« スーパーカブはスーパーベタ | トップページ | 罫線のある仕事、ない仕事。 »

2012年8月21日 (火)

ブレーキケーブルが切れても楽し。

自転車乗りは自転車に乗ると気づくものである。今日は多かった。

これから数週間、週一回ほど仕事場から板橋区の某所に通う。今日はその初日でクソ暑さが減退した3時過ぎ、我が自転車に股がり北北東に進路を取った。国道17号線。

狭くて交通量が多い難所の本郷通りを過ぎ、白山に入ると、おお!「自転車専用通行帯」があるじゃないですか!幅1mほどの青く塗られたニクいやつ。安全&スイスイっ…と思いきや、前方に自動車駐車。おぬし違反じゃ!クロネコよ!本社に言いつけるぞ!

まさにその瞬間「バチン」と烈断音がしてブレーキケーブルが切れた。これ…ネコの恨み?

クロネコの後ろに駐輪してショボーン…。ぼくはパンク修理セット、チューブ、レンチなど工具はいつも背負ってる。でもケーブルまでない。切断は前輪で、ブレーキ無しで復路をいれて20kmを走りたくない。仕事場のcherryさんに「ブレーキワイヤが切れた、自転車店探してくれんか」と打電した。

すると白山のお店「サイクルショップカドヤス」 を探してくれた。相場は200円だという。ありがたや〜♪と行ってみると、フツーのサイクルショップ。感じの良いおじさんが別のお客さんを応対していた。 自転車を注文しそうなので邪魔しちゃなるまいとぼくは待っていた。するとオジサンの方から「なんでしょう?」と訊いてくれた。

あ…ロードバイクのケーブルはないんだよね。あのね、ここまっすぐゆくとスポーツ車専門店があるから」とってもやさしい。だが彼の表情が少し曇っていた。なぜだろう?

しばらく走って店を見つけた。見るからに排他的な店構えで、ドアを押すとビアンキやらジャイアントやらが並んでいる。サングラスをかけた店主に、ロードのケーブルが欲しいと言うと出してくれた。

「575円」

ん…高い。だが背に腹はなんとやら。思いきって買った。取り付け費は千円というので、自分で取り付けますと言ってから、長さ1,600mmに気づいた。これ切らにゃあならん。カッター必要ですね…とヤンワリと店主に言うと、

「そりゃそうですよ」

冷たい。墓石みたいに冷たい。ひとこと「交換したら声かけて。カッター貸してあげるよ」と言ってくれたら感謝感激でブログでバンバン宣伝するのに。商売とはムダにリターンがあるものだ。カドヤスのおじさんの顔が曇っていたワケがわかった。

それにしても「(専門)自転車修理屋マップ」があればいい。17号線の歩道の日陰でケーブルを交換した。六角レンチは必需品。長いケーブルはハンドルにグルグル巻いた。

40分遅れで所用を終えた帰り道、因縁の自転車道を再び走ると、また見つけた!違法のはずだが、明確に違法かどうか判断がない。おい警察よ、ドライバーよ、どこまで腐っているのか。

仕事場に帰ってcherryさんにカクカクシカジカと告げると、ケーブルの包装ケースを見て言った。

「郷さん。デュラエースじゃない!これは高いの!」「えっ…」

デュラエースは、シマノが開発・製造するロードバイク用のコンポーネントでシマノの製品群で最高峰に位置する」。ムムム…調べると575円は高くはないようだ。

これ…とても切れん(笑)。ある自転車乗りは、デュラエースのブレーキワイヤとケースを買って誇らしさのあまり「デュラエースのロゴ」を外側にくるようにヒネっているそうだ。ふたりで大笑い。アクシデントでも学べるし笑えるもんだ。

|

« スーパーカブはスーパーベタ | トップページ | 罫線のある仕事、ない仕事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/46779398

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキケーブルが切れても楽し。:

« スーパーカブはスーパーベタ | トップページ | 罫線のある仕事、ない仕事。 »