« “イーシングル”は「創作者にやさしい時代」への灯火か | トップページ | 公益法人って何? »

2012年4月17日 (火)

魔法のシェパーズパイ

ランチにシェパードパイを作った。正確にはシェパーズパイ(shepherd's pie)、つまり羊飼いのパイ。羊肉でなくても牛肉でもOK。英国では家ごとにシェパーズパイがあるようで、ハリーポッターの魔法の学校にも登場するほどポピュラー。

ぼくのシェパーズパイはとりわけ素朴だ。茹でるかチンしたジャガイモをマッシュする。玉葱のみじん切りと挽肉を炒めてものを入れて混ぜる。塩胡椒のみ。イングリッシュマフィン・シェイプにして、バターで焼く。これが美味しい。

これは前回作った時の画像で、今日はcherryさんの手ほどきでクッキングシートに敷き詰めてオーブンで焼いた。やっぱり美味しかった。

この料理は母譲りだ。母の作るお弁当はもの凄くシンプルで、たとえば鶏肉と葱を炒めたものどーん、ご飯どーん、ピリオド(笑)学校でフタを開けるのが怖かった。その母の料理の中でも群を抜いて単純明快なのがシェパーズパイだった。

料理にテキトーな母だから、英国料理を勉強したなんてまさかありえない。ではどこからそれが出て来たか。たぶん「パン粉が無い日」なのだと思いあたった。

カ レーの福神漬け、お寿司のガリ生姜、このふたつは“おまけ”だがあったら嬉しい買い忘れの常連さん。なくても何とかガマンはできる。だがパン粉は致命傷 だ。じゃがいもを潰してコロッケを作り、溶き卵まで準備したのに、容器のフタを開けると…パン粉が足りない!買い物を命じられた息子がまた駄々をこねる。

それならフライパンで焼いてしまえ。

母のじゃがいもと挽肉のシェパードパイにはそんな出生秘話がありそうだ。パン粉をつけてコロッケも美味しい。バターで焼いてケチャップをかけても美味しい。レシピを調べるとチーズをかけたりトマトを使ってもいいようだが、シンプルマザー料理でも十分なのだ。

だが今日は料理研究家のcherryさんが魔法をかけてくれた。フォークで筋を付ける。オーブンで焼く。カリカリのウネが香ばしくて食感が楽しい。シェパーズパイには誰でも魔法がかけられるのかもしれない。

|

« “イーシングル”は「創作者にやさしい時代」への灯火か | トップページ | 公益法人って何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/44921159

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法のシェパーズパイ:

« “イーシングル”は「創作者にやさしい時代」への灯火か | トップページ | 公益法人って何? »