« 煙たい関係 | トップページ | 夏の手づくり。 »

2012年6月29日 (金)

ツール・ド・ジブン

いよいよ明日6月30日からツール・ド・フランスが開催される。日本人ではロンドン五輪代表の新城幸也選手が走る。ひとつ勝ってほしいですね。それにあわせて、というわけじゃないけれど、自転車のお化粧直しをした。

これがビフォー。もう4年以上乗っている我がチャリ、ハンドルを切断改造して以来のお色直しです。

自転車の改造にはいろんな目的がある。軽くする、シンプルにする、安全にするなど。今回のぼくのテーマは「走りを楽しくする」+「暗闇対応」で、タイヤとバーテープ、そしてライトがメインである。

楽天ショップで買った赤いライン入りタイヤに変更。これでぐっと引き締まったでしょう。と超自画自賛(笑)。ハンドルも「ウォーリーを探せ」仕様にした。チネリです。

ワンポイントシールもキメた。自転車も乗り手もベロ出して走っちょるのだ。

せっ かくの自転車カラー、ファッションが負けちゃイケン。メッセンジャーバッグはトロントの『Under the Weather』の特注バッグ(前から使用中)。これは人気者で、以前、末広町の交差点で、見ず知らずの女性が近づいてきて「素敵なバッグね」と言ってく れた。素敵な男ねとは言わなかった。ヘルメットは絵描きのRIEさんのグルグル模様をベースに、先日点々模様を入れてみた。

ていうことでアフター。赤と黒と白で統一!

おっとOne more thing。9つのLEDを搭載する不格好なライト。まったく街灯の無い河川沿いコース、夜は真っ暗。そこでバカがつくほど明るいライトで自衛。この照らしなら満足。

そこそこ個性的!かな?今週はこのスタイルでツール・ド・トーキョーしましたよ!なおタイヤとライトは一年に一度巡るチチの日に、愚息愚娘がスポンサーになった。チチが赤く黒く白くなっているのを知るよしもない(笑)。

自転車が楽しくなるとライドも楽しい。今日の帰りはジテツウだ。途中に見えた青くて黒い江戸川の空。空は昼と夜のビットウィーンが一番美しい

隅田川の夕闇の中、戯れるカップルがいた。今日のベストショット。こんな愛をまたしたいと思いつつ背後からパチリ。ゴメンね。

自転車は軽量さやブランド、カーボンとか電動とか、いろんなスタイルが楽しめる。目的や走る道、個性や気分に合わせていろんな自転車がある。それが楽しい。

ぼくは手づくりを楽しみたい。がんがんも走らない。ゆっくり走ると「撮れよ」と風景から誘いがある。撮る。それが「ツール・ド・ジブン」な感じ。

|

« 煙たい関係 | トップページ | 夏の手づくり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/46008345

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・ジブン:

« 煙たい関係 | トップページ | 夏の手づくり。 »