« ブロークン・マリメッコ | トップページ | 英語は生き方の開国 »

2012年6月22日 (金)

Save face, or Save us?

世界のほとんどの大人より、ニュージーランドの17才の方がちゃんと見ている。ちゃんと発言している。ちゃんと生きている。

"I would like to end by asking you to consider why you are here and what you can do here. Are you here to save face? Or are you here to save us? 引用元=Brittany Trilford Speech to UN Rio+20 Summit Opening Ceremony

最後に、なぜここにわたしがいるか考えてください。何をここでできるのか考えてください。あなたたちは、体面をたもつために、ここに来たの?それとも、わたしたちを救うために来たの?

17才のBrittany Trilfordさんは「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」のオープニングスピーチをこうしめくくった。2012年6月20日から22日まで3日間行われていた環境保全の会議では、環境保全と経済成長の両立がテーマ。

だ が今回の会議には米国、ドイツ、英国など主要国は出席していない。途上国は環境より開発をと叫び、先住民たちはグリーン経済を人道への罪と避難し、公海の 環境保全も後退した。日本の玄葉外相が4,800億円、1万人の環境専門家の派遣を表明したのは良いことだが、駆け引きに使っちゃならない。

save faceは「体面をたもつ」、save usは「地球を救う」。Brittanyのことばがいたい。環境保護団体メンバーでもないぼくでもできること、草の根のさらにその下の「save」を考えてみた。

セーブせよ使い捨てを。
セーブせよ自動車を。
セーブせよ捨食を。

リオの海岸のペットボトルオブジェ

今でもペットボトルはほとんど買わないし、自動車にもほとんど乗らない。でも食はときどき捨ててしまう(先日のイナリ寿司とか)。もっと根本的なこともある。

セーブせよ憎しみを。
セーブせよ争いを。
セーブせよ欲望を。

憎しみや争いを減らせば、巡り巡って環境は良くなると思う。でも根源は欲望。人の性であるこうしたい/ああしたいをどうセーブできるか。むつかしい。みんな自分価値や自社価値、自国価値で生きている。それらを調整するのはきっとムリなのだ。こんなにやってもダメなのだから。

いや待てよ。

環境保護には「地球価値」が必要なんじゃないか。何それ?って感じだけど、実は当たり前のこと。青い空が好き、青い海が好き、深い緑が好き。それだけでいいのかも。

Brittanyのスピーチを聴いてもう一度考えてみたい。

スピーチ全文

Tena Koutou from New Zealand. My name is Brittany Trilford. I am seventeen years old, a child. Today, in this moment, I am all children, your children, the world’s three billion children. Think of me for these short minutes as half the world.

I stand here with fire in my heart. I’m confused and angry at the state of the world and I want us to work together now to change this. We are here to solve the problems that we have caused as a collective, to ensure that we have a future.

You and your governments have promised to reduce poverty and sustain our environment. You have already promised to combat climate change, ensure clean water and food security. Multi-national corporations have already pledged to respect the environment, green their production, compensate for their pollution. These promises have been made and yet, still, our future is in danger.

We are all aware that time is ticking and is quickly running out. You have 72 hours to decide the fate of your children, my children, my children’s children. And I start the clock now… tck tck tck.

Let us think back to twenty years ago - well before I was even an inkling in my parents’ eyes - back to here, to Rio, where people met at the first Earth Summit in 1992. People at this Summit knew there needed to be change. All of our systems were failing and collapsing around us. These people came together to acknowledge these challenges to work for something better, commit to something better.

They made great promises, promises that, when I read them, still leave me feeling hopeful. These promises are left – not broken, but empty. How can that be? When all around us is the knowledge that offers us solutions. Nature as a design tool offers insight into systems that are whole, complete, that give life, create value, allow
progress, transformation, change.

We, the next generation, demand change. We demand action so that we have a future and have it guaranteed. We trust that you will, in the next 72 hours, put our interests ahead of all other interests and boldly do the right thing. Please, lead. I want leaders who lead.

I am here to fight for my future. That is why I’m here. I would like to end by asking you to consider why you’re here and what you can do. Are you here to save face? Or are you here to save us?

Tena Koutou =マオリ語でこんにちは

|

« ブロークン・マリメッコ | トップページ | 英語は生き方の開国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/45779830

この記事へのトラックバック一覧です: Save face, or Save us?:

« ブロークン・マリメッコ | トップページ | 英語は生き方の開国 »