ミリでも上げたい。

最後の一枚は東京スカイツリーちらり。ビジネスメディア誠の東京スカイツリーの記事『“のぼらない”のも粋? 東京スカイツリーの楽しみ方』も、早咲き桜を眺めつつ自転車にまたがって書きました。

|

« 音声認識ライティングの時代? | トップページ | 貧しい車中泊 VS. 優雅な車外泊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/44767555

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の自転車リテラシーを1ミリでも上げたい。:

» 間寛平 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 [Nowpie (なうぴー) お笑い芸人]
間寛平 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2012年4月 6日 (金) 05時56分

« 音声認識ライティングの時代? | トップページ | 貧しい車中泊 VS. 優雅な車外泊 »