« ことばのデザインは暮らしの中にある。 | トップページ | 松井秀喜はガォーっと吠えないのか。 »

2012年8月 1日 (水)

ことばを縮ませる力

8月1日は何の日ですか?」と昨日のIKEAプレスカンファレンスで、IKEAのプレゼンターが問いかけた。答えは別の社員達が合唱で返した。

「やっぱり家の日!」


画像引用元

2010年に8月1日をゴロアワセでIKEAが制定した。この外資系会社はちょっと堅い日本語もあるけれど、他のどんな外資より日本語をたいせつにしている。今日家庭に到着しだしたIKEAカタログ2013年版、表紙には『部屋はどこまで遊べる?』。さっきデザインを学ぶベトナム人留学生に、一冊進呈してきたから、手元にない。昨日のプレス資料の画像で失礼。

カタログの新しい仕掛けAR(拡張現実)もサクサク動いておもしろかった。とはいえ今回のIKEAのテーマは「狭さを遊ぼう」だ。IKEAは数年の調査の結果「日本人は片づけ下手」と分析して、スキマプロジェクトなる狭小空間を活かす展示をした。

だが思えば日本人は、狭いなりにも我が家を楽しんできた民族。畳に箪笥、卓袱台に火鉢という、非常にシンプルな住まい方を江戸までしてきた。俳句、短歌、川柳は、花鳥風月への思いをたった数行の文字で表してきた。扇子や提灯、屏風には縮ませる美学がある。

日本人の感性とは、そもそも狭さを遊ぶ美学にあったのだ。

それが西洋化され、どんどん家具や物が増えて、狭くてモノに溢れてしまった。感性も鈍った、いや消滅しちまったのかもしれない。なんたることだ。いや嘆くこともない。実は「言葉を縮ませる文化」が広く浸透しつつある。

ツィッターでありフェイスブックだ。

日本はアクティブユーザー比率が高く、ツィート/アップデートの内容も濃いと言われる。五輪だってツィートの嵐だ。捨てたもんじゃない。縮ませる美学、ここにあり。

何 しろ言葉には、たったひと言で人を奮い立たせる魔法がある。「ぼくには君のようにはできないよ」と言われれば、ぎゃっとヤル気を出すものだ。何しろ心の形 は「じょうご」。何でも入れられる広い間口のときもあれば、逆さになって何も入ってこないときもある。逆さじょうごを元に返すのは「言葉」である。Let the words go forth(まず言葉ありき=JFKの言葉)と言うでしょう。

そこでもうひとつ言葉のサービスを考えた。

巷のフェイスブックのセミナーは、結局「いかに集客するか」だけど、それは興味がない。「ことばを縮ませて遊ぶ講座」。句会ではできない、瞬時に世界に伝わる可能性のあるフェイスブックやツィッターで、言葉遊びをする。縮ませ方の助言なら少しできそうだ。

さて今日まで3日間連続で、図らずも「言葉の新しい事業」を提案してきた。

1、ことばの媒体・売り方のイノベーション
2、暮らしの中のことばのデザイン
3、ことばを縮ませて遊ぶ講座

ことばは「読む聴く話す書く思う」と人の根幹道具である。道具だからメンテナンスもいるし栄養もいる。まだできてないことがある。そんなことを思ったわけであります。以上。

|

« ことばのデザインは暮らしの中にある。 | トップページ | 松井秀喜はガォーっと吠えないのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/46546370

この記事へのトラックバック一覧です: ことばを縮ませる力:

« ことばのデザインは暮らしの中にある。 | トップページ | 松井秀喜はガォーっと吠えないのか。 »