« 無接触ライト、光るヘルメット、光るハンドサイン | トップページ | スタジオ収録の楽しみ »

2012年5月15日 (火)

自然体で売りたいならShopLocket

このちょい売りは実に示唆に富む。自分のブログやソーシャルサイトに「埋め込めるお店」なのである。ShopLocketは売り手の事情、買い手の気持ちをくみとってくれるサービス。

【ShopLocketとは?】

「何か物を売りたい」と思ったら、新しい場所を用意する代わりにShopLocketにアクセスしてみよう。簡単に商品を設定し、手に入れたコードをビデオや写真のようにオンラインのどこにでも埋め込むことができる。引用元=Wired

藤村厚夫さんのFB(フェイスブック)から知ったこのサイト、ちょっと売りたいを安く(初回2ドル+2.5%マージン)管理するサービス。自分のFBやTwitterはもちろん、タンブラーでもピンタレストでもワードプレス(ブログ)にも埋め込める。試しにやってみた。

3 分もあれば即売場(売りコーナーかな)がつくれた(まだ登録はしてない。作ったタグを埋め込む作業となる)。わざわざ「売場をHPに作る」のも「モールへ の登録」も必要ない。画像1点とショートな説明文だけでポンとできあがり。決済はPaypal/stripeで。その費用で3%ぐらいを価格にONしてお けばいい。

ちょっと前に流行ったブログパーツのようなものだが、このサービスは実に示唆に富んでいる。

【ショッピングもSNSで】
まず背景。ここ数年、ショッピングモールやオークションサイトでは、安値競合で利益が出なくなってきた。出品も減り、手数料引き下げ圧力は高まっている。中小モールはいずれ淘汰されるだろうし、共同購買やタイムセールも飽きられてきた。

さらにどのサイトでも「ヤドカリ連携」をしている。FBは画像共有や位置情報などいろんなアプリをまとめる。FBやtwitterなどSNSアプリ同士も連携する。ヤドカリをし合ってユーザーをSNS内に囲い込む。

つまり、モノの販売でもSNSが主戦場になりつつある。売場を「その中に組み込む」のは必然でもある。さらにShopLocketは今どきの売り手の心もつかむ。

【ちょい収入期待とナチュラルな売り】
今は収入減社会、第二第三の収入源を自分で持ちたい。ちょい売りでお小遣い稼ぎをしたい。「これ売れるかな?」というものを試しに売ってみたい。かんたんかつ安全に決済できればうれしい。手数料や卸売りで利益を損なわれたくない。買い手の顔を見て直接売りたい。

もっと凄いと思うのは「ナチュラルに売る」のができること。

販売サイトでは「売ること」が主体である。だから何を書いても、どこかわざとらしい。だがブログやSNSに売場を組み込むなら、作り手(売り手)の日常生活や 考えていること、好きなことなどの記事の中に、制作プロセスや商品特徴、顧客の声、保存や手入れなどの情報をナチュラルに組み込むこともできる。

売りではない書き方で売ることができる。売りなのかソーシャルなのか判然とさせないで売る。ShopLocketのここが新しい。ぼくも商品をつくりたい。アート事業でもとりいれたいと思った。

|

« 無接触ライト、光るヘルメット、光るハンドサイン | トップページ | スタジオ収録の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45274071

この記事へのトラックバック一覧です: 自然体で売りたいならShopLocket:

« 無接触ライト、光るヘルメット、光るハンドサイン | トップページ | スタジオ収録の楽しみ »