« こういう“えんがちょ”はねえ… | トップページ | 雨の日も晴れの日もファンサービスを! »

2012年5月 3日 (木)

ノマド・スチューデントの時代

以前に(少し)流行ったe-Learningは「パソコンのクイズ教室」だった。動画やSNSが普及した今「edtech/教育工学」へ変わり、MITやハーバードは無料でオンライン講義を提供する。『オンライン学習プロジェクトedX』だ。 なんて素晴しいの!

This morning two of the top universities announced a collaboration that signals they are taking the latter path: MIT and Harvard are each pouring $30 million into a nonprofit partnership edX, which they hope will make the top-notch faculties and courses of their schools available for free to millions of people around the world 引用元=the Atlantic

今朝、トップクラス大学のうち二つの大学が、閉じた大学から開いた大学へ踏み出す発表をしました。MITとハーバード大学はそれぞれ3,000万ドル(合計48億円)を非営利的事業edXを開始し、最新の設備で世界中の何百万人の人に無料の教育を提供します。

 

 

無料の教育システムに50億円つぎ込む!(ムンクの絵1枚に96億より波及効果がでっかい。あ余談でした)しかもそのプラットフォームはオープンソースで(MITx)他校も使用ができる。大盤振る舞いじゃないですか。

講義はまだ発表されていないが、techclunch他の記事を見ると、最初はコンピュータサイエンス系らしい。だが「the single biggest change in education since the printing press.(印刷以来の教育の歴史上、最大の変化)」というので、たぶん全科目に広がる。無料学生には「よくできました」の終了証書発行だが、有料にはオフィシャルな証書も発行されるらしい。

講義の進めかたにも感心。自分のペースの学習、オンラインでのグループディスカッション、wikiを使ったコラボレーティブな学習、リアルタイムフィードバック、オンラインの実験、さらにQ&Aに学生が「いいね」を付けられるという。

【教育が根本から変わる!】
まず感じたこと。「日本の大学、大丈夫?

世界どこでも(英語さえできれば)一流大学の講義が学べる。日本の大学が春入学だ、いや秋入学だとケンケンガクガクしている間に、米国の一流大学は確実にaheadしている。通信教育大学・学校も競争の波にさらされる。日本の大学倒産も加速するだろう。

それから「英語」。

英語さえマスターすればタダや安価で入手できるものは多い。日本が鎖国出版産業や鎖国大学や鎖国通信産業を守っている間に、どんどん消費者は取り残されてゆく。英語をしっかりさせないとダメだこりゃ。ますます日本語は辺境語になってゆく。

それに「教え方が変わる」。白熱教室を盗んでいるようじゃ…

講義とはそもそも受け身的なので、いかに参加させるかのノウハウとシステムの融合がキーになる。その点は予備校の方が一歩も二歩もリード。でも教育の本質は「どう考えるか」。根本を考える力より記憶力や答案技術の「大学入学学問」ではだめだな。教育技術の中で「オンラインでどう学ばさせるか?」がテーマになってゆく。

おっと、日本にだって放送大学があるって?!けっこう卒業は大変という話らしいけれど、試しにPCでのぞいてみた。あれれ…?いつまで経っても始まらない。


おかしいな…と思ってFAQを見ると「WindowsMediaPlayer」の説明だけ…Macには対応していないらしい。ああ!やっぱりTV&ラジオ大学なのですね…。

【学ぶスタイルが変われば…】
そしてもちろん「学ぶスタイルも変わる

たとえばオンラインで元寇の歴史を学ぶ。百聞は一見に如かずで、グループ研究で博多や中国、ベトナムを巡る。調査データをどんどんクラウドに保存する。オンラインでディスカッションと答え合わせ。論文添削はチャットでとか。

世界的な「生涯学習」のプラットフォームができる。まさにノマド・スチューデントの時代がやってくる。

|

« こういう“えんがちょ”はねえ… | トップページ | 雨の日も晴れの日もファンサービスを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45122835

この記事へのトラックバック一覧です: ノマド・スチューデントの時代:

« こういう“えんがちょ”はねえ… | トップページ | 雨の日も晴れの日もファンサービスを! »