« 美人になるには… | トップページ | 東京ソラマチ―“新しい下町”には未来へのとんがりがあった »

2012年5月21日 (月)

天体に住んでいる。

明け方からLow Downの日だった。下痢もして二度寝を決め込もうとすると、ベランダから見える外の空は曇っていた。これじゃ日食は見れないな。それもまたよし。布団にもぐった。

正直をいえばぼくは天体には興味がほとんどナッシングだ。星座も知らないし、はやぶさのことをなぜみんなが燃えるように話すのかわからなかった。宇宙飛行士の宇宙実験にも興味がわかないし、ましてあやかりグッズを買うのは理解不能だ。

夢もロマンも無いと言われようが本音である。ガチガチの文科系で天体の物理がアタマに入らないからだろうか。視力が弱くて星が少ししか見れないからだろうか。みんなが騒ぐことに天の邪鬼を決め込むイヤな性格だからだろうか。

わからない。わからんのだよ。

ところが七時に起きたので、ひとつ見てみるかと思った。シャツと短パンの裸の大将の格好で、東の空が見えるマンションの通路に出た。

空を見ると雲厚き中に切れ目があり、ぎりぎり見えるかもしれない。イカロスの目をみないように、まぶたをちらちらさせていると、煌めきの上に球体がクロスしだした。ぼくの後ろをサラリーマンのびしっと制服でお隣さんがクロスしていった。興味がない人はいるもんだ。

でもぼくはだんだん興味が湧いてきた。

雲が光で濁るせいで、煌めきの妖しさがきわだってきた。雲よありがとう。裸眼でもぎりぎり見せてくれるね。どんなに達者な絵筆でも高性能フィルターでも写せない煌めきだ。

我々は天体に住んでいるんだな、とあらためて思った。

普段ぼくらは地面は平らだと信じこんで生きている。家を出て働きに出て仕事をして帰宅する。ネットにフックすればどこの誰ともつながれる。飛行機に乗ってもそこからあそこへの移動だ。時差はあっても丸さは見えない。

でもよく見てみよう。

商 売は浮き沈みがあり、人間関係には起伏があり、心も体調もアップもすればダウンもする。社会のあちこちには善行もあれば事件もあり、隆起や陥没がある。日 がのぼり一日が始まり、日が沈んで終わる。引力があり自転があり公転があるから生きているのだ。地球というボールの上を歩くから、滑りもするし浮き沈みす るのだ。

たぶん宇宙へ行きたい、宇宙を知りたいといのは、そういうもの一切から切り離されたい欲望の裏返しなのだろう。

日食の天体の煌めきを目に刻んで生きよう。まだ網膜あたりがちかちかするんだけど…。

|

« 美人になるには… | トップページ | 東京ソラマチ―“新しい下町”には未来へのとんがりがあった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45354622

この記事へのトラックバック一覧です: 天体に住んでいる。:

« 美人になるには… | トップページ | 東京ソラマチ―“新しい下町”には未来へのとんがりがあった »