« 販促イベントは逢い引きのように | トップページ | in other words〜月への夢を言い替えれば »

2012年4月28日 (土)

ジャック・ホワイトの新譜に見る音楽プロモーション

ブルース+ロック+ガレージ+パンク+カントリー…と掴みどころのない希有なミュージシャン、ジャック・ホワイト/Jack Whiteが初のソロアルバム『ブランダーバス/Blunderbuss』を発売。今日は彼の歌とプロモーションをテーマに。

彼のキャリアでアルバムが初ソロというのは、もちろんこれまでThe White Stripesなどのグループ名義でのアルバムだけだったからだ。発売に合わせてライブが行われ、これを書いている現在もストリーミング(WhiteVEVO's channel)を流している。天性のボーカル、神業ギター、変化に富むステージ構成にぶっとぶぜ。ぼくは2度も聴いちまった。

まずこのストリーミングがおもしろい。19曲40分の完全招待客のみのステージであるため、集中度が高い。そこにバックバンドが「男子組」と「女子組」の交代制なのだ。10曲くらいずつ担当して、ステージメンバーを総入れ替えというアイデア。どっちもテクニシャンぞろいだが、ぼくは女子組のドラムスとフィドルが気になったな。

ふたつ目におもしろいのが“ディスク”だ。「LP」である。ジャックはLPが好きでこのソロもビニール盤が発売された。

米国最大手のUnited Record Pressingでぱかぱか製作される。日本のamazonでは3,499円というCDの倍近い値段だが、彼のギターをLPで聴くのは楽しそうだ。彼は「ジャケット+ライナー+音源=アルバム」という立場を堅持している。だからこそなのか、シングルCDを「空に飛ばしちまった」。


引用元=RO69

1,000枚のシングルを1,000個の風船に付けて空に飛ばした。幸運にも拾った人はタダでシングルがもらえてよかったね。プロモーションのモヨウのビデオ

さてこのプロモーションを気をつけてみてくれ。彼は「ライブ」「レコード」「インターネット・ストリーミング」と、過去半世紀の音楽のかたちをそろえて「ぼくの音楽を聴いてくれ」と宣言している。アルバムのタイトル通りなのだ。なにしろBlunderbussとは“らっぱ銃”のことだから。

彼のつかみどころのない音楽とは、実はアメリカの音楽の歴史そのものなのである。

|

« 販促イベントは逢い引きのように | トップページ | in other words〜月への夢を言い替えれば »

コメント

Jack the Whiteさま
ご指摘ありがとうございました!
書いた後、あれれ…ビニールだ(汗)と気づきました。レコードはいいですよね。改めて中古ビニールを買おうと思っている今日このごろです。

投稿: | 2012年5月 1日 (火) 23時23分

空に飛ばしたのはCDじゃないですよ。

投稿: Jack The White | 2012年4月29日 (日) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45060811

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ホワイトの新譜に見る音楽プロモーション:

» ジャク・ホワイト 『ブランダーバス』 [名盤!]
ホワイト・ストライプスの解散から約1年。 ついにジャック・ホワイトのソロアルバムが発売された。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 19時03分

« 販促イベントは逢い引きのように | トップページ | in other words〜月への夢を言い替えれば »