« 麻釜や吹雪打ち消す湯の煙 | トップページ | 超小型車/ナノカー いいね! »

2012年5月28日 (月)

ヘルシンキのピンポン

ピンポン外交なんてみんな知らないだろうな。仲違いも解け、汗もかき、愛さえも生まれる。ラケットをもつと、つい完全燃焼してしまうのがピンポン。デザイナーJanne Melajokiさん(フィンランド)の卒業制作はピンポンである。

ピンポンは誰でもできて熱狂できる。そこを掴んだ。

In my graduation project I have pondered urban intervention and the role of the designer in activating the city. My end product is a concept of a ping pong table, that enables the occupation of urban space in a whole new way.
引用元=the Atlantic

「私は卒業制作で都市への干渉、街を活性化するデザイナーの役割に思いをはせました。私の答えはピンポンテーブルというコンセプト、街のスペースを新しく占拠する手法でもあります」

このインスタレーションでは廃材を使って、街に「テーブル」を作り、ピンポン台とみたてて、参加者で環境を変えた。インスタレーションといえば、往々にしてケッタイなオブジェで「ほら感じろよ」という、創作物と見学者がそれぞれ孤立した空間になってしまう。だがこれは街、そしてピンポンという<参加型>である。いいね!動画はこちら

hütte(運営に参加する野沢温泉のカフェ&ギャラリー)のことに思いをよせた。目抜き通りの大湯通りから20秒の立地なので、ピンポンしてみてもいいな。なにしろ温泉街でしょう、浴衣でピンポンがぴったり(笑)

ところがFBの投稿によると、今日はこんな感じでマーケティング会議をしていたそうだ…。良いスペースなのに会議ですか…早く商売しようぜ。

このスペースにはダーツもいいかも。数名ならヨガもできる。ぼくらはデッキに足湯を作ってみたいと常々考えている。手づくり系ワークショップなら、できるだけ参加時間に長短の制限がないものがいい。かんたんにも作れて、凝ったら長居もできる。そうそう、手づくりではひとつ野沢温泉らしいアイデアがあるのだが、それはまだ秘密。


デッキで足湯、ツルの折り紙やしゃぼんだまとか…

hütteの改装をみんなでやるのもいい。壁を廃材で覆うとか、ベンチを作るとかロケットストーブを作るとか、ギャラリーをみんなでデコっていくのも楽しい。

アートやギャラリーで参加型というと、トークショーやキュレーターの絵のお話しがせいぜいだが、ヘルシンキ・スタイルピンポンのおかげで参加の意味が広がった。要はオーディエンスに球を打ち込めばいいのだ。きっと打ち返してくるから。

|

« 麻釜や吹雪打ち消す湯の煙 | トップページ | 超小型車/ナノカー いいね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45447179

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルシンキのピンポン:

» あなたのダーツの腕はまだまだ成長します! [上級者のためのダーツ必勝バイブル ]
試合に出れば格下の相手にも負け続けていた私が「あること」を知っただけで、それ以降負けなしの"勝つ"ダーツプレイヤーになることができたのです。 あなたも試合で毎回ベストコンディションで投げられるフォームが確立できれば、"勝つ"ダーツができるようになるのはあと少しです。 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 06時10分

« 麻釜や吹雪打ち消す湯の煙 | トップページ | 超小型車/ナノカー いいね! »