« 英語は生き方の開国 | トップページ | ゆっくり。 »

2012年6月26日 (火)

ジコマンとタコマン

我々のギャラリーで開催する酒井敦司さんの写真展『そこにある光』(2012年7月10日から)の案内が、写真誌『アサヒカメラ』で紹介された。写真展の紹介ページではあるが、“写真付き”での紹介は10に1つもない。これはすごいことですよ。

写真は最もお手軽にできるアート。ぼくもあなたも君たちも日々楽しんでいるでしょう。実家に立ち寄ったときの『互い違いの猫たち』。不思議なやつらだ。

今夜、ギャラリーを後にして、門が閉じられた柳森神社をのぞいた。そこに鎮守猫がいた。猫は狸さま(石像)とじっと相対していた。何をお願いしたのだろう。題して『夜の神社動物園』(笑)。ピントが合っていればベストショットだったな。

ぼくの写真は酒井敦司さんのとちがって、まさにジコマン。何でもない猫の姿態をパチリしただけ。それを「スゲーだろ」「Likeしてよ」とFacebookで楽しむんだから、ジコマンもいいいところですよね。

ジコマンとは自分の満足であって、タコマン、他人の満足ではないのだろうか?

もちろんタコマン、「他己満足」なんて言葉はない。他人にも認められて満足するという造語ですから。ジコマンも褒めればツケあがり、才能が開花する(こともある)。シンガー エイミー・ワインハウスは「あなたの歌がもっと聴きたい」と言われて歌い出した。ジコマンが嵩じてタコマンになったわけ。

だが安直にタコマンをめざすと、ワナが待ち受けている。

「ア ドバイスをもらう」「市場ニーズを知る」「誰かのために歌う/描く/撮る」という姿勢がタコマンである。もちろんこれらは必要なこと。だがそこを突き詰め れば詰めるほど、自分のフォームが乱れる。有望なルーキーがコーチされて「らしらを無くす」あれである。自然体でなくなる。その結果、つまらなくなる。止 めてしまう。

そのワナに入らないようにするにはどうするか。2つ方法がある。ひとつは「ジコマンの正体を知る」。

もう一枚、今夜の猫写真。ぼくの写真から滲み出るのは「変だな」「奇妙だ」「不思議だ」である。

「カワイイ」もなければ「愛らしい」もない。ぼくの持ち味は「違和感を撮る」にある。たぶんライティングもそれが出ている。まっすぐ素直じゃないけれど、突き詰めてゆく求道スタイルというか。自分のジコマンの正体を知ろうじゃないか。

もうひとつは「ジコマンを自分で育てよう

ジコマンとは「できた!」という“コツン”という音が聴こえること。聴こえたら、次にはコツンのレベルを上げよう。良い音だろうか?はっきり聴こえるだろうか?次はそれを広げよう。ちがう要素やテイストを入れても、ジコマンできるだろうか?

ジコマン嵩じればタコマンに通じる。ジコマンこそタコマンのカギを握っている。

|

« 英語は生き方の開国 | トップページ | ゆっくり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45912150

この記事へのトラックバック一覧です: ジコマンとタコマン:

« 英語は生き方の開国 | トップページ | ゆっくり。 »