« 自転車親子転倒ひき逃げ事件に思う。 | トップページ | 漢字とお話したい »

2012年9月13日 (木)

ジョブズは偉大だった。

ぼくらにできることは、先人の業績を学び、そこにほんの少し創造を塗り足すことである。

文章を学ぶぼくは、先人の文章の「書き口」を盗む。おもしろいと思う文を解体して、その構成を探り、自分なりに真似て書く。たとえば、

・探偵小説のプロットを普通の物語やエッセイにどう活かすか
・回想文をどう描くか。順序や構成、文章の過去形、現在形の使い方。
・激情をどう伝えるか。事故で瀕死の重症をおった愛犬を抱く主人公の心模様。

上手く真似れるものもあれば、できないのもある。真似るうちに興味を失うこともある(それは自分に合わないってこと)。掘り下げて自分のものにできる部分がでてくる。まねるうちにわかってくることがある。

絵描きなら模写をする、ファッションデザイナーならスケッチをする、サッカー選手なら一流選手のボールコントロールをまねる。どんな職種でもたいがい同じ。

今日発表されたiPhone5を見て、工業デザインではどうなんだろう?と思った。

AppleストアのiPhone5の紹介ビデオを見ると、主任デザイナーのジョナサン・アイブが「こんなに凄く作りました、こんなに薄くしました、こんなに凄く磨きました…」と話していた。確かに美しい。革新があり、美しく、わかりやすく、一貫しており、シンプルだ。

ジョナサン・アイブのデザインは、大御所のデザイナーのディーター・ラムズデザインへのオマージュであると知られている。iPodはラムズのデザインしたラジオに極似している。初代iPhoneもiPadもラムズデザインへの類似が指摘されている。

iPhone5もまた、ラムズの“デザイン10ヶ条”をしっかり踏襲している。まさにエンジニアリング・ビューティ。だが今回の「5」でアイブがオマージュ(敬愛)を捧げたのは、ラムズデザインじゃない。先代までのiPhone資産である。

iPhone3と4をいかに真似るか、そこに力が注がれたようにも思えてしまう。ソフト/アプリの革新もまったくないのが失望に拍車をかけた。結果は<驚きなし>。

振り返ればiPhoneは珍しいプロダクツだった。普通の商品とは<初代が革新><2代目はキープ・コンセプト>なのだ。iPhoneは初代が革新的、2代目もさらに革新を続けた。すでにiPhoneは<先人クラス>のデザインなのだろう。

5は数量を売るための<appleマーケティングの結晶>だから、相当売れる。でもジョブズ亡き後、ほんとうの意味でスクラッチで勝負できる商品だったはず。ジョブズを超える機会だったはず。iPhoneという先人の業績を盗みつつ、創造を塗り足すことができたはず。<過去の人間の通信欲商品>を真似て、根本から開発ができたはずだ…。

ぼくは「韓国ではiPhone5を当面売らない」というニュースを聞いて小躍りした。ジョブズがやりそうなイタズラだからだ。だが実はLTEの周波数が韓国で合わないためで、整備後速やかに売るそうだ。

ジョブズが遠く、偉大に感じられた日だった。

|

« 自転車親子転倒ひき逃げ事件に思う。 | トップページ | 漢字とお話したい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/47064037

この記事へのトラックバック一覧です: ジョブズは偉大だった。:

» 動画情報ライフ [動画情報ライフ]
動画情報ライフでは、素敵な動画をご紹介しております。 [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 14時15分

» ウォーレンパートナー制度 [ウォーレンパートナー制度]
ウォーレンパートナー制度は、3ヶ月間にわたってウォーレンのアドバイスを受けながら、数年で億単位の資産を築くことに必要な思考、知識、技術の習得を目的としています。 [続きを読む]

受信: 2012年9月24日 (月) 09時58分

» ビジネス 投資で成功する方法 [ビジネス 投資で成功する方法]
ビジネス&投資を実践し、5年で10億以上の資産を手にし、そこで得た知識やノウハウを無料公開してますので、読者登録の上、熟読してください。 [続きを読む]

受信: 2012年9月24日 (月) 14時41分

« 自転車親子転倒ひき逃げ事件に思う。 | トップページ | 漢字とお話したい »