« 私の中のあれを探して | トップページ | イヤな情報をキレイにするには。 »

2012年7月 9日 (月)

光浦靖子の手づくりをチクチク分析する

光浦さんのブローチ、欲しい!ぼく付けますよ!と言ったら、「お前なんかやるかブス!」って言われそうだけど(笑)

好きな男の子が困っちゃうようなブローチを渡すのは、イタズラというか、例えば男の子が好きな女の子のスカートをめくっちゃうみたいな気持ちでしょうかね。でも、根っこには愛情しかないですよ。光浦靖子のものづくり vol.1

芸人の彼女が手づくり好きとは知りませんでした。ニードルフェルトブローチ(チコチコ刺してつくる手芸)づくりの集大成『男子がもらって困るブローチ集』の出版に合わせて、ブローチ展示会も開かれた。出来映えはお茶目but奇想天外な独創がある。

あれはドキュメンタリーです。
(もらってくれない男子がいたのはホントですか?との問いに)引用元=同

こんな彼女の独特言語は、ブローチのようにカワイくもあり、心にぐさり!と刺す感じもあり。手づくりも話し芸もどこかでつながっている。それは不思議なことじゃない。彼女はこうも言う。

ー光浦さんにとって「ものづくり」とは何でしょうか?
私にとっては、出産ですね。プレ子づくり。引用元= vol.2

わかるなあこれ。手づくりとは「自分の中から何か出すこと」。やや暴言だが、手づくりをしない人はクリエイティブだろうか?発想は出ても、実行しない人じゃないだろうか?その点、手づくりをする人は、どんな仕上がりでも出来あがりを見たいものだ。出来映えが悪くても、またトライする。やり続ける根性がある。

ぼくの手づくり製本はヘタの横好き。上手く仕上がったらcherryさんに一冊あげる約束だけど、内がわの見返しにシワが寄るんだよね。角の始末の方はわかってきたんだけど。でもトライしてトライしてトライが楽しい。

もうひとつ「つくることは自分を知ること」。光浦さんはこうも言う。

脳みそから何か出てくるみたいで、ただ、ただ、刺すという時間がね、すごくいいですよ。引用元= vol.1

彼女はニードルというひたすらチクチク刺す作業が好きだ。刺す、刺す、ひたすら刺す。この世の恨みも刺し子で晴らす(笑)。とても自虐的で他殺的。これが彼女の本性かもしれない。芸にも出ているかな。

ぼくはGuruttoブレスレットにハマっている。毛糸をグルグル巻く。こんなのをおっさんがするのは冒険ですか?ぼくにはすごくナチュラル。設計図がなし で自由につくれて、自分を装う手づくりが好きだ。ぼくの中には女性的なものとナルシシズムが棲んでいるのかもしれない。

つくりながら自分を出産して、自己分析と自己解放ができる。それが手づくりの正体なのではないだろうか。

|

« 私の中のあれを探して | トップページ | イヤな情報をキレイにするには。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/46264605

この記事へのトラックバック一覧です: 光浦靖子の手づくりをチクチク分析する:

» 光浦靖子 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 [Nowpie (なうぴー) お笑い芸人]
光浦靖子 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 05時33分

« 私の中のあれを探して | トップページ | イヤな情報をキレイにするには。 »