« ピッチの回遊魚 香川真司 | トップページ | 蝉しぐれ〜染色体は音符になった。 »

2012年8月29日 (水)

良い会社ってなんだろう?

今夜のベトナム人留学生就活講座のテーマは、ガラにもなく金融機関、それも法人金融を講義した。なかなか留学生がわかる説明はむつかしい。


(ベトナム人留学生就活講座資料より)

簡略化してポイントを詰めた。金融マンになったつもりで、某赤字デパートを救おうという演習テーマもやった。少しはわかってくれただろうか。

ところで、実際の勤め先として金融業はお奨めか?というと、なかなか奨めにくい。

日本の金融機関=銀行や証券はどうか。リテール業務でも法人業務でも、足をてくてくさせて預金や取引をもらう。株や保険を押し売りする。ほんとにお金が好きで頭がよい人は外資系金融機関にゆく。そこで死にそうになりながらがぁーっと働いて、実際死にそうになって退職する。

ぼくの前の勤め先は会計系コンサルで、隣りの部署では会計や財務の開発やコンサルをするひとびとがいた。会計制度の導入コンサルも、2年かけて開発する勘定系のシステム開発も、ぼくにはちょっと…。

ナントカ・フィナンシャルサービスという舌を噛む名前の某システム会社に勤める愚娘は、いつもの通り昨夜も遅く帰宅し、しかも泣きながら帰ってきた。なぜ?と愚問を発するまでもなく、たぶん仕事のことである。

これらはぼくの金融業への偏見あるイメージかもしれない。だが来春就職希望のベトナム人留学生のKくんはこう言った。

「日本のサラリーマンってたいへんですよね」

…そうだね、ウツになる人もいっぱいいるし、自殺も多いし…。よく見ているよなこいつら。

それでもベトナム人留学生たちはここでがんばろうと心を決めている。我が隣国Kのように日本にブチ切れていない。もっと素直でもっと純粋である。

彼ら留学生3人から宿題をもらっている。半導体、ロボット、服飾デザインで、これから来春までに就職を決められる会社探しである。良い会社を紹介したい。気持ち良く日本で働いてもらいたい。

そこで、良い会社って何だろう?簡単である。新入社員や若手社員にやさしい会社、彼らを物心両面で育てる会社である。

くだらん無意味な根性外回りなし。新入社員向け雑用なし。気分の悪い上下関係なし。耐久レースのような残業なし。男女差別なし。成長コースが見えて、育て役もやさしくて、がんばりどころが見えている。そういう会社が良いに決まっている。

年功序列で、ベテランにやさしく、年寄りが給与が高い会社じゃない。若者のアイデアが活かされ、失敗がゆるされ、はっきりした主張が尊ばれる会社。

社会制度も若い層に手厚くしてゆけば、若者に希望がもどる。希望があれば若い人はもっとHして、子育てするよ。人口も増える。

ただし支援はベトナム人留学生のように<やる気のある>若い人に限る。やる気のないナマポや朝っぱらからパチスロの若者はほっておけばいい。

|

« ピッチの回遊魚 香川真司 | トップページ | 蝉しぐれ〜染色体は音符になった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/46870696

この記事へのトラックバック一覧です: 良い会社ってなんだろう?:

« ピッチの回遊魚 香川真司 | トップページ | 蝉しぐれ〜染色体は音符になった。 »