« iPadとその手描きアプリをめぐる妄想 | トップページ | 良いインタビューには「読み」と「重なりあい」がある。 »

2012年6月16日 (土)

モデラートなモデレーターになれるだろうか。

次の金曜日にモデレーターなる役目をJAGATのイベントでやる。テーマは「考えなおそう、今の仕事のやり方」みたいなもんですが、ぼくの中では「モデレーター」というワードがリフレインしている。

モデレーターとは、壇上のプレゼンターと会場の間をとりもつ司会者。話の方向をさだめ、中庸をとり、黒子に徹する役割。語源はモデレーター=音楽用語のモデラート=「中くらいの速さで」からきていると思う。自分ワールドのぼくには、もっとも似合わない役目で、それを知るcherryさんはヒヒヒと笑っているが、依頼してきた主催者の涙とため息が今から想像できますわ。

それはともかく、今日もクリエイター・ピープルといっしょでした。活版、製版、陶器、イラストの『水玉びより 水玉だより』展示会&ワークショップ。彼らはある一定のリズムをもっている。knotenさんたちはほんとにそうだ。ゆったり、それでいてひたむき。会場に集うひとびとも、どこかそれと似たリズムをもっている。

そんなリズム、どこから出てくるのだろうか?

 身のこなし、話し方とか、
 姿勢、勢いとかやる気とか、
 つまり人の空気なんだろう。

考えてみると人だけでなく、お店にもリズムはある。

何か業種をひとつとってみよう。たとえば本屋。まったりできる本屋、ゆったりできる本屋、スキップしたくなる本屋、買ってさっと立ち去りたい本屋。ぼくらは探すリズム、読むリズム、決めるリズムでお店を選んでいるような気がする。

ではぼく自身、どんなリズムなのか?それは<転調の連続>。トントントン、ガーガーガー、ッッッッ…、ふたたびトントントン、転調のリフレイン(笑)。ようするに落ち着きがない。ゼンマイの切れかけたメトロノーム。ああやだなあ。水玉リズムを身に付けたいものだ。

ところでリズムが合う、合わないってどういうことなんだろう?

あ る人から「郷さんからやる気をもらえる」とお世辞をもらったことがある。郷さんから、という部分を削除すると「やる気をもらえる人」は確かにいる。それは その人とリズムが合うからでもある。押したり引いたりの「凹凸のリズム」が合うからその人と「ウマが合う」。お店だとそれをターゲットだとかいうが、そん なカタカナでそこに立ち入らなくてもいい。

自分のリズムを知る。自分のリズムと似た人に集まってもらう。まずはそこに焦点を合わせたい。そこから「そのリズムって案外いいじゃん」という、ちがうリズムの人も集まってくれればいい。

ところで日本人は<中庸を好む>と言われる。右にも左にもブレすぎず、グレーの町並みのように黒でもなく白でもなく、そのミックス。世の中どちらか、ということだけではないから、中庸も悪くない。でも<見せかけのモデラート>はやめたい。何かに遠慮してモデラートを装うのは、自分へのモデレーターとして、失格だ。

|

« iPadとその手描きアプリをめぐる妄想 | トップページ | 良いインタビューには「読み」と「重なりあい」がある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45681536

この記事へのトラックバック一覧です: モデラートなモデレーターになれるだろうか。:

« iPadとその手描きアプリをめぐる妄想 | トップページ | 良いインタビューには「読み」と「重なりあい」がある。 »